■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

NHK「ニュースウォッチ9」の有馬キャスターがクビに!?学術会議問題に関する質問で菅総理が激怒!「権力快感おじさん」菅総理の”横暴ぶり”にメディア関係者が戦々恐々か!

NHK「ニュースウォッチ9」の有馬キャスターがクビに!?学術会議問題に関する質問で菅総理が激怒!「権力快感おじさん」菅総理の”横暴ぶり”にメディア関係者が戦々恐々か!
Pocket

どんなにゅーす?

NHK「ニュースウォッチ9」の有馬嘉男キャスターが、21年3月で降板するのではとの予測が一部週刊誌などから飛び出してきている。

・有馬キャスターは、日本学術会議の任命拒否問題において、判を押したような回答を繰り返す菅総理に対してたびたび食い下がり、これに対して菅総理が激怒後に山田真貴子・内閣広報官が番組に対して「総理、怒っていますよ」「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う」などと恫喝の電話をかけたことが伝えられており、「クローズアップ現代(NHK)」で菅氏に厳しい質問を向けた国谷裕子キャスターや、「報道ステーション(テレ朝)」でかつて厳しい安倍政権批判を行なっていた古賀茂明氏らに続き、またも菅氏を怒らせた番組出演者がテレビ界からパージされる危機が高まっている。

菅首相の激怒でNHK『NW9』有馬キャスターが降板か! 官房副長官が「学術会議問題を聞くなんてNHKはガバナンス利いてない

~省略~

有馬キャスターといえば、菅首相が所信表明演説をおこなった10月26日に同番組に生出演した際、日本学術会議問題について「もう少しわかりやすい言葉で、総理自身、説明される必要があるんじゃないですか?」「説明がほしいという国民の声もあるようには思うのですが」と食い下がって質問。これに対し、菅首相は「説明できることとできないことってあるんじゃないでしょうか」とキレ気味に返答したが、放送直後から菅首相のキレっぷりを見て、問題に切り込んだ有馬キャスターの処遇を心配する声が上がっていた。

そして、その不安が的中しそうだという見方が、ここにきて出てきたのだ。

この問題を報じたのは、今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)。記事のなかでは、NHK関係者がこう証言している。

「十二月末のキャスター委員会で、来年三月での降板が決定すると見られます。大越氏(編集部注:2015年に降板した大越健介キャスター)は在任五年、前任の河野憲治氏は二年だった。有馬氏も丸四年を目前に、交代時期として不自然ではありませんが、親しみやすく、好感度も高い。それゆえ、降板の背景には官邸の怒りがあるのでは、と言われています」

菅首相といえば、2014年に出演した『クローズアップ現代』で鋭い質問を浴びせた国谷裕子キャスターを降板に追い込み、さらには安倍政権に批判的報道が目立った『報道ステーション』(テレビ朝日)にも圧力をかけ、それが古舘伊知郎キャスターの降板につながったと言われてきた。有馬氏はその2人に比べれば及び腰なキャスターだが、しかし、それでも菅首相に怒りを買ったことで降板に追い込まれそうだというのだ。

~省略~

菅首相が『NW9』出演後、山田内閣広報官がNHK原政治部長に「総理、怒っていますよ」

実際、本サイトでも報じてきたように、この日の放送に対する菅官邸の怒りは相当なものだった。

「週刊現代」(講談社)11月14日・21日号は、放送翌日に起こった一件をこう報じた。

〈その翌日、報道局に一本の電話がかかってきた。「総理、怒っていますよ」
「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」
電話の主は、山田真貴子内閣広報官。お叱りを受けたのは、官邸との「窓口役」と言われる原聖樹政治部長だったという。〉

山田真貴子・内閣広報官というのは、総務省出身で安倍政権下の2013年から2015年まで広報担当の首相秘書官を務めた人物で、新政権発足で菅首相が官邸に呼び戻した“子飼い”だ。そんな人物が、番組の内容に「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う」とクレームをつけ、「総理、怒っていますよ」と言い放ったというのである。

~省略~

【リテラ 2020.12.18.】

NW9の遺恨…菅首相が出演渋りNスペ政治特番が見合わせに?

