【アウト】進次郎氏「不倫ホテル代を政治資金で支払い」の証拠メールを文春がスクープ!本人は「法令に基づいて対応」と説明も、10万5千円が政治資金団体から支出!

Pocket

どんなにゅーす?

小泉進次郎環境相による、複数の「政治とカネの問題」がくすぶる中、2015年6月の女性実業家A子さんとの「不倫ホテル代を政治資金で支払い疑惑」について、週刊文春が続報をスクープした。

・文春では、進次郎氏とA子さんとの仲睦まじいメールのやり取りを紹介。進次郎氏の資金管理団体からおよそ10万5千円が支出されていたことが分かっている中で、「法令に従って適正に処理」と主張している進次郎氏がウソをついている疑いが強まっている。

「待ってるよ^_^」 小泉進次郎「不倫ホテル代」国会答弁を覆す証拠メールを入手

2015年6月、小泉進次郎環境相(38)が軽井沢プリンスホテルで人妻実業家のA子さんと密会し、そのホテル代、約10万5千円を政治資金から支出した疑惑。「週刊文春」が昨年12月26日発売号で報じると、進次郎氏は会見で「適正に処理している」と主張してきた。だが今回、同誌は新たに疑惑を裏付ける進次郎氏とA子さんの間で交わされたメールを入手した。

~省略~

「週刊文春」取材班は、この知人を通じ、96通におよぶ証拠メールを手に入れ、様々な資料などで裏付け取材を行った。たとえば軽井沢での逢瀬当日の2015年6月27日、2人は以下のやり取りを交わしている。

小泉氏〈着いたよ^_^4××ね^_^〉(注・『4××』は実際の部屋番号)
A子さん〈今向かってます〉
小泉氏〈待ってるよ^_^〉

証拠メールからは、軽井沢における逢瀬の1週間前から2人が心待ちにする様子がうかがえ、別の密会など2人の親密な様子を表す文面が多数含まれていた。なお、この夜の宿泊代として約10万5千円が小泉氏の政治資金管理団体から支出されていることはすでに確認されている。

~省略~

【Yahoo!ニュース(文春オンライン) 2020.1.29.】

「待ってるよ^_^」がネットでの流行語大賞に!?セコセコ女たらし男、進次郎氏のトンデモ違法行為を証明するメールを文春が報道!

出典:テレ朝news

文春が報じた「不倫ホテル代を政治資金で支払い」疑惑について、進次郎氏が「法令に従い適正に処理」なんて説明していたけど、これが大ウソだったことがほぼ確実になったわ!!
ホテルの部屋で「待ってるよ^_^」なんてメールしてる場合じゃないし、どうやら、何の引け目も罪悪感もなしに、不倫行為だけじゃなく政治資金規正法違反にも手を染めていたみたいねっ!!

これも、検察が動くべき案件の様相が色濃くなってきたし、もし、「人妻との不倫ホテル代を政治資金で支払い」の容疑で逮捕されたとしたら、これ以上カッコ悪いものはないね。
しかも、一部の話によると、この人妻実業家と不倫していた間も復興庁の女性職員とも交際していたとか、常に二股三股は日常茶飯事だったようだし、自らの不倫行為の出費をケチるために政治資金に手を付けたり、女性を騙したり傷つけることにも何の良心の呵責も感じない男が、「政治家」として、あらゆる法やルールを遵守しながら国民の生活や命を守れるはずもない

こんな自らの下半身の制御もきかないセコセコなインチキ男は、閣僚のみならず国会議員もやらせてはいけないし、神奈川11区(横須賀市・三浦市)の市民はちょっと真剣に考え直さないといけないだろう。

ほんと、いっつも開票と同時に当確が出るくらいにダントツの得票数で当選してるような状態なんだから、これはかなり深刻な事態だわっ!!
その他の選挙区でも、日本をダメにしまくっている売国議員がいつもダントツで当選している事例があちこちで見られるし、日本の与党政治家がトンデモ輩ばかりなら、そんなトンデモ連中を思考停止で選んでしまっている有権者も問題なんじゃないかしら!?

まあ、残念ながら、グローバリストによる日本国内の「愚民化洗脳」と「破壊計画」がそれだけまんまと上手くいってしまっているってことかな。

とにかく、「法令に従い適正に処理」がウソ発言だった疑いが極限まで高まっている以上、進次郎氏は国民に向けて丁寧に説明する必要があるし、政治資金規正法違反の疑いが極限まで高まってきた以上、検察は進次郎氏についてもメスを入れるべきなのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事