小林よしのり氏の元に山口敬之氏から訴状!小林氏「単行本にも収めていない作品をわざわざ指摘した理由がよくわからない」「これは権力との戦いである」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月7日、漫画家の小林よしのり氏が、「伊藤詩織さん薬物レイプ揉み消し疑惑」安倍トモジャーナリスト・山口敬之氏から名誉毀損の訴状が届いたことを暗に明らかにした。小林氏は、1年半前に自身の連載作品で山口敬之氏と伊藤詩織さんとをめぐる一連の事件を描写した。

・小林氏は、「単行本にも収めていない作品をわざわざ指摘した理由がよくわからない」「訴える相手が、伊藤詩織氏でもなく、週刊新潮でもなく、小林よしのりという理由もわからない」と訝しがりながら、「裁判という権力システムを利用して、言論・表現の自由を委縮させようという行為である」と強く非難。今後もこの事件について描写し続けていくことを明言している。

某ジャーナリストから訴えられた件について

『BlackBox』の伊藤詩織氏を強引にホテルに連れ込んだ某ジャーナリストから訴状が届いた。
1年半前の「SAPIO」に描いた『ゴー宣』が名誉棄損だということで、裁判で争うことになった。

単行本にも収めていない作品をわざわざ指摘した理由がよくわからない。
わしは伊藤詩織氏の言い分を全面的に信じたのだし、当時の週刊新潮の記事を信じて描いた。
訴える相手が、伊藤詩織氏でもなく、週刊新潮でもなく、小林よしのりという理由もわからない。

わしが描いた一番の動機は、逮捕寸前で当時の刑事部長・中村格が現場の警察に逮捕を止めさせたという事実を知ったからだ。
明らかに権力が介入している!
女性の被害を権力が握りつぶすなんてことが、日本で起こっていいはずがない!

この裁判は権力に太いパイプを持つ某ジャーナリストが、ペンでなく、裁判という権力システムを利用して、小林よしのりの言論・表現の自由を委縮させようという行為になる。
これは、権力との戦いである!

この件に関しては、3月5日発売の「SPA!」『ゴー宣』で描くが、その後もレイプをテーマに描いていくことになる。

ただし、わしの執筆で一番気をつけなければならないのは、伊藤詩織氏を傷つけないこと!
PTSDの症状が再発しないように、描き方に気を付ける。

そして、某ジャーナリストの名前も出さない、似顔絵も描かないこと。
これは裁判対策であるが、似顔絵を描いてやるだけの価値もない。

はからずも泣き寝入りケースが多すぎるレイプ被害者のために描くことになるが、フェミニズム運動の応援でもないし、女性を味方にしようという下心もないし、ただ男の立場から、レイプというものを真剣に捉えなおしてみる作品を描いていこうと思う。

~省略~

【BLOGOS 2019.2.7.】

薬物レイプ揉み消し&スパコン詐欺事件以降、ずっと雲隠れを続けていた山口敬之氏が、今頃になって小林よしのり氏を恫喝訴訟!

出典:YouTube

↓小林よしのり氏が描いた、山口敬之氏と警視庁トップ&内調らによる薬物レイプ揉み消し事件。

出典:Twitter(@deskain)

漫画家の小林よしのり氏の元に、伊藤詩織さんへの薬物レイプ揉み消し疑惑スパコン詐欺事件の重要人物である山口敬之氏から訴状が届いたことが明らかになりました。
小林氏は上記のように、1年半前に「レイプ揉み消し疑惑」について自身の作品で詳しく描写しており、この件について、今頃になって恫喝訴訟を起こそうとしているようです。

山口敬之氏と伊藤詩織さんをめぐる事件の衝撃は、世界中のメディアで驚きをもって報じられ、逆に日本においては、この事件の真相を未だに大手マスコミ全体で隠蔽する動きで一貫されているけど、これまでずっと地下でじっと「冬眠」してきた山口氏が今になって急に蠢き始めてきたというのは、何とも不気味だね。

それだけ、ずっとこの漫画の描写をしつこく根に持ち続けてきたのか、それとも、安倍官邸と連動して何か「新しい動き」が発生してきたのか…
いずれにしても、一般国民としては、今回の訴訟の動きに対して、全面的に小林よしのり氏を全面的に応援する必要があるだろう。
その上で、この裁判そのものを全世界に大々的に知らせた上で、改めて、あの衝撃的な事件の概要を振り返り、当時の警視庁トップがわざわざ動いてまでして逮捕直前で「中止」の指示が出された背景を考え、その後、一気に不起訴にまでなってしまった裏側に何があったのかを徹底的に検証する必要があるのではないかな。

今の日本は、まさしく、安倍官邸が憲法をも完全に無視した上で、「超権力的な体制」を構築しかかっており、自らに従順な人間はどんな犯罪を犯してもこれを揉み消し・出世させる一方で、自らに逆らう人間は、デマやでっち上げを用いてでも徹底的に潰し、再起不能なまでにいたぶるシステムが出来上がりつつある状況です。
このような状況下にある以上、思想や考え方の違いを乗り越えて、全ての国民が「自分たちの命や自由を守るために」一斉蜂起して安倍独裁政権をどうにかさせて終わらせる必要があります。

小林氏に対しては今でも反安倍政権の人たちからも多くの批判があるけど、今の日本はそんなことを言っているような悠長な状況ではないことを認識しておく必要があるね。
果たしてこの裁判が今後どうなっていくのか、山口敬之氏の今後の動向を注意深く見ていくとしよう。

Pocket

 

おススメ記事&広告