【おかしい】NGT山口真帆さん暴行被害、運営側が一部メンバーの関与認める!→加害者はすでに釈放&メンバーも処分無し&山口さんが謝罪している状況に批判殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年1月10日、およそ1ヶ月前にNGT48山口真帆さんが男2人から暴行を受けた事件について、運営側がコメントを発表「メンバーの一人が男から道で声をかけられ、山口さんの自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認した」と説明し、”再発防止策”として、全メンバーへの防犯ベルの支給などを行なった上でメンバーの精神的ケアを行なっていくと表明した。

今頃になって、このようなコメントを発表した運営に対し、ネット上では批判が殺到。一部テレビ番組のコメンテーターも批判的なコメントを出しており、犯人はすでに釈放され、暴行事件に関係した他メンバーの処分が全くない上に、山口さん自身が謝罪コメントを行なっている状況に、疑問の声が噴出している。

身内からも「運営批判」相次ぐ異常事態に NGT山口さん「謝罪」への嫌悪感

NGT48の山口真帆さん(23)が自宅でファンの男2人から暴行を受けた問題で、NGT48を運営するAKSは2019年1月10日夜、「一連の騒動について、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます」なとどするコメントを発表した。

ただ、山口さんは、コメント発表に先立って行われた劇場公演で、「まことに申し訳ありません」などと一連の事態に対して謝罪している。運営よりも先に被害者が口を開き、さらには謝罪するという事態に、AKB48グループの現役メンバーや卒業生、番組の共演者など「身内」からも嫌悪感を示す言葉が噴出している。

■前キャプテン北原里英「頭を下げるのは間違ってます!わたしが悔しい」

18年4月にグループを卒業するまでNGT48のキャプテンを務めていた北原里英さん(27)は、

「あなたは謝るべきではありません!謝らないで。悪いことしてないです。本当に!頭を下げるのは間違ってます!わたしが悔しい。犯人である男性に謝ってほしいわけじゃない。だけどこんなの変でしょ?絶対に間違ってる。もう本当に悲しい」

とツイート。AKB48のレギュラー番組「AKBINGO!」(日本テレビ)で司会を務めるウーマンラッシュアワーの村本大輔さん(38)は、北原さんの発言を報じる記事を引用しながら、

「原始時代だ 犯人を速攻、処罰して、ほかの次の悪の目に恐怖与えて二度とやらないようにさせないと」

などとして、運営側の対応を嘆いた。NGT48の楽曲「春はどこから来るのか?」のミュージックビデオを監督した映画監督の小林勇貴さん(28)は、今回の事案に関するツイートをリツイートしながら、

「心の底から反吐がでるよ」

と吐き捨てた。

加藤浩次「山口さんがあそこで謝罪して、なんでこのメンバー、なんにもないの?」

AKSが発表したコメントでは、事案が運営による発表ではなく、山口さんが発信した動画はSNSの投稿で発覚したことについて、「本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為」だとする一方で、被害者の山口さんが運営よりも先に謝罪したことに関する言及はなかった。

また、メンバーの1人が男から道で声をかけられ、山口さんが帰宅するとみられる時間を伝えたことも明らかにしており、再発防止策として「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等」を挙げている。

1月11日朝の「スッキリ」(日本テレビ)では、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ)などでAKB48と共演したこともある加藤浩次さん(49)が、

「山口さんがあそこで謝罪して、なんでこのメンバー、なんにもないの?って思うのが僕は普通だと思うんだけど」
「もともとやらないといけないのは、こういったメンバーがいなくなることでしょって僕は思ってしまう」

などとして、事案に関与したメンバーの処分を急ぐべきだとの見方を示した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(J-CASTニュース) 2019.1.11.】

運営による「不可解な説明」にネット上で疑いの声が噴出!他メンバーと犯人が繋がっていた上に、運営が彼らを庇っている疑惑も!

