【出たぁ】前原元外相が「中国船長釈放は菅元総理の指示」と暴露!早速「合流新党(バックに小沢氏)潰し」の工作開始か!?菅氏「私が釈放を指示したという指摘はあたらない」

Pocket

どんなにゅーす?

・国民民主の前原元外相が産経新聞のインタビュー記事に登場。10年前の民主党・菅政権時に発生した尖閣諸島領海内においての海上保安庁巡視船と中国漁船が衝突した事故について、これまで「中国人船長が釈放されたのは検察独自の判断」と報じられてきたことに対し、前原氏は「菅総理の強い指示だった」と暴露。ネット上で大きな波紋を呼んでいる。

・これに対して、菅元総理は産経新聞の取材に対し「記憶にない」とした上で、自身のTwitter上で「指揮権を行使しておらず、私が釈放を指示したという指摘はあたらない」と主張したものの、ネット上では菅氏への批判が殺到し、これを暴露した前原氏への称賛の声が溢れる事態に。小沢氏が背後に控える合流新党の行方が注目される中、早くもグローバリストの意向で新党の影響力を潰すための工作が始まったことがうかがえる。

船長釈放「菅直人氏が指示」 前原元外相が証言 尖閣中国漁船衝突事件10年 主席来日中止を危惧

前原誠司元外相が産経新聞の取材に対し、10年前の平成22年9月7日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、当時の菅(かん)直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと明らかにした。旧民主党政権は処分保留による船長釈放を「検察独自の判断」と強調し、政府の関与を否定してきたが、菅氏の強い意向が釈放に反映されたとみられる。

前原氏によると、国連総会に出席するための22年9月21日の訪米出発直前、首相公邸に佐々江賢一郎外務事務次官ら外務省幹部とともに勉強会に参加。その場で菅氏が公務執行妨害容疑で勾留中の船長について「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」という。

前原氏が理由を聞くと、菅氏は同年11月に横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議があるとして「(当時の中国国家主席の)胡錦濤(こ・きんとう)が来なくなる」と主張。

~省略~

前原氏は「来なくてもいいではないか。中国が国益を損なうだけだ」と異を唱えたが、菅氏は「オレがAPECの議長だ。言う通りにしろ」と述べた。前原氏はその後、当時の仙谷由人官房長官に「首相の指示は釈放だ」と報告した。

当時の外務省幹部も「菅首相の指示」を認めた。菅氏は産経新聞の取材に「記憶にない」と答えた。

~省略~

【産経新聞 2020.9.8.】

早速「合流新党潰し工作」が盛大にスタート!前原氏&産経新聞のタッグによる「暴露」がネット上で大盛り上がり&菅元総理と立憲に対して怒りの声が大殺到!

↓ジャパンハンドリングの総本山、ワシントンのCSISでスピーチする前原氏。

出典:阿修羅

さあさあ、ようやく野党が大きく一つにまとまりそうな雰囲気になってきた中で、早速、これを潰すための工作が盛大に始動だわ。
合流新党潰しの「第1弾」は、お馴染み、野党潰しの常連・前原さんによる、菅政権時代の尖閣衝突事件に関する暴露劇で、早速、合流新党結成の動きに警戒している「安倍&菅シンパ」に加えて、自民・維新の議員までもが一斉に吹き上がって、立憲への批判が大殺到しているわ。

小沢氏がバックについている合流新党の結成が確実になった中、「何もないはずがない(無事に上手く進んでいくはずがない)」と思っていたけど、早速始まったね。
前の衆院選の「希望の党」騒動をめぐる野党分裂劇といい、前原氏は、まさに「野党潰しのエキスパート」というのに相応しいまでの働きぶりだし、CSISなどのジャパンハンドラー(グローバリスト)から絶大な信頼を得ているからこそ、どの野党議員よりも安泰な議員生活ができているということだ。

ボク自身も、小沢氏が主導して野党再編と共闘への動きが進んでいる中で、(これまで立て続けに失敗してきた以上)「今回もうまくいく可能性は低い」との見立てをしてたけど、この件もネガティブな影響を及ぼす(大手マスコミが大きく報道→世論調査でさらに支持率低下)のは確実だろうし、やはり、今のやり方(民主党の先祖返りのような野党再編)で選挙に勝つのは難しいのではとみている。

ていうか、確かに当時の民主党は中国共産党の悪影響を受けていた可能性が大きいけど、今の安倍政権だって、習近平さんを国賓待遇しようとしたり、中国カジノ企業から汚れたお金を受け取ったり、新型コロナの初期対応で、日本の国土・国民を守るどころか、中国共産党の意向を優先させて春節を迎えた中国人観光客の人々を無制限に呼び込んで日本にウイルスを輸入させたりと、かなりの媚中政策に走っているんだけど…こうした実態を完全無視して、菅元総理や立憲を大盛り上がりで叩いている安倍&菅シンパの皆さんもなかなかに愉快だわ。

平たく&冷たく言ってしまうと、与野党ともに(特に与党)売国勢力(隷米&媚中勢力)が大量に入り込んでおり、既存の野党勢力に日本の立て直しや国民最優先の政治を期待したところで、(残念ながら)ほとんど無理だということだ。
この調子では、かつての民主党勢力が再結集を果たしたところで、またも様々な裏工作によってまんまと潰されてしまうのがオチだし、まずは、前原氏のような「完全なるグローバリストの工作員」をどうにかしつつ、(他国の悪影響を受けていない)「国や国民を守る」という高い使命感や教養を持つフレッシュな人材を新たに国会に多く送り込まない限り、どうすることもできないんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事