神戸市営バスが暴走し、2人が死亡・6人が負傷!運転手を現行犯逮捕!ネット「池袋暴走事故と対応が違う」「やっぱ飯塚氏が上級国民だからか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月21日、兵庫県神戸市中央区布引町4丁目のJR三ノ宮駅前の県道で、神戸市営バスが突然暴走横断歩道に進入した上で人を次々とはね、若い男女2人が死亡、男女6人が負傷したとの報道が出ている。

・警察は、バスの運転手・大野二巳雄容疑者(64)を現行犯逮捕。大野容疑者は「ブレーキを踏んでいたのにバスが急発進し、人をはねてしまった」と話しているという。

・ネットでは、この事件を受けて、先日発生した池袋乗用車暴走死傷事故と比較し、「こっちは現行犯逮捕されているのに、なぜあっちは逮捕されず、匿名報道されているのか?」「やはり飯塚幸三氏が元高級官僚のエリートだからでは」などの声が噴出。双方の事故に対する警察の対応の違いについて大きな話題になっている。

神戸市営バスがはね、男女死亡 容疑の64歳運転手逮捕

21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町4丁目のJR三ノ宮駅前の県道で、市営バスが多数の歩行者をはね、負傷者が出ている、と119番通報があった。

市消防局によると、市営バスが横断歩道に突っ込んだとみられ、20代ぐらいの男性と、20代とみられる女性の計2人が死亡。ほかに5人がけがをしているとの情報がある。

兵庫県警は市営バスを運転していた大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)=神戸市長田区=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。大野容疑者は「ブレーキを踏んでいたのにバスが急発進し、人をはねてしまった」と話しているという。

~省略~

【朝日新聞 2019.4.21.】

市バスが歩行者はねる=2人死亡6人けが、運転手逮捕-神戸

21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町のJR三ノ宮駅近くの県道で、神戸市営バスが横断歩道を渡っていた複数の歩行者をはねた。

兵庫県警葺合署によると、20歳ぐらいの男性と20代の女性が死亡し、他に男女6人がけがをした。

~省略~

同署によると、バスは乗客を降ろした後、横断歩道手前の停止線まで進んだところで急発進。横断中の人をはねた後、中央分離帯にぶつかって止まった。乗客はいなかった。大野容疑者は「ブレーキは踏んでいた」と話しているという。

~省略~

【livedoorNEWS(時事通信) 2019.4.21.】

暴走事故を起こした神戸市営バスの運転手が現行犯逮捕!池袋暴走事故とのあまりの「対応の違い」に、ネットでますます怒りと疑いの声が噴出!

出典:YouTube

またも、自動車による暴走死亡事故が発生してしまいました。
JR三ノ宮駅前の県道で、停留所から発車したばかりの神戸市営バスが、なぜか多くの人が渡っている横断歩道にゆっくりとしたスピードで進入
横断歩道を渡っている人を次々とひき、若い2人の男女が死亡、複数人が負傷したと報じられています。

事故を起こした運転手が現行犯逮捕されていますが、ネット上では、今回の事故と先日発生した「池袋乗用車暴走死傷事故」を比較し、元高級官僚で勲章受章者である飯塚幸三氏が逮捕されずに、匿名や「さん」付けで報じられていることに、怒りや疑問の声がますます噴出してきている状況です。

例えば、このハフポストの記事において、警察・検察などの国家権力が「逮捕するかどうかの基準」について、検察庁のページに「犯罪の重大性・悪質性、逃亡のおそれ、証拠隠滅のおそれなどの事情を総合して判断」などと記載されていることが報じられているけど、今回の事故において、バスの運転手が「ケガをした人に慌てて声を掛けていた」と報じられているし、普通に考えると証拠隠滅や逃亡の可能性は低いように思えるね。

それなのに、警察は非常に素早く運転手を現行犯逮捕しているし、これまでの数々の深刻な交通死傷事故においても、そのほとんどが同じような対応だ。
このように考えると、やはり池袋の暴走死傷事故は、かなり異例の対応をしているように思えるし、リテラでも同じように疑問を唱える記事を出している。

当サイトでも、この池袋の事故の「異例対応」についてちょうど本格的に取り上げたところだったけど、やはり、池袋の事故は、警察にとって安易に逮捕できないような様々な難しい事情があることが推測されるし、飯塚幸三氏が現行犯逮捕されずに、マスコミでも敬称で報じられたり匿名で報じられているのも、飯塚氏がエリートの元高級官僚で大企業の幹部も務めていたことが影響しているのは否定できないんじゃないかな。

こういう現状を見ても、やはり日本は、「法の下の平等」は単なる建前で、実際には、隠然とした階級制度が根付く人治国家であることを感じてしまいますね…。

選挙システムも同じく不平等な部分が目立っており、結果的に特権階級に優しい政党(自民党など)が勝利しやすいように出来てしまっているし、警察・検察・裁判所も同じく、その特権階級を保護しては、彼らに反対する一般市民に厳しく当たる風潮が根付いているように見えるね。
これも、明治維新に端を発する1%の特権階級(グローバル資本勢力)が99%の一般市民を統制・搾取し続ける「グローバリズム」の一つの側面だし、一般国民自身が(政権交代などを通じて)この現体制をどうにか是正しようと思わない限り、この先ますます一般国民が「上級国民」に強力に支配・搾取される世の中になっていくことだろう。

話が少し逸れてしまったけど、なんだか、(故意ではないにもかかわらず)自動車が暴走する事故があまりに多すぎるのも気になるし、日本国民全体の能力や注意力が近年低下してきているのではとの懸念が拭えないよ。

今回の事故でも、運転手が「ブレーキを踏んでいたのに、急発進した」との供述をしている状況ですし、なぜここまで日本国内で不可解な自動車暴走事故が続いているのか、様々な側面から慎重に分析・考察していくことが必要かもしれませんね。

Pocket