ホリエモンが「年金抗議デモ」参加者を「バカばっか」「税金泥棒」と罵倒!→岩上安身氏が激怒!「堀江、表に出てこいよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年6月16日、都内で安倍政権の年金に対する対応に抗議するデモが開催された中で、ホリエモンこと堀江貴文氏が反応デモの参加者に対して「バカばっか」と叩いた上で、「年金デモ参加者達も暇で羨ましいっすわ」とのリプライに応じる形で、「ほんとそんな時間あったら働いて納税しろや。税金泥棒め」とこき下ろすツイートを投稿。大炎上に発展している。

・このホリエモンのツイートに対し、IWJの岩上安身氏が激怒「堀江、表に出てこいよ。俺はこの年金デモは価値あるデモだと思って、IWJで中継した。(略)なんで年金デモしたらお前に泥棒呼ばわりされるんだよ。出てこいよ。公開で話をしろよ。」とツイートし、多くの話題を呼んでいる。

ホリエモン、年金デモに「税金泥棒」ツイートで炎上…「誤解して政府を批判しても何も始まらない」と持論

~省略~

金融庁が老後資金で年金以外に約2000万円が必要と報告書を公表した問題を受け、16日に都内で政府の対応に抗議するデモが発生。堀江氏はデモについて17日に「バカばっか」とツイートし、18日にも一般フォロワーからの「年金デモ参加者達も暇で羨ましいっすわ」とのリプライに反応する形で「ほんとそんな時間あったら働いて納税しろや。税金泥棒め」とツイート。「税金泥棒」がトレンド入りするなど炎上状態となっていた。

そんな中、堀江氏はこの日「まず今回の年金デモの話でクソリプを飛ばしてくれてる人お疲れ様。また話題になって知名度向上に役立ちました。俺のためにタダ働きしてくれてありがとう。いくら炎上しても得することはあっても損することはないのでどんどん話題にしてくれ」とツイート。

続けて「年金デモに参加してる奴は年金の仕組みなんか理解してないだろうが今更批判してどーする?って感じだ。最初の頃の設計ミスっててさらにそれを政治家とかが利益誘導してグリーンピアとかで運用して大失敗したのを何とか立て直しつつあるのが現状だ」

「基金の運用だってアクティブになって運用益かなり上がってる。最近四半期ベースで損を出してもあまりセンセーショナルに報道されなくなったのも良い傾向。だって長期運用で益をだすのが彼らの本分だからね。そして我々ができることは税収を増やすために効率よく稼ぐ事だ。これは誰にでも出来る事」と主張した。

その上で「誤解して政府を批判しても何も始まらない」とし、「大衆を扇動するのが商売の奴らに騙されず、それぞれが人生を楽しんで納税するべく努力する社会が理想と思う」とつづっていた。

【スポーツ報知 2019.6.19.】

堀江氏が年金問題デモ参加者に「税金泥棒」反発の声

~省略~

デモ参加者を「税金泥棒」と表現したことがネット上で物議をかもし、ツイッターでトレンド入りした。映画評論家の町山智浩氏は「基本的に勤め人は税金はちゃんと払うしかないですよ。今まで払ってきた年金の約束通りの支払いを要求するデモに日曜日に参加すると、どうして税金泥棒になるのか、説明してほしいです」とツイート。一般ユーザーからも「デモ参加者と税金をちゃんと計算せず怠慢な仕事をして給料もらってた公務員、果たしてどちらが「税金泥棒」と呼ばれるに値するのか」「税金泥棒はどっちかと言うと国会議事堂の中にいらっしゃるような気がします」「『税金泥棒』と言うなら、デモ参加者ではなく、安倍首相や麻生財務相に対して言うべきだろう。もう少し言葉の意味を考えてから発言しなさいね」との声が相次いだ。

そうした声を受け、堀江氏は19日、ツイッターで「相変わらず文脈とか行間読めねーんだな。親切に教えてやるよ。このデモに参加してる奴の大半は実質的に納税してる額より給付されてる額の方が多いんだよ。それを税金泥棒って言ってんだよ」と説明した。

【livedoorNEWS(日刊スポーツ) 2019.6.19.】

↓ホリエモンのツイートに対して、岩上氏が怒りのツイート。

ホリエモンのツイートに対して、「表に出ろ」と怒りのツイートを投げかけた岩上氏に「カッコいい」「よく言ってくれた」の声!

出典:Twitter(@takapon_jp)

安倍政権の年金問題に対するメチャクチャなやり方に抗議するデモが行なわれたけど、これに対して「バカばっか」「税金泥棒」って、随分な言いようねっ!!
相変わらずホリエモンって、品性ゼロのとっても嫌味な人間だわっ!!

いわゆる、典型的な「炎上商法」ってやつかな。
わざと世間の反感を買うような、挑発的・攻撃的で下品な物言いをすることで多くの人の注目を浴び、そうした「話題性」を利用してビジネス活動を展開するのが、この人のお得意の手法だ。

しかし、こうしたやり方は、社会的に決していい影響を及ぼさないし、「金さえ儲ければ何をやってもいい」みたいな、人間社会における価値観や道徳観の退廃を招くことになる。
そして、竹中平蔵氏やホリエモンなどに代表されるようなグローバリストは、えてして「金を多く持っている人間こそ、人間界で優れた”選ばれし人間”」といった思想に冒されており、人間の価値を「資産の多い少ない」ではかる傾向があっては、下層の労働者を潜在的に蔑視し見下している部分がみられる。
こうした価値観を持っている人間が社会で力を持つようになると、おのずと、生まれながらの特権階級や金儲け上手な人間が絶大な権力を握る「上級国民社会」が跋扈することになるし、「1%と99%との強烈な分断」によって多くの不幸を生み出す社会になっていってしまうんだ。

ほんと、ホリエモンに限らず、グローバリストの連中って、妙に嫌味で嫌なヤツが多いように感じるし、根本的に下層の労働者をバカにしてるような部分がある上に、「俺は偉いんだ」なんていう、選民思想や優生思想におかされた差別主義者が多い感じがするわっ!

グローバリズムそのものが、優生思想などの差別思想が根底に存在しているものだし、安倍政権は、彼らグローバリストから強い支援を受けていることで、より強大な権力を手にしているということだ。

その一方で、こうしたホリエモンのツイートに強い怒りを見せた岩上氏の主張こそ、「強きをくじき、弱きを守る」といったような、かつての日本の道徳観念や価値観を守り通そうとする「正統保守的な考え方」であるといえるだろう。
安倍政権やグローバリズムを無防備に放置し続ける限り、日本の古き良き国家観や価値観は極限まで破壊され、「”金”こそが人間の価値を決める絶対的な基準」といった、野蛮で下品な価値観が本格的に蔓延することで、極限的な「上級国民社会」の到来による「真性奴隷社会」がやってくることになるだろう。

安倍政権こそが、古き良き日本を破壊する「極左的な勢力」で、国境を超えた資本勢力と一体化している「グローバリズムの権化」みたいな存在ってことね。
安倍政権が「保守」ってイメージ自体が、とんでもないペテンだし、ホリエモンみたいな無法的な手法がまかり通ってしまっている現状も深刻だわ。

人間の倫理や理性を守るための様々な「規制(ルール)」を取っ払ってしまうと、例外なく、人間界のモラルや秩序は崩壊し、「金こそ全て」の腐った世界がやって来てしまうし、様々な”美名”の下に安倍政権下で怒涛のように進められている「規制緩和」の大波についても、もう少し警戒感を持った方がいいのではと思うよ。

Pocket

 

おススメ記事&広告