■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「コロナ給付金詐欺」に「国会議事堂の女性トイレを盗撮」…経産官僚による悪質な犯罪が続発!→日本政府内の深刻な腐敗に、国民から怒りの声が噴出!

「コロナ給付金詐欺」に「国会議事堂の女性トイレを盗撮」…経産官僚による悪質な犯罪が続発!→日本政府内の深刻な腐敗に、国民から怒りの声が噴出!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月25日、「コロナ給付金詐欺」に「国会議事堂の女性トイレを盗撮」と、経産官僚による凶悪な犯罪事件が相次いで報道される事態に、国民から驚きと怒りの声が上がっている。

コロナ対策給付金を詐取容疑、経産省キャリア2人逮捕

コロナ禍で売り上げが減った中小企業の関係者を装い、国の「家賃支援給付金」を詐取したとして、警視庁は25日、経済産業省のキャリア官僚の男2人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。容疑を裏付けるため、同省を家宅捜索している。

~省略~

逮捕されたのはいずれも同省職員の桜井真(28)=東京都千代田区=と新井雄太郎(28)=東京都文京区=の両容疑者。捜査関係者によると、2人は高校の同級生で、桜井容疑者が2018年入省、新井容疑者が20年入省だという。

捜査2課によると、2人は共謀し、国が昨年7月~今年2月に申請を受け付けた「家賃支援給付金」をだまし取ろうと計画。昨年12月、コロナ禍で売り上げを大幅に減らした中小企業の関係者を装い、専用のホームページから給付申請をし、今年1月、国から約550万円を詐取した疑いがある。

~省略~

【朝日新聞 2021.6.25.】

コロナ給付金 詐欺の疑い 経済産業省職員2人を逮捕

~省略~

警視庁によりますと、2人は去年12月、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業などの賃料の負担を軽減する「家賃支援給付金」について実体のない会社を使ってうその申請を行い、およそ550万円を会社名義の口座に振り込ませてだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。
会社は登記上、新井職員の親族が社長になっていますがいわゆるペーパーカンパニーで、2人は自宅や実家を事務所として賃料を支払っているように装い、うその書類を提出していたということです。
「家賃支援給付金」は、中小企業庁が所管する売り上げが大きく落ち込んだ事業者を対象にした制度で、中小企業などの法人では最大600万円が一括で支給されますが、申請の受け付けはすでに終了しています。
2人は高校時代の同級生だということで、警視庁は不正に得た金を高級時計の購入などにあてていたとみて詳しいいきさつを調べています。
警視庁は2人の認否を明らかにしていません。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.6.25.】

政府職員、国会女性トイレ盗撮認める 経済産業省職員隣の個室から犯行

東京・永田町の国会議事堂内で4月、トイレの個室を使用中だった女性が盗撮される事件があり、衆院事務局は25日、政府職員が犯行を認めたと発表した。

経済産業省は同省職員が重要参考人となっているとのコメントを出した。衆院によると、この職員は国会関係施設に出入りできる通行証を持っていたため、国会内への立ち入りを禁止する措置を取った。

盗撮があったのは通常国会開会中の4月23日夕方。女性は本館2階のトイレで被害に遭った。経産省職員は隣の個室から盗撮していたとみられ、現場から逃走した。その後、警視庁麹町署が実況見分し、女性は被害届を提出していた。

~省略~

【日刊スポーツ(共同通信) 2021.6.25.】

「コロナ給付金詐欺」に「国会中に議事堂内の女性トイレを盗撮」!経産官僚による相次ぐ凶悪犯罪に、ネット上も騒然!

出典:YouTube
一体この国はどうなっちゃってるのよっ!?
少し前に覚せい剤事件が起こった経産省で、今度は、「コロナ給付金詐欺事件」に加えて、「国会議事堂トイレ盗撮事件」が発生したみたいだわっ!!

これまで政府は、国民に向けて、「コロナ給付金をうたった詐欺に注意」やら、「不正受給をしないように」などと強く呼びかけてきたけど、なんと、その政府側の人間が(様々な内情に詳しいのをいいことに)コロナ給付金を詐取していたとは。
おまけに、国会議事堂のトイレまでもが盗撮されていたなんて、国民の想像をはるかに上回るほどの政府内におけるモラルや秩序の本格的な崩壊だ。

ちなみに、経産省は、第二次安倍政権下で(安倍前総理の片腕といえる今井元総理補佐官兼秘書官が経産省出身だったことからも)これまで以上に強大な権力を手にしたことが言われてきており、安倍氏や今井氏の子分のような「質の悪い官僚」が多いことが言われてきた。
少なくとも、過去の覚せい剤事件を含めてみても、最低限のモラルすら退廃しきった「犯罪者の巣窟」「伏魔殿」ともいえるような組織に成り下がってきているようだし、これは日本国民は最大限の危機感を持って、まずは政治においての「深刻な腐敗」をどうにか改善させていかないと、冗談抜きで国家そのものが崩壊・破綻してしまうぞ。

森友疑獄における元財務省の佐川氏の虚偽答弁ばかりがクローズアップされがちだけど、加計疑獄における元経産省の柳瀬元総理秘書官による悪質な虚偽答弁の数々も忘れてはいけないわっ!!
とにかくも、これ以上の政官の腐敗を放置していれば取り返しのつかないことになってしまうし、長期にわたる「自民党一強による弊害」が日本政府の至る所で発生してきていることについて、もっとよく認識・理解する必要がありそうだわっ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事