NEWS23がテラスプレスの”安倍礼賛本”を紹介!→安倍総理が「見たことないし全く知らない」と狼狽!その後も”ルール無視”で話題逸らしと野党非難に腐心!(党首討論)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月3日、参院選の公示を控えてNEWS23(TBS)が党首討論を放送。番組内で、得体の知れない匿名ウェブサイト「テラスプレス」が発行した、話題の”安倍総理トンデモ礼賛本”を自民党本部が所属議員に配布している実態を取り上げた

・これに対して、安倍総理はあからさまに狼狽、「見たことがないし、全く知らない」と主張

・その後も、問題の本について触れられたくない安倍総理は、「ちょっとねえ、そのマンガ(野党党首を醜悪に描いた挿絵)なんかより、大切なことじゃないですか」「必要ないでしょ!何のために!くだらな過ぎますよ!」と必死に話題を逸らしながら、野党の政策や共闘についてイチャモンレベルの批判に腐心安倍総理の幼児性や”崩壊”ぶりに対して、ネット上で批判が相次いでいる。

『news23』党首討論で安倍首相の醜態一部始終! 自民党フェイク本配布問題で悪あがき、ルール無視に小川彩佳は…

~省略~

そんななかでも、とくに安倍首相が恥ずかしすぎる論点ずらしに出たのが、例の“野党&メディア攻撃まとめ”トンデモ本問題が取り上げられたときだ。
『news23』では、小川キャスターが「選挙戦を前にちょっと刺激的な資料が出回っている」と言い、一冊の冊子を取り出した。本の名は『フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識』だ。

~省略~

ともかく、安倍自民党はネトウヨフェイクニュースの総決算のような冊子を「演説用資料」として議員に配るという信じられない言動に出ているわけだが、『news23』では、この冊子に掲載された醜く描かれた野党党首や美化された安倍首相の挿絵をフリップで紹介。番組アンカーの星浩氏は「総理、これ国会議員に20部ずつですかね、配られているということですが、ご覧になられたことありますか?」と質問したのだが、対する安倍首相は、こんなことを言い出したのだ。

「あの、党本部でですね、いろんな冊子を配っていますが、あの、私、いちいちそれを見ておりませんので、まったく知らないんですが。無責任だと言えば、無責任だと思いますよ」

フェイク野党攻撃本に乗っかって「枝野は無責任」と主張を始めた安倍

テレビや新聞でも取り上げられて問題になっているのに、党を代表する総裁が「見てない」「知らない」って。しかし、まあ一応はこういう冊子を配ることを安倍首相も「無責任」だと認めるのか……と思いきや、じつはこの安倍首相が言った「無責任」というのは、問題の冊子のなかからフリップに抜き出された「枝野代表の無責任を嗤う」という見出しのこと。ようするに、安倍首相はトンデモ冊子の主張をそのままテレビで肯定してみせたのである。

フェイクを振りまくトンデモ冊子を配布したことの責任はおろか、冊子と同じように「(枝野代表は)無責任だと思いますよ」とテレビの党首討論で言い出す総理大臣……。

~省略~

冊子の話だったのに、いつのまにか野党共闘に難癖をつけはじめる──。まさしくトンデモ冊子を地でゆく安倍首相の話のすり替えぶりに、さすがにスタジオは一瞬ポカンと無言になったほど。そして、“いや、話が違うだろ”といった感じで一気にスタジオがざわつき、小川キャスターも元の話題を戻そうとしたのだが、安倍首相はその進行を遮り、こうまくし立てた。

「ちょっとねえ、そのマンガ(挿絵)なんかより、大切なことじゃないですか」

~省略~

志位「自民党は出所不明の文書を議員に配るのか」のツッコミに安倍は…

だが、安倍首相の暴走は止まらない。「それは違いますよ! ちょっと待って、ちょっと!」「すいません! いまの、いまの大切な点なんです!」などと声を上げ、星氏の進行をシャットアウト。

~省略~

しかし、松井代表はつづけて「大事な参院選挙の党首討論で、出所不明のアレをね、本をね、TBSが、TBSが取り上げてやるような話なんかなと、思いますけどね」とメディア批判で安倍首相をフォロー。安倍首相も「私も知りませんよ! 必要ないでしょ! 何のために! くだらなすぎますよ!」と興奮し、この冊子の話題は終わったのだった。

~省略~

【リテラ 2019.7.3.】

安倍総理、自民党が配布している”安倍礼賛カルト本”について「全く知らない」と主張し、ルール無視で醜い野党へのイチャモンに明け暮れる!

