【…え?】小池都知事が都内のコロナ感染数について「60人台に”乗せる”と聞いています」→ネット「どういうこと?」「数字を操作か?」「口が滑ったか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月1日、東京都における新型コロナ(COVID-19)の感染者数が、緊急事態宣言解除後最高となる「67人」と発表された中、小池都知事による「奇妙なコメント」がネット上で話題になっている。

・小池氏は、感染者数について報道陣の前で「まだ最終確認ではありませんが、60人台に”乗せる”と聞いています」とコメント。ネット上では、「どういうこと?」「数字を操作・調整してるのか?」など、様々な内情や裏側を疑う声が上がっている。

東京都 新たに67人感染 緊急事態宣言の解除後最多 新型コロナ

東京都は1日、都内で、緊急事態宣言が解除されたあとでは最も多い67人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

東京都は1日、都内で新たに10歳未満から60代の男女あわせて67人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

都内で1日に感染が確認された人数としては、ことし5月25日に緊急事態宣言が解除されて以降、最も多くなり、50人以上は6日連続です。

20代と30代 全体の73%
67人のうち、20代と30代は合わせて49人で、全体の73%を占めています。

感染経路不明 20人
また、67人のうち、
▽47人は、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、
▽20人は、今のところ感染経路がわかっていません。

夜の繁華街の関係者 27人
都によりますと、67人のうち27人は夜の繁華街に関係する人だということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.7.1.】

小池都知事が口が滑って「感染者数の操作」をついバラした!?ネット上では疑いの声が噴出!

出典:Twitter(@KayT0309)

ええええっ!?
確かに、小池都知事が「60人台に”乗せる”と聞いています」って言ってますし、これはどういうことなんですかぁ~!?
私たちの一般の感覚でいえば、「60人台に達した」とか、せめて、「60人台に乗った」といった言葉を使うのが普通だと思うんですけどぉ…!

なんだこれは。
実際にはもっと大勢の感染数が出ているものの「60人台で抑えておく」といった意味でつい口が滑った疑いもあれば、逆に、本来はもっと少ないものの「60人台まで増やす」との意味合いで言った疑いもあるし、要は、何らかの「数字の操作」を行なっている疑いがあるってことかな。

ネット上でも、そのどちらかを疑う声が多く上がっているけど、これまでの小池都知事の動きを見ても、まるで非科学的な「政治パフォーマンス」丸出しの動きが目立っているし、中でも(ネーミングからしてなんかおかしい)「東京アラート」については、そのデタラメな運用ぶりが見事なまでに露呈している。

もはや、安倍総理に勝るとも劣らない、極めて非科学的&政治的な「インチキコロナ対策」を次々連発中だし、安倍政権に対してはそれなりに批判的な報道が出てきているのに対し、小池氏に対しては、明らかに不自然なまでにマスコミが横並びで黙り込んでしまっている有様だ。
まさに、世界支配層のジャパンハンドラーが、安倍総理についてはそろそろ”お払い箱”にしようとしている一方で、小池氏に対しては全面的に支援していることがますます丸分かりになってるし、要は、よっぽど山本太郎氏らが都知事選で当選することが”彼ら”にとっては都合が悪いんだね

なんだか、ますますおかしなことになってきていますねぇ…。
あまりにもウソやフェイクの要素が多すぎて、私も何が何だかわからなくなってきてしまいましたぁ…。

大手マスコミの報道をみていても、ことさらに「夜の街」の恐怖や悪印象を煽り立てては、「ニューノーマル(新たな生活様式)」への”変革”を強力に刷り込むことによって、”彼ら”が目指すディストピアを構築しようとしている流れを感じるし、どうも、新型コロナを通じて、世界支配層が日本国内の権力図を”改変”させつつ、国民への「新たな洗脳」を激化させているように見えてしかたない

とにかく、はっきりと言えるのは、少なからず、こうした「コロナ危機」をセンセーショナルに作り出しては、市民に対しておかしな洗脳やフェイクを刷り込んでいるグローバリストの完全なる傀儡勢力である小池氏だけは、絶対に再選させるわけにはいかないってことだね。

本当に、今年1月終わりに発生したコロナ危機を機に、たったの半年程度で一気に私たちの社会が大きく狂ってしまいましたねぇ…。

ああ。日本だけじゃなく、アメリカを筆頭に世界中が一気におかしくなってしまったし、この(終わりの見えない)コロナ危機を通じた「地球規模の大激変」の背後に、グローバリストの巨大な影がよりはっきりと見えてきているといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事