ゴーン会見の前日、在レバノン日本大使がレバノン・アウン大統領と会談!安倍政権が「巨額経済援助」をネタに、ゴーン氏が「逮捕に関与した日本政府関係者」をばらさないよう圧力か!?

Pocket

どんなにゅーす?

・”亡命先”のレバノンで行なわれた、カルロス・ゴーン氏による記者会見について、ゴーン氏が「自らを逮捕・起訴することに加担した日本政府関係者を明らかにする」と予告していたものの、これが明らかにされなかったことが話題になっている中で、会見の前日、在レバノン日本大使の大久保武氏がレバノン・アウン大統領と会談していたことが判明した。

・ゴーン氏がこの件について口をつぐんだ背景として、この会談が影響した可能性があり、これまで日本が行なってきたレバノンへの巨額の資金援助などをネタに、日本政府がレバノン政府を通じてゴーン氏に強い圧力をかけていたとの見方が浮上している。

ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由! 日本政府がレバノン政府に圧力を依頼か

~省略~

もっとも8日夜の会見で、ゴーン氏が口にしたのは、6人の元日産幹部の名前だけで、菅官房長官や今井首相補佐官などの名前は結局、出てこなかった。菅や今井だけではない、政権幹部や経産省官僚についても一切口にしなかった。

前述したように、米テレビ「FOXビジネス」が6日までに取材した際、ゴーン氏は自身の逮捕・起訴の背後には日本政府の関係者もいたとして、8日に予定される記者会見で数人の実名を明らかにする方針を語っていた。それを突然とりやめてしまったのだ。ゴーン氏は昨夜の会見でその理由についてこう語っていた。

「日本政府関係者の名前を挙げることもできる。だが、私はいまレバノンにいて、レバノンを尊重している。レバノン当局が自分にしてくれたことに感謝している。レバノン当局の仕事を難しくすることを望まない。なので、この部分については沈黙を保ちたい。何かを言って、レバノンの人々やレバノン政府の利益を損なうことはしたくないからだ」(会見でのゴーン氏)

ゴーン氏はレバノン政府の利益を損なわないよう「日本政府関係者」の実名暴露を控えたと説明したのだが、なぜ、日本政府関係者の名前を出すことがレバノン政府の利益を損なうことになるのか。

実は、ゴーン氏が会見を開いた前日、在レバノン日本大使館の大久保武大使が、レバノンのアウン大統領と会談をしている。

朝日新聞によると、大久保大使はゴーン氏の逃亡について「誠に遺憾で、我が国として到底看過できるものではない」と伝え、〈事実関係の究明を含め必要な協力をするよう求めた〉というが、実はこのとき、レバノン政府からゴーン氏に対して「日本政府関係者」の名前を会見で公にしないよう、密かに釘を刺したのではないかといわれている。

あるいは、日本政府が別の外交ルートを使って、レバノン政府に圧力をかけていたことも考えられる。周知のように、菅官房長官はゴーン氏の身柄引き渡しについて「様々な外交的手段を行使したい」と述べるなど、プレッシャーを強めているが、実は、日本はレバノンに対して巨額の経済支援をおこなっている。外務省HPによれば、2017年末までの有償資金協力が約130億円、無償資金協力が約69億円、そのほか約18億円の技術資金協力もしており、こうした実績を“カード”にして交渉していたとしても不思議ではない。

~省略~

【リテラ 2020.1.9.】

隠し玉なしの饒舌ゴーン 逃走劇&政治家の実名はダンマリ

~省略~

会見に先立って、ゴーン被告は米メディアに逮捕・起訴に関与した日本政府関係者の実名を公表するとも予告していた。ところが、こちらも“不発”。「私は日本政府関係者の名前を挙げることができる。しかし、(発言することで)レバノンを困難な状況に追い込みたくないため、沈黙を守る」と発言した。

「逮捕・起訴に日本政府のトップが関与したと思うか」と問われても、「トップとは『アベサン(安倍首相)』のことか? アベサンが関与したとは思いません」と言うのみだった。日産幹部の実名は挙げたのに、政府関係者については「想像だけで発言すると、更なる緊張を招く」としおらしく口をつぐんだのだった。

「日本はレバノンに対し、約200億円のODA(政府開発援助)を実施してきた。レバノン経済は低迷しており、今後も日本からの支援は必要不可欠。レバノン政府は、これからも金満ニッポンとは仲良くやっていきたいのが本音です。レバノン政府関係者から『余計なことは言わないでくれ』と口封じされたか、ゴーン氏が政府の意向を“忖度”し、口をつぐんだ可能性がある。逆に言うと、ゴーン氏はレバノン政府に生殺与奪権を握られている裏返しです」(外交関係者)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.1.9.】

ゴーン氏が急にトーンダウンしたのは”これ”か?ゴーン氏会見の前日に、在レバノン日本大使とレバノン大統領が会談!

出典:Wikipedia

ゴーン氏が「私を追い出すことに関与した日本政府関係者の名前を出す」と息巻いていたものの、結局、これらの公表を控えた背景が徐々に見えてきました
ゴーン氏の会見の前日に、在レバノン日本大使の大久保武氏がレバノン・アウン大統領と会談を行なっていたとのことで、どうやら、管理人さんの見立て通りやはり、事前に日本政府がレバノン政府に対し、名前を公表しないように要請を行なっていたとみてよさそうです。

これまで、日本政府はレバノンに対して200億円を超える巨額の経済援助を行なってきたとのことだし、さらなるバラマキと引き換えに、これを公表しないよう圧力をかけていた可能性もありそうだね。

記者からの質問に対しても、この件についてはわざわざ「安倍さんは関係ないと思う」なんて口走りつつ、妙にゴーン氏がトーンダウンしている様子が見られたけど、彼が「レバノンに迷惑をかけないため」と言っていたのをみても、ほぼ間違いなく日本政府がレバノン政府に事前にかなり強い圧力をかけていたとみていいだろう。

まさしく、一般市民が知り得ない水面下で、様々な「どす黒い思惑」が渦巻いては、権力層同士の闘争や化かし合いが激化している状況だけど、ただ、ゴーン氏が、経産省の天下り幹部だった豊田正和社外取締役をキーマンとして挙げた時点で、(この記事で挙げたように)この件に関わったおおよその日本政府関係者はある程度あたりがつくし、新たに、日本とレバノンによる”事前会談”の事実が明らかになったことで、ゴーン氏の逮捕・起訴に日本政府がコアに関わっていたのがますます鮮明になったといえるだろう。

そして、ごく一部の権力層の思惑が介在した、特捜による「ゴーン潰し」とその「後始末」に対して私たちの巨額の税金が投じられている現状に、私たちは強い抗議の声をあげなければなりません。
見たところ、多くの日本国民は、(大手マスコミの報道に騙されて)ゴーン氏への非難に明け暮れている様子ですが、その前に、民主主義のプロセスから大きくかけ離れた”国策捜査”でゴーン氏が逮捕・拘束・起訴された上に、ゴーン氏による「事実上の亡命」の後始末のために、さらに巨額の税金が投じられそうになっている実情に、強い危機感を持つべきではないでしょうか?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事