「年末の政治特番が官邸の圧力で潰されたらしい」――。今月初旬、そんな噂が永田町で囁かれていた。

話題になっているのはNHKスペシャル「証言ドキュメント 永田町・権力の興亡」。2009年の初回「“政権交代”誕生と崩壊の舞台裏」から、これまで6回、政局の節目に放映されてきたNスペ渾身のシリーズだ。

昨年の「最長政権その光と影」では、「政権維持が優先されるあまり、政治のモラルハザードや立法府の地盤沈下を招いたとの指摘は与党からも上がっている」と踏み込むなど、NHKには珍しく政権批判も辞さない硬派な番組で知られる。

「8年ぶりに首相が交代した今年も年末に放映予定で、現場は取材を進めていた。ところが、急に局の上層部からストップがかかったと聞いています」(NHK関係者)

質問したキャスターには降板説も

そんな中、17日発売の「週刊文春」が、〈「十一月十八日には年末恒例のNHKスペシャル『永田町・権力の興亡』の放映中止が急遽決定しましたが、首相から出演拒否の意向が伝えられたことがキッカケだとされます」〉というNHK報道局員のコメントを紹介している。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.12.18.】

有馬キャスターによる菅総理への「忖度全開&へっぴり腰」の質問が、まさかの「降板の危機」に発展!「権力快感おじさん」菅総理の恐ろしさが全開に!

出典:NHK

一体どうなってんのよこれはっ!!
まさか、あの有馬キャスターによる菅総理への「忖度全開&へっぴり腰」の優しい質問が、「降板の危機」に本格的に発展していくなんて…いくらなんでもメチャクチャだわっ!!

ああ。この菅総理というのは、ボクたちが思っている以上に、ひときわ神経質&狭小で、少しでも気に入らない質問をされたり物を申されると、徹底的に脅し排除しないと気が済まない性格のようだ。
菅氏によってメディア界から排除されてしまった人は、国谷裕子キャスター(クローズアップ現代)や古賀茂明氏(報道ステーション)など、これまでにも複数いたけど、その中でも、有馬キャスターによる質問は、一般の成熟した大人であれば、何の不快感や嫌悪感も発生しないような、まるで紳士的でごく普通の内容だった。
それを、(国民に丁寧な説明をしない菅総理の方が悪いにもかかわらず)全く当たり前の質問をした有馬氏に対して、ここまで勝手に逆ギレし、わざわざ番組全体に「最大級の恫喝」を行なったうえで有馬氏を降板に追い込んでいこうというのだから、これはもう、あまりに幼稚で人間的に未熟としか言いようがないだろう。
(おまけに、日刊ゲンダイによると、NW9の有馬氏に激怒した菅総理によって、Nスぺ肝いりの年末特番の放送すらもが中止になってしまったとの情報まで出てきている。)

確かに、こうした菅総理お得意の「恐怖を与える」ことで部下やメディアを付き従わせる手法は、すっかり奴隷気質が染み込んでしまっている日本のマスコミに対しては効果てきめんかもしれない。
しかし、こうした「恐怖政治全開」の手法をエスカレートさせていけばいくほど、まっとうな感性を持っている国民から強い怒りや反発を買い、結果として菅政権はどんどんその安定性や権力を失っていくことになるはずだ。

菅総理がこうした汚い手法でメディアを脅していけば、報道内容はますます「菅賛美」に傾いていくことになると思うけど、これらの「洗脳報道」に国民が感化されてしまわないことが大切だってことね。
とにかく、マスメディアがますます萎縮して完全な「菅広報局」になってしまわないように、私たちがこれまで以上に菅政権の汚いやり方に対して声を上げていくことが大事じゃないかしら!

すでにこうした情報が漏れ伝わっている中で、本当に有馬氏が番組から消えてしまったら、それこそ、国民の菅政権に対する不信感や怒りはより大きなものになっていくだろう。
果たして、菅政権は本当に国民に対してそこまで「敵対的」な手段を取ってくるのか。今後の動きを注視していくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事