辰巳琢郎さん、自民党からの大阪府知事の出馬を断る!「家族の理解得られなかった」→維新側は安堵か!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月10日夜、大阪府知事に出馬する可能性が報じられていた、俳優の辰巳琢郎さんが、自民党からの要請を断ったことを明らかになった。

・辰巳さんは、出馬の打診が急だったことを挙げつつ、「政治の渦の中に飛び込むことは自分の仕事ではない」と話し、「家族からの理解も得られなかった」とコメント。これを受けて、自民党は急いで維新の対立候補を探す方針だという。

辰巳琢郎氏 大阪ダブル選 立候補固辞 自民は代わる候補者調整

~省略~

いわゆる「大阪都構想」をめぐって、大阪維新の会の代表を務める大阪府の松井知事と、大阪市の吉村市長は、選挙で改めて民意の後押しを得たいとして、先週8日、辞職願を提出し、来月7日に行われる市長選挙には松井氏が、知事選挙には吉村氏が、立候補することにしています。

これに対し自民党はそれぞれの選挙に候補者を擁立する方針で、大阪維新の会に批判的な勢力を結集したいとして、大阪市出身の俳優、辰巳琢郎氏に立候補を要請していました。

しかし辰巳氏は10日夜、自民党関係者に対し、「仕事の都合がつかないうえ、家族の理解が十分に得られなかった」などとして立候補を固辞する考えを伝えました。

自民党はダブル選挙に候補者を擁立する方針に変わりはないとして、辰巳氏に代わる候補者の調整を急ぎ、知事選挙の候補者については11日にも発表したいとしています。

【NHK NEWS WEB 2019.3.10.】

辰巳さんの辞退で、大阪府知事選は維新に俄然有利な展開に!「反維新」勢力は強力な”統一候補”を出さない限り敗北する可能性大!

出典:YouTube

大阪府知事選について、自民党からの出馬の可能性が報じられていた辰巳琢郎さんが、正式に要請を辞退したことを明らかにしました。
毎日新聞の報道を参照した限り、本人もかなり前向きに検討しているように思われたのですが…これは少し残念なニュースですね。

辰巳氏が出馬すれば少し面白い展開なるかと思ったんだけど、こればかりはこちらが強制することは出来ないし、仕方ないことだね。

しかし、辰巳氏が要請を断ったのは、維新にとってはかなりの追い風になりそうだし、自民党や野党側は、相当に魅力的な対立候補を立てない限り、かなり厳しい展開になってしまいそうだぞ。
なんせ、JX通信の直近の調査によると、大阪における維新の支持率は37.9%自民の13.8%と比べて圧倒的な差をつけており、言うまでもなく、自民党と各野党が協力して、知名度の高い有力な対抗馬を出さない限り維新の「狙い通りの結果」になってしまう可能性が高いからね。

やはり、維新は、大阪の地元の利権を独占的に持っており、一時期の勢いは衰えているものの、今もなお強い勢力を維持していることがうかがえますね。

自民党は大急ぎで辰巳氏に代わる候補を見つける方針みたいだけど、維新を打倒する道はなかなか厳しいね。
朝鮮闇社会やグローバル資本勢力とも昵懇な)維新を壊滅させることは、日本におけるグローバリズムにくさびを打ち込むだけでなく、安倍一派に打撃を加えることにも繋がるんだけど、この短期間のうちに(今の「難しい状況」を打破させるほどの)魅力的な対立候補を探すことが出来るのかどうかが、「維新帝国の跋扈」に待ったをかけられるか否かの分水嶺になりそうだ。

Pocket