【統一地方選】大阪W選挙、維新松井・吉村両氏が圧勝!福岡では「麻生氏推薦候補」の武内氏が敗北し、現職の小川氏が3選!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月7日に行われた大阪知事選・市長選のW選挙において、維新の松井一郎氏と吉村洋文氏の両氏が当選し、維新の両候補が、自民党と野党による共闘候補に勝利した。

・また、福岡県知事選では、麻生副総理が推薦していた武内和久氏が敗れ、現職の小川洋氏が3度目の当選麻生氏の政界での影響力の低下の可能性が取り沙汰されている。

大阪ダブル選 維新の2人が当確 知事選・吉村氏、市長選・松井氏

大阪府知事・大阪市長のダブル選が7日、投開票され、知事選は地域政党「大阪維新の会」政調会長で前市長の吉村洋文氏(43)が自民党が擁立した無所属候補を破り、当選確実とした。市長選も維新代表で前知事の松井一郎氏(55)が自民推薦の元市議を降して当選を確実にし、維新がダブル選に勝利した。

ダブル選は、大阪都構想を巡る協議が行き詰まり、松井氏と吉村氏が「信を問う」と辞職を表明したことに伴うもの。同じポストで出て再選されても、公職選挙法の規定で年内に再び選挙になるため、知事と市長が立場を入れ替わる異例の出馬を選択した。選挙戦で両氏は「二重行政をやめ、大阪を成長させるために大阪都構想に再挑戦させてほしい」「府市をばらばらにさせないで」などと訴え、幅広く支持を集めた。

ダブル選を仕掛けた維新に対し、自民は「選挙を政争の道具にした暴挙」と批判。市長選には元自民市議の柳本顕氏(45)を、知事選には元副知事の小西禎一氏(64)をそれぞれ擁立。公明党府本部などの推薦を受け、都構想についても「壮大な無駄」などと反対を掲げて戦ったが、出馬表明から告示までわずかな時間しかなく、浸透しなかった。【岡崎大輔、林由紀子】

【毎日新聞 2019.4.7.】

福岡知事選、麻生氏推す自民推薦が敗れる 現職3選確実

自民系組織が分裂した福岡県知事選は7日に投票が行われ、現職の小川洋氏(69)=県農政連推薦=が、いずれも新顔で麻生太郎副総理が支援する自民推薦の武内和久氏(47)と共産推薦の篠田清氏(70)との対決を制して、3選を確実にした。

小川氏は過去2回の知事選で麻生氏ら自民の支援を受けたが、麻生氏や党県連との関係が悪化し、自民の推薦を得られなかった。ただ、武内氏擁立の過程への反発も噴き出し、県内選出の自民衆院議員11人のうち二階派などの6人が小川氏支持を明言する事態となった。多くの自民の有力支持団体も小川氏陣営に流れ、連立与党・公明党の県本部も事実上、小川氏を支援した。

武内氏は、麻生氏や安倍晋三首相に近い高島宗一郎・福岡市長の応援を受けたが、伸び悩んだ。

【朝日新聞 2019.4.7.】

大阪W選挙は予想通りの維新の圧勝に!一方、麻生氏推薦の武内氏は福岡知事選で惨敗!

出典:YouTube

大阪のW選挙ですが、大方の予想通りに維新が完全勝利。大阪における維新勢力の強さを印象付ける結果となりました。
その一方で、こちらも話題になっていた”自民系分裂”の福岡知事選挙ですが、麻生氏が激しく推していた新人の武内氏が落選し、今後の麻生氏の求心力低下が取り沙汰されている状況です。

なるほど、塚田氏の「忖度辞任」が、かえって維新の勝利を後押ししてしまった可能性があるということか。
まあ、辰巳琢朗氏が立候補要請に応じていれば、「もしかしたら?」の展開があったかもしれないけど、彼が断わった時点で「勝負あった」という感じだったからね。
安倍官邸と維新は、(海の向こうのグローバル資本勢力と直結している)竹中平蔵氏らによる「グローバリズム」で強固に繋がっている状況だし、それだけ日本国内におけるグローバリストの影響力が強いということになるだろう。

その一方で、麻生氏が激推ししていた候補が落選したのはそれなりに大きかったね。
これまでの分裂の経緯を見ても、麻生氏の政界での影響力がこの先低下していく可能性があるし、これは福岡のみならず日本全国の国民にとっても朗報だといえそうだ。

まだすべての選挙結果が出揃っていない状況なので、ひとまず全体の結果を見てから、改めて今回の選挙結果について考えてみようかと思うよ。

その他の選挙においては、北海道知事選において、野党共闘候補の石川氏が自公推薦の鈴木氏に敗北したことが大きく話題になっている感じでしょうか。

ざっと見たところ、全体的に大方予想通りの結果になっているように思えますが、改めまして管理人さんに総評をお聞きしたいと思います。

Pocket