■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】マリエさん「私は噓はつかない」と全面対決宣言!(一方出川氏らは…)、広島補選「野党候補がリード中」と毎日が報道!、民衆同士の「分断・争乱」を利用し”理想郷”(ディストピア)を築くグローバル支配層!

【ゆるねと通信】マリエさん「私は噓はつかない」と全面対決宣言!(一方出川氏らは…)、広島補選「野党候補がリード中」と毎日が報道!、民衆同士の「分断・争乱」を利用し”理想郷”(ディストピア)を築くグローバル支配層!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年4月12日号)

マリエさんが「私は噓はつかない」と全面対決宣言!一方、出川氏らは歯切れの悪い”否定”以降ダンマリに…!(テレビも見て見ぬふり)

マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

~省略~

その主張した内容はこうだ。マリエは18歳の時、紳助氏と共演する際、楽屋挨拶ができなかったことがあったという。すると紳助氏に「お前だけ挨拶に来なかったので後日来い」と言われ、日時と場所を指定され呼び出されたという。マリエがそこに行ってみると、その部屋にはアーチ状になったソファーがあり、中央に紳助氏が陣取り、他にも複数の芸人やグラビアアイドルなどが座っていたという。マリエが芸能人らに囲まれている中、紳助氏は「セックスをしよう」と堂々と言ってきたという。これが事実だとしたら、それだけでも驚きだが、そこにいた出川哲朗やお笑いコンビのやるせなすらは同調するように「マリエちゃんやりなよ」と促したという。

当時未成年だったマリエは恐怖を感じ、断り続けると紳助氏は「じゃあ別の日にしよう」と言って日時を指定されたが、それも断ると、マリエは紳助氏が司会を務めるレギュラー番組2つを降板させられたというのだ。

■どこも報じなかったマスコミ…出川はなぜ敢えて否定したのか

マリエによると、その時助けてくれたのはタモリや爆笑問題だったといい〈本当に感謝している〉と語った。その一方で〈やるせなすさんがテレビに出たり、出川さんが何食わぬ顔で企業のCMに出ているのが本当に許せない! だから日本のテレビ番組を見ない〉と興奮気味に話した。

~省略~

マリエは9日夜、自身のインスタグラムに〈Love the truths its all we need. I’m sleeping with my truth」(私たちが必要とするすべての真実を愛しなさい。私は私の真実と眠っている)〉と意味深なコメントを残した。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.4.11.】

マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

「私は嘘をつきません」――。過去の枕営業問題の告発で渦中のタレントのマリエ(33)が11日、インスタグラムを更新。英語と日本語で「打ち上げでの出来事でした。私は嘘をつきません」と投稿した

~省略~

15年前のことをなぜ、今になって告発することにしたか理由は定かではない。だが、並々ならぬ決意が見え隠れしており、「同じような被害に遭った女性タレントが現れて、ミートゥー運動のような展開を待っているのではないか」(芸能プロ関係者)との見方が出てきた。

マリエの狙いはともかく、枕営業についてベテラン業界人に聞くと、匿名を条件にこう言った。

「昔からの悪しき慣習といえばそう。たとえば映画やドラマのキャスティング権を持つプロデューサーのもとには女優が役欲しさに列をつくる。業界に影響力を持つ大物の女になり、取り入れば、仕事や金に困らず、雑魚に口説かれることもなくなると話していた人もいました」

~省略~

■マリエの告発は氷山の一角か

お笑いタレントのバラエティーだけじゃなく、ドラマやミスコン、歌の世界でも舞台裏にまわると、この手の話はあるようだ。

3月には歌手「愛内里菜」として活動していたタレントの垣内りか(40)が専属契約を結んでいた芸能事務所のプロデューサーによるセクハラで精神的苦痛を受けたとして、同事務所に1000万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴していた。訴えによると、垣内は約10年、同事務所でプロデューサーだった男性から2人きりになるよう求められ、わいせつ行為を受けた。その後も呼び出されるなどして、過呼吸やめまいに悩まされるようになり、歌手活動を引退に追い込まれたという。

~省略~

レコード業界に詳しいマスコミ関係者はこう言う。

「女性スタッフに『おい、最近ヤッているか? ヤッてないならヤラせろ。ヤッているなら報告しろ!』などと言い、宣伝担当の女性にスタジオで迫るプロデューサーも過去にはいました。また、数々のヒット曲をもつ女性歌手が会員制クラブでレコード会社幹部たちに体を触られるなど弄ばれている場面もありました」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.4.12.】


出典:レプロエンタテインメント

島田紳助氏から「枕営業の強要」と出川氏とやるせなすがこれに加担したことを告発したマリエさんですが、新たにインスタを更新し、「私たちが必要とするすべての真実を愛しなさい。私は私の真実と眠っている」との意味深な文章を投稿した後に、「私は嘘をつきません」と毅然としたメッセージを発しました。
やはり、双方の態度や様子を見る限り、マリエさんの言っていることが本当である可能性がますます高まってきた感じですね。

なんせ、紳助氏はもちろん、出川氏ややるせなすもこれを強く否定し、大々的で強行的な対応に乗り出すとなると、まさに「藪蛇」という感じで、過去の様々なセクハラや枕営業の実態を掘り返されることになり、ますますマリエさんの主張が本当であることがはっきりしてしまうからね。
紳助氏といえば、これまでも、自らの権力をいいように振りかざして、多くの女性新人タレントらと愛人関係を築いては、彼女らを強く売り込んで人気芸能人に”仕立て上げてきた”ことは周知のことだし、中でもほしのあきさんと紳助氏との関係は非常に有名だ。

日刊ゲンダイでも、芝居の世界や音楽界においても「枕営業の強要」が横行してきたことが証言されているけど、氷山の一角というよりも、むしろ「業界の常識」となってしまっているふしさえある。
こうした実情がある以上、「有名になるため」と割り切って枕営業に応じてきた女性も多くいるだろうし、心身に大きな傷やショックを抱えながらも、そのまま泣き寝入りしてしまった女性も多くいるだろう。
(こうした実情がある中で、「よく知らないけど、今の芸能界はすごく健全」などと安易に発言していた武井壮氏は非常に悪質と言わざる得ないね。)

まさに、すでに日本の芸能界と距離を置いている上に、富豪(社会強者)の家柄にあるマリエさんにしか出来ないような(日本の芸能界そのものに深くメスを入れようとする)「告発劇」ですが、予想通り、この一大告発に対して、テレビは総じて”沈黙”しており、名指しされた出川さんややるせなすも、歯切れの悪い(コピペのような)否定コメントを事務所経由で発表した後は、だんまりを決め込んでしまってます。

なんせ、日本のテレビそのものも、そうした「腐敗しきった組織の一部」であるわけで、女子アナなどの業界でも同じようなことが横行している可能性が高い上に、マリエさんの告発をテレビが詳細に検証し、業界全体をチェックするとなると、これもまた「藪蛇」になっていくだろうからね。

つまりは、日本の芸能界・マスメディア界みんなが、こうした内情を揃って隠蔽しようとしているということだし、こんな有様でいる限り、いずれ(一般の人々に放映している内容のほとんどが、作られたウソや虚構・幻想である)日本の芸能界・テレビ界はひたすら衰退の一途をたどり、いずれは、より「リアル」を追求したネットコンテンツがますます主流となっては、最後はテレビは(電通ともども)滅亡することになるとみているよ。

 

参院広島補選・野党候補の宮口治子氏がリード中!この選挙に野党が勝利できれば、「菅自民大打撃」確実!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事