■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】二階幹事長が解散見送りを明言!「常識的にはないでしょう」、(謎多き)毒物カレー事件で弁護側が再審請求!、柏崎刈羽原発で72か所の安全対策の不備が発覚!

【ゆるねと通信】二階幹事長が解散見送りを明言!「常識的にはないでしょう」、(謎多き)毒物カレー事件で弁護側が再審請求!、柏崎刈羽原発で72か所の安全対策の不備が発覚!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年6月15日号)

「不信任案提出なら衆院解散」と散々脅しをかけてきた二階幹事長が早々に「解散見送り」を明言!

【速報】「衆院解散」で対抗見送りへ 内閣不信任案に菅首相「粛々と否決したい」

~省略~

二階氏は菅首相と電話で協議したことを明かし、「最終的に総理から粛々と否決したいというご判断がなされた。その意思を尊重し与党として結束して断固否決の対応をしてまいりたい」と述べた。

その上で今国会での衆院解散について「最後は総理が決めることだが、解散はもうこの時期ですから常識的にはないでしょうね」と述べ、見送られるとの見通しを示した。

【Yahoo!