歴史的な南北首脳会談!金委員長は手を添えて文大統領と固く握手!手を繋いで二人が軍事境界線を行き来する予定外の”ハプニング”も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月27日、朝鮮半島の歴史を塗り替える象徴となる南北首脳会談が実現金正恩委員長は歩いて軍事境界線を越え、文在寅大統領と固く握手をした

・その際、文大統領が「私はいつ北朝鮮に行けますか?」と聞いたところ、金委員長が「では今行きましょう」と応じ手を繋いだまま二人が北朝鮮側に入るという”ハプニング”も発生。予定外の展開に周囲からは歓声が上がり、南北友好を象徴するようなシーンに双方から記念撮影が行なわれた。

南北が迎えた“歴史的瞬間” 手をつないで境界線を

文大統領は午前9時過ぎ、軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)に到着。会談が行われる板門店の韓国側の施設、「平和の家」から軍事境界線に歩いて向かいました。すると、金党委員長も北朝鮮側の施設から登場。一人で文大統領が待つ軍事境界線に向かいました。

「お会いできてうれしいです。本当にときめきを、抑えられません。歴史的な場所で出会って、文在寅大統領が出迎えてくださって感動的です」(北朝鮮 金正恩党委員長)

午前9時29分、軍事境界線を挟んで両首脳が握手を交わし、歴史的な瞬間が到来しました。その後、金正恩党委員長が北朝鮮の最高指導者として初めて軍事境界線を越え、韓国側に。記念撮影を行うなど、両首脳は終始笑顔でなごやかなムードが演出されました。さらに、会談場所に向かおうとする文在寅大統領を金党委員長が呼び止め何か話す様子も。すると・・・。

「(歓声)おおおー!!!」

金党委員長に誘導される形で文大統領が軍事境界線を越え、北朝鮮側に。現場からは歓声があがりました。

その後、韓国側で北朝鮮に一番近い村の小学生2人が金党委員長に花束を渡し、両首脳は「平和の家」に移動しました。

「平和の家」では金党委員長が芳名録に記帳。「新しい歴史はこれから 平和の時代 歴史の出発点から 金正恩 2018年4月27日」と書き込みました。

そして、10時15分ごろ、南北首脳会談が始まりました。

「遠くからいらしたので、先にご挨拶してください」(韓国 文在寅大統領)

「200メートルという短い距離を来たが、境界線は人が越えにくい高さでもないのに、あまりにも簡単に越えてきて、この歴史的な席に11年もかかって、ここに来るとどうしてこんなに長くかかったのか、大変だったのか、という思いがした」(北朝鮮 金正恩党委員長)

10年半ぶりとなる南北首脳会談では、非核化に向けて具体的な合意が結ばれるか注目されます。

【TBS News 2018.4.27.】

ついに歴史的な南北首脳会談が開催!朝鮮戦争の終結と非核化、南北統一まで実現するかどうか、世界中が固唾を呑んで見守る

ついに、長年の悲願だった南北首脳会談が始まりました!
文在寅大統領が韓国側で一人待つ中、金正恩委員長が歩いて軍事境界線を越える姿は感動的でしたし、なんと、二人が手を繋いで再び境界線を越えて北朝鮮側に入るという”ハプニング”も発生し、周囲の人々を驚かせ、大きな歓声が上がりました。

これは文大統領が「私はいつ北朝鮮に行けますか?」と聞いた際に、金委員長が「では、今行きましょう」と応じたことで実現したようで、南北の融和と平和をアピールする上でも最高の演出だったといえる。

ここまでの会談内容は、想像以上に友好的かつスムーズに話し合いが進んでいるようで、金委員長自身も「これから何度も韓国に来たいです」と話しているとのことで、北朝鮮側の「開国ムード」がより高まっているといえそうだ。

ちなみに、先ほどテレビを観ていたところ、韓国の中学校で今回の首脳会談のテレビ中継を「授業の一環」として見せているようで、こうした様子を見ても、韓国では、政治や時事問題を積極的に教育に取り入れ、子供たちに「社会や政治について自主的に考える力」を養っているように見えるね。

私もその番組を観ていましたが、インタビューに答えていた中学生も、驚くほどにしっかりと自らの意見を述べていたのが印象的でした。
やはり、韓国では子供の頃から政治や時事問題に関心を持たせるための教育が行なわれていることを感じましたし、意図的に政治に対する関心を奪うような”洗脳”が行なわれている日本と対照的な状況であることを感じました。

この先、午後の会談を経て共同宣言が出される予定ですが、どうか、アジアや世界の安定と平和に繋がるような、多くの実りある会談になりますことを祈っています

ああ。この先控えている南北朝鮮による共同宣言も要注目だし、今後の報道内容により注視していこう。

おススメ記事&広告

 
Pocket