↓暴行被害と運営からの理不尽な対応を訴えている山口真帆さん。

出典:NGT48

↓掲示板に投稿された話題の書き込み。

出典:Twitter(@hasyutusyosan)

↓(山口真帆さんの言葉に反応したか)意味深な他メンバーのツイートも話題に。(上下の画像の中に「Y.M.」のイニシャルが隠されているとの声。)

出典:Twitter(@Kuroino_H)

NGT48山口真帆さんの暴行被害事件ですが、ようやく運営側が事件について公式にコメントを出しました。
しかし、(これまで「他メンバーの関与はない」と主張していたにもかかわらず)今頃になって運営が他メンバーの関与を認め始めた上に、その説明に不自然な部分が多く、ネット上では疑問と怒りの声が噴出しています。

テレビでも徐々にこの件を扱い始めてきた上に、中には運営に対して厳しく非難するコメンテーターも出てきているみたいだね。
ネット上では、事情を知っていると思われる人物による上↑の書き込みが話題になっており、ボクも、(ここまで表に出てきている流れを見る限り)大体「そんなところなのでは」というような気がしている

いずれにしても、山口さんが主張していることはおおよそ間違っておらず、山口さんと他メンバーとの間で深刻なトラブルが起こっていた上に、運営側が被害者である山口さんをサポートせず、他メンバーと加害者の男たちの側に立って、彼らを庇っているようにも見えてきてしまうね。

このように、運営側が不可解で歪んだ対応になってしまっている背後には、熱烈なファンと運営側が癒着している可能性がありそうだし、金の繋がりによる「WIN&WIN」の関係がありそうだ。
その上で、運営側は”太客”のファンとメンバーが交際することも半ば黙認しているようにも見え、こうした腐敗した「金の繋がり」の背後には、地元の半グレや反社会勢力なども絡んでいる可能性もあるだろう。

当サイトでも、近年全国的に激化しているアイドルビジネスの背後には、アイドルの女性に対する深刻な人権侵害や様々な歪んだ実情があり、反社会的な勢力が入り込んでいることも指摘してきたけど、文字通り、モラルもへったくれもない「金に汚い連中」が若い女性を”食い物”にしている実情が如実に浮かび上がってきているね。

この何ともいびつで不可解な事件を海外のメディアも報じ始めたみたいですが、そもそも、男性ユーザーをメインターゲットに、いわゆる「疑似恋愛」をネタに未成年を含む若い女性を”商品”にして一大ビジネスを展開しているのは、世界の中でも日本だけなのではないでしょうか。

前にも述べたかと思うけど、秋元氏が考え出したこの「総選挙システム」を用いたAKBのビジネスモデルは、「キャバクラ」のそれと酷似しており、メンバー同士に不和を生み出しやすい側面がある上に、自らをより大きく売り出すために、女性側が過剰なサービスに走ってしまいやすい部分もあり、なおさらNGTのような地方のアイドルグループとなると、細かいチェックが行き届きにくい以上、ますます様々なトラブルや腐敗を生み出しやすいだろう。

平たく言うと、節度を欠いたアイドルビジネスの過熱は、必然的にアイドルの女性がブラック労働や奴隷的な扱いを受けては、様々な歪みやトラブルを生み出すことに繋がっていくし、今回の事件も「起こるべくして起こってしまったもの」だといえるだろう。
これも日本社会に横行している、「人権軽視・女性蔑視」の風潮が生み出しているものかと思うし、「疑似恋愛」という「性的」な要素をネタに、社会経験も判断力もそこまで十分に持ち合わせていない若い女性を使って金儲けをしているビジネスモデルに対して、もう少し多くの人がそのリスクや危険性を認識していくことが必要なんじゃないかな。

そして、こうした女性側にとってリスキーな「アイドルビジネス」を生み出し、多くの女性をお金儲けの道具にしている秋元氏が安倍総理と癒着し、強い権力を持ち合わせていることも無視してはいけないのではと思います。

その上で、その問題点や危険性を何度も指摘されながらも、一向に同様の事件が減っていかないアイドル業界の現状について、もっと深刻に捉えていく必要があるのかもしれませんね。

Pocket

 

 関連記事