【完全に詰み】同じ国有地のゴミ撤去費用、森友学園→8億円、別の学校法人(4年前)8千万円!森ゆうこ議員が役人の答弁の二転三転に大激怒!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年12月7日に行なわれた文科・内閣連合審査会の質疑において、自由党・森ゆうこ議員が質問に立ち、森友&加計疑獄を徹底追及した。

・森ゆうこ議員は、森友学園の前に別の学校法人が国有地購入を希望した際、ゴミ撤去費用が森友学園の10分の1のおよそ8000万円だったことを指摘。加計疑獄でも役人の答弁が二転三転するシーンが目立ち、森議員が激しく怒る一幕もあった。

スポンサーリンク

森友、ごみ撤去費10倍に
4年前の別見積もり判明

大阪府豊中市の国有地が昨年、ごみ撤去費として8億円余りを差し引き学校法人「森友学園」に売却された問題で、購入を希望した別法人に財務省近畿財務局が2012年、撤去費を約8430万円と見積もっていたことを示す資料が7日、明らかになった。森友学園への売却に際しては新たにごみが見つかったとして算定され、単純比較はできないが撤去費は10倍近くに膨らんでいた。

【共同通信 2017.12.7.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

満を持して「姉御」森ゆうこ議員が登場!森友と加計の嘘やインチキをあぶり出し、役人の姑息な答弁に大激怒!

出典:Twitter(@kentaro_s1980)

↓森ゆうこ議員の追及全編。

出典:YouTube

ついに、満を持して森ゆうこ議員が登場ねっ!
この際徹底的に、森友・加計疑獄のインチキの内情を徹底的にあぶり出さなきゃいけないわっ!

さすが、森ゆうこ議員の迫力と闘争心はやっぱ違うねえ。
やはりこの人がいないと国会が盛り上がってこないし、待ちに待ったその「真打ち」が登場だ。

今回もモリカケ疑獄の色々なインチキが森議員によって暴かれたけど、中でも今回注目するのが、4年前に別の学校法人が森友と同じ国有地の購入を希望した際、何とその算定されたゴミ撤去費用は、森友の10分の1に当たるおよそ8千万円ほどだったということだ。

この学校法人は、7億円ほどでの購入を希望していたものの、結局その希望価格を上回っている(9億300万円)とのことで購入を断念
その一方で、森友学園にいたっては、同じ国有地がなんと1億円台という異常な安値で契約が決まったということで、この時点で誰がどう考えても異常な取引であることは異論がないだろう。

ちなみに、この状況に対して、財務省側は「新たに地中深くからゴミが見つかったからこの撤去額になった」などと説明(=ダンプカー4000台分しているけど、その根拠が全く不十分で裏付ける資料も何も存在しないと会計検査院が指摘している始末だ。
(さらに、近所の人も「ダンプカーが4000台も往来しているのを見たことがない」と口を揃えて言っている。)

これって、どこをどう考えても、「昭恵名誉校長」のお陰であの国有地がタダ同然に変わったとした説明が付かない状態じゃないのよぉ~っ!!

あんなベルギーからの勲章で感慨にふけってる暇があったら、さっさと証人喚問に出てきなさいよぉ!!

テレビでは相変わらずどうでもいいニュースばかりが先行しているけど、今国会で森友関連についてはかなり色々な進展があったように感じる。
特に、会計検査院の見解や今回の森ゆうこ議員の追及などによって、財務省が「昭恵名誉校長」に忖度してインチキなゴミ撤去価格をでっち上げたことで、タダ同然で森友学園に国有地を横流しした内情がかなりはっきりと浮かび上がってきた感じだ。

今後の国会で、その「最後の詰め」を行なうことによって、いよいよ森友疑獄の”謎解き”が完全に終わり、財務省と昭恵夫人による国有財産横流し事件の全貌が明らかになりそうな感じなので、是非とも森ゆうこ議員ら気概ある野党議員のさらなる奮闘に期待したいところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket