【名言】韓国・文在寅大統領が、ノーベル平和賞の呼び声が高まる中で一言!「ノーベル賞はトランプ大統領が取るべき。我々が獲得すべきは(南北の)平和だけだ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月30日、南北首脳会談を成功に導いた韓国・文在寅大統領が、ノーベル平和賞受賞への期待が高まっている中で「ノーベル賞はトランプ米大統領が取るべき」とのコメントを発表した。

・これに加えて、文大統領は「我々が獲得すべきは(南北の)平和だけだ」ともコメントし、この発言に世界で称賛の声が相次いでいる。

「トランプ氏がノーベル賞を取るべき」 韓国大統領が発言

(CNN) 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は4月30日、南北関係の改善をめぐってトランプ米大統領がノーベル平和賞を取るべきだと語った。会議での発言を大統領府が明らかにした。
韓国では2000年、南北首脳会談を初めて実現させた金大中(キムデジュン)大統領(当時)がノーベル平和賞を受賞した。
27日の南北首脳会談を受け、金氏の夫人が「文氏も受賞するべき」と述べたのに対して、文氏は「トランプ氏が受賞するべき。我々に必要なのは平和だけだ」と答えたという。

【CNN 2018.5.1.】

「ノーベル賞はトランプ氏に」韓国大統領
「我々には『平和を』」

【ソウル=鈴木壮太郎】「ノーベル賞はトランプ米大統領に」――。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が30日の会議でこう語ったことが大統領府関係者の話で明らかになった。

会議では故金大中(キム・デジュン)大統領の夫人から「ぜひノーベル平和賞を取りなさい」と祝電があったことが報告された。それを聞いた文氏は「我々は平和だけ受け取れればいい」と語ったという。

【日経新聞 2018.4.30.】

「国益追求」と「他国への利益誘導」の二つのバランス感覚を巧みに持つ文大統領の象徴的発言!

出典:TBS News

ノーベル平和賞受賞への呼び声が日に日に高まっている韓国・文在寅大統領による「この発言」に、世界から称賛が相次いでいます
確かに、このような状況下でとっさにこのような言葉が出てくるところなど、文大統領のクレバーさと機転の良さが非常によく表れた象徴的な発言かと思います!

ああ。まさにトランプに最大級の賛辞と花を持たせつつ、自らの世界的評価をも揺るぎないものにするほどの、非常にインパクトのある歴史に残る「名言」だといえるだろう。
外交というのは、自国に多大な利益をもたらしつつ、他国にとっても有意義なものをもたらさなければいけない上で、非常に高度な創造力や交渉技術が求められるものだけど、文大統領を見ると、それらを見事なまでに実践しており、この優れた外交能力は高い称賛に値するのは間違いないことだ。

相変わらず、世界中で日本だけが文大統領に因縁を付けつつ懸命に誹謗中傷している声が多いけど、世界中の大多数の人々は、真に各国の平和や対話を望んでいるのが現実で、その一方で、特定の国家への最大限の圧力や国同士の摩擦や緊張、その果てに待っている戦争を待ち望んでいる人間など、戦争ビジネス資本や(ネオナチやKKK、イスラム国や日本会議、統一教会、在特会など)一部のクレイジーなカルト勢力のみだ。

世界的な影響力を持ち、真に世界市民から尊敬されるような指導者は、上手に対話や交渉を用いながら国家・民族間の衝突や戦争を回避しようとする政治家であり、文大統領はまさにそのお手本となるような指導者だといえるだろう。

それと比べて我が国の指導者と来れば、「自らがまいた種」で完全に世界から孤立してしまったにもかかわらず、この状況で文大統領やトランプ大統領、果ては金正恩委員長にまですがりながら、”他力本願”でようやく南北対話の道が開けそうな状況「自らの手柄」とばかりに大きく吹聴している始末です。

何から何までやり口が姑息で汚いですし、まさしく文大統領との能力や頭脳、性格や懐の大きさの違いがこれでもかと際立っています

一部では、拉致問題もすでに八方塞がりになりつつあるとの話も出てきているし、安倍総理にとっては相変わらず「事態はすこぶる悪い」との見方が多いのが現状だ。
この事態をどうにか打開するには、「外交能力の高い総理が一日も早くに就任する」ことしか方法はないだろうし、このまま絶望的に無能で知性も教養も無い安倍総理が指揮を執り続ける限り、日本のお先は真っ暗としかいいようがないんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket