【山口真帆さん暴行】文春が存在を隠した「いなぷぅ氏」が事件の核心か!文春は相関図転載のネット民に”削除警告”連発!マスコミ・警察も絡む、組織ぐるみの「秋元一派の闇」!

Pocket

どんなにゅーす?

・想像以上の深い闇の実態が明るみになってきた、「NGT48山口真帆さん暴行被害事件」について、運営と犯行G(Z会またはジョー会)を擁護するような記事を出した週刊文春に、ネット上で「ミスリード」「悪質」などと怒りの声が殺到している中、文春が作成した相関図を転載したネットユーザーに対し、文春側が”削除警告”を連発する「異例の事態」になっている。

・そんな中、ネット上では、文春も存在を隠した、事件の鍵を握る重要人物としてジョー会の「いなぷぅ氏」に大きな注目が集まっており、AKBグループ内で特権的な地位を確保しては、メンバーとの濃厚な接触や犯罪行為に手を染めていた実態が浮上し始めている。

↓以下、全貌を把握する上で参考になりそうなツイート。

↓いなぷぅ氏に関しての情報。「アイドルの個人情報を転売」「メンバー宛に送られてきたプレゼントを転売し、売り上げをメンバーと折半」「多くのメンバーとの淫行や性暴力」「文春とも繋がり」「詐欺事件で口座凍結歴あり」「(暴力団との癒着で有名な)バーニングとも関係との噂」も浮上。


秋元氏のアイドルビジネスは、暴力団・半グレ・警察・マスコミともズブズブの世にも歪んだ「巨大売春システム」!山口さんの決死の告発を機に、ようやく「狂気の現状」が徐々に明るみに!

出典:AKB48タイムズ(AKB48まとめ)

↓ネットリサーチャーが作成した相関図。「ジョー会」の枠の左端にいるのがいなぷぅ氏。

出典:Twitter(@aaabot1234)

ネット上では、週刊文春による「ミスリード報道」に対して怒りの声が大殺到していますが、そんな中、文春が公式ツイートを突如削除したり、相関図などを転載したネットユーザーに削除警告を連発していることが話題になっています。
そして、文春による「歪んだ報道」を機に、今回の事件の全容と、AKBグループ全体を包み込んでいた「巨大な腐敗」の実情が浮かび上がってきています

文春があからさまに犯行Gのキーマン(いなぷぅ氏)を隠しつつ、彼ら犯行Gとズブズブの運営側を擁護するような報道を行なったことから見えてきたのは、文春などの週刊誌も、AKBグループのメンバーと深く繋がっている「コアなファン」に金銭を渡し、女の子の「プライベート情報」や「熱愛情報」など、様々な”シークレット情報”をもらっていたという実態だ。

AKBグループ全体に多大な影響力(特にNGT支配人今村氏と昵懇)を持っている「いなぷぅ氏」は、こうした週刊誌の連中とも「WIN&WIN」の関係で深く繋がっており、こうなると、必然的に文春も、いなぷぅ氏を守りつつ、「彼の思惑通りの内容」に歪めた上で事件を報じることとなる。

つまり、こうした構図から見えてくるのは、週刊誌などのマスコミも実質的にコアな(不良)ファン集団に取り込まれている上に、運営からも「お墨付き」を与えられているコアなファンは、そんじょそこらのマスコミ連中なんぞ以上に、メンバーの女の子の「あれやこれやの様々な秘密情報」を持っている(仲間内同士で共有している)という実情だ。

つまり、運営側も、コアなファンとメンバーの女性たちが「深いレベル」で繋がり、プライベートであらゆる行為を行なっている実情がありながらも、これを黙認しては、半ば暗黙の状態で推進すらしていたということですね。

メンバーの女の子側からすれば、投票権入りのCDを何百万円分も購入し、それを全て自分に投票してくれるようなコアなファンが現われればこうした”上客”を絶対に手放したくないという心理が働くし、もしこうしたファンにひとたび冷たくすれば、他の女の子に乗り換えられてしまう可能性がある。
こうなると、(ライバル意識が強いor警戒心が薄く奔放な女性であれば)彼ら”上客”に対してメアドやLINEなどの個人情報を教えたり、プライベートで会うようになっては、やがて肉体関係を持つようになる…というのはある意味自然な流れだ。

これは、キャバクラや風俗でいう「店外デート」と同じようなものだし、運営側もこうした「VIPサービス」を用意することで、コアなファンがより多くのお金を落としていく流れを用意する。

このように考えると、まさしく、秋元氏が考え出したAKBグループのアイドルビジネスモデルは「巨大な高級売春システム」そのものであるともいえ、世界的に見ても、常軌を逸した「若い女性を売り物にした悪徳売春ビジネス」だといえるだろう。

全く恐ろしいことです…。
しかも、山口さんがこの件を決死の思いで告発しなければ、暴行事件そのものは言うまでもなく、「全て」が闇の中に葬られてしまっていたんですよね…。

文春による不自然な報道も、この「腐敗した実情」を照らし出す重要なファクターになったともいえそうだね。
いうまでもなく、山口さんが主張していることは、全てまっとうなことだし、彼女はまさに今、暴力団や半グレ集団、警察とも癒着している「あまりに強大な腐敗勢力」に押しつぶされそうになっている状況だ。

このような実情をみる限り、山口さん以外にも同じような目に遭い、性暴力などの数々の被害を受けてきたメンバーもいることが考えられるし、若い女性の「性」をことさらに売り物にし、多くの被害者を出しながら、悪徳的な手法で男性に大量の金を落とさせるこのビジネススキームは一日も早くに終わらせるべきだと思う。
今は、多くのネット民が山口さんの味方になっている状況だけど、マスコミも事件の本質を正しく報じる必要があるし、最大の「悪の根源」は、若い女性を半ば強制的に「売春さながらの行為」をやらせながら、甘い汁を吸い合っている秋元氏を筆頭とした運営と、この図式を巧みに利用し、自らの特権的な地位をいいことに運営と癒着し犯罪行為を繰り返してきた一部の悪質なファン集団だろう。

アイドル文化全てに対して否定するつもりはないけど、少なからず、今のAKBのモデルは、多くの被害者を生み出す悪徳的なシステムである以上、まずは、どこまでAKBグループ全体で悪質な犯罪行為や性被害があったのかなど、いち早く全容を解明していく必要があるんじゃないかな。
(その上で、ネットでも声が上がっているけど、この問題を海外メディアも積極的に報じ、日本にはびこる恐ろしい悪徳アイドルビジネスを追及すべきなのではないだろうか。)

今山口さんはどのような心境に置かれているのかは私たちは知るよしもありませんが…どうか、ご自身がやったことに自信を持たれて、これからも堂々と振る舞いながら、山口さん自身による「飾らない言葉」を発信していって欲しいなと思います。

Pocket

 

おススメ記事&広告