出典:TBS News

記者クラブ主催の党首討論に続いて、NEWS23の党首討論でも、安倍総理が醜い振る舞いを全開にさせたみたいねっ!
ていうか、自民党本部が所属議員に大量に配っている冊子について、安倍総理が知らないわけがないでしょうが!

ほんと、自民党本部が力を入れて議員に配布している冊子だというのに、それを「全く知らない」って…。なんで安倍総理はそんなに慌てて隠そうとしてるんだろうね。
その上で、結局は安倍総理本人が、冊子に書かれているのと同じような、自身に都合がいいようにあらゆる実態をねじ曲げたうえで野党非難に腐心してるし、そんな安倍総理の脳内や言行そのものが、この冊子に書かれている内容とほとんど一致してるんだけどね。

しかし、維新の松井氏が「出所不明の本をTBSが取り上げてやるような話なのか?」なんて安倍総理を援護していたけど、それを言うなら、「出所不明のいかがわしい本を自民党本部が力を入れて所属議員に大量配布していること」の方がよっぽど大問題だし、この異常な自民党の実態についてNEWS23が取り上げるのは当たり前のことだろう。
当サイトでも、このテラスプレス発行の「安倍礼賛カルト本」について詳しく紹介したことがあったけど、自民党本部では「テラスプレスに許可を得て参考資料として配布した」なんてとぼけているものの、これまでの経緯を見ても、運営元も管理者も全く不明の匿名サイト「テラスプレス」は、安倍官邸ないしは自民党と直結した「工作サイト」である以外、説明が付かない状況になっているよ。

テラスプレスは現在も頻繁に更新中!最近では、三原じゅん子議員の「安倍賛美デマカルト演説」を大絶賛!

出典:terracePRESS

テラスプレスについては、以前の記事において、運営元も所在地も一切不明の上に、収入を得るための広告も無し、さらには、わざと検索にかからないような細工を施していることを紹介したけど、このサイトは現在も頻繁に更新を続けており、サイトをチェックしてみると、国民から批判殺到中の三原じゅん子氏による「安倍礼賛デマカルト演説」を大絶賛しては野党をこき下ろす記事を配信している。
ネット上では、このサイトの特殊性から考慮して、「所属議員に配布するための”安倍礼賛冊子”を作成するためだけに存在していたサイトでは」との仮説が出ていたけど、現在も更新が続いていることを考えると、どうやらその限りでも無さそうな感じがする。

どちらにしても、「誰も閲覧しない(できない)サイト」にもかかわらず、プロのライターが執筆していると思しき非常に質の高い文章で記事が作成されていることから、高い報酬を得ているプロの関係者が作成している可能性が高いし、安倍官邸や自民党と深く関わる組織が「何らかの特定の目的の下に」作成している可能性が非常に高いね。

うわぁ…。
テラスプレスは今でも更新が続いている上に、やっぱり、安倍官邸や自民党と直結した「情報工作勢力」が運営している可能性が高そうな感じね。
そういえば、ツイッターでも同じような、安倍一派と直結しているとしか思えないような怪しげな匿名アカウントがいくつもあるし、まさしく、日本に巣くっている深い闇を感じざるを得ないような事態だわ。

つまり、日本政府(の中にいる地下組織)そのものが、ボクたちを「野党不信」や「思考停止」に導いては、ヘイトや差別思想などの「愚民化洗脳(ネトウヨ脳養成)」を積極的に施しているということだし、こうした地道で盛んな”洗脳活動”が安倍自民党の長期政権を生み出しているということだ。

普通に考えても、こんなにも人間性に重大な問題を抱えては、究極的な反知性の持ち主である安倍総理が半数近くの国民から支持を受けているなんて、まさしく有り得ないような話だし、ボクたち自身が「国家レベルの壮大なウソ」によって、根本的に思考回路を狂わされている現実について、まずは客観的に理解していく必要があるんじゃないかな。

テラスプレスの一件だけでも、(得体の知れない悪質フェイクカルト本を自民党が”バイブル”として重宝している時点で)背筋が寒くなってくるような話だし、改めて、”犯罪思考”を持っている集団に日本が本格的に乗っ取られている、この悪夢のような現実について、改めて強い危機感を持っていく必要がありそうだわ。

Pocket

 

 関連記事