NHK日曜討論、全9党首が出演するも肝心の「討論」が無し!討論が苦手な菅総理が強く要望した可能性も!?→ネット「『日曜忖度』に番組名変えろ」「菅よ逃げるな」

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月10日放送のNHK「日曜討論」において、菅総理を含む全9党首が出演したものの、肝心の討論が行なわれず。冒頭に「各党党首に個別にインタビューしていきます」とアナウンスされた後に全党首が順番に出演し、個別に伊藤雅之解説委員と中川緑アナの質問に答える形で放送された。

・元来より討論が苦手な上に野党党首から厳しい追及を受けたくない菅総理が強く要望した可能性があり、この事態に対して国民からは怒りの声が噴出。「『日曜忖度』に番組名変えろ」「逃げるな」などの声が上がっている。

菅首相「日曜討論」生出演 全9党首出演も討論なし…順番に個別インタ

菅義偉首相が10日、NHK「日曜討論」に生出演した。

「コロナ禍で政治は 2021年 党首に問う」と題し、枝野幸男氏、山口那津男氏ら、全9政党のトップの出演が告知されていたが、冒頭に「各党党首に個別にインタビューしていきます」と説明が行われた。

菅首相を先頭に、各党党首が順番に出演し、キャスターの伊藤雅之解説委員と、中川緑アナウンサーの質問に答える形で進行した。

【デイリー 2021.1.10.】

「日曜討論」なのに討論が全くなし!”討論嫌い”の菅総理の意向に沿った番組内容に、国民から怒りの声が噴出!

出典:NHK

「日曜討論」なのに、討論が全くないって、一体どうなってるのよっ!?
今のこの状況だからこそ、菅総理の考えや本音を国民がますます強く知りたがっているのに、これじゃあ、国民から「『日曜忖度』に番組名変えろ」との怒りの声が上がるのは当然だわっ!!

まさに、「看板に偽りあり」「羊頭狗肉」の極みだし、ただでさえ討論が人一倍苦手(ボキャブラリーが著しく乏しく、自分の言葉で分かりやすく話すこと自体が苦手)なうえに、野党党首から厳しい追及が次々飛んでくるのを強く嫌がった菅総理が、こうした(都合のいい質問だけに限定される)「インタビュー形式の放送」を強く要望した可能性が大だ。
恐らく、例の有馬キャスターの一件をちらつかせながら、相当強くNHK側に圧力をかけたのだろうね。

山本太郎さんも、スタジオ出演が全く許されないことに対して強く抗議しているし、これじゃ、完全に討論番組としての体を成していないわっ!!

結局その他の野党党首も討論の場が与えられなかったし、まさに、「菅総理による菅総理のための『日曜忖度』」に成り下がってしまったね。
どうやら菅総理は、とにかく国民からの「説明を求める声」を徹底的に無視しまくり、ひたすら逃げまくることで誤魔化し通そうとしているみたいだし、こうやってマスコミに圧力をかけて印象操作を徹底させ続けつつ、「携帯の値下げ」などを実行することで国民からの支持をどうにか取り戻す魂胆なのだろう。
こんな子供騙しのようなやり口で国民からの批判の声をかわそうとしていることそのものが、菅総理の腐った精神性をよく表しているし、国民自身もくれぐれもこんな卑劣なやり口に引っかかってしまわないよう、今後もマスコミともども菅政権に強いプレッシャーを与えていくことで、これ以上の売国・壊国政策を一刻も早くに止めさせる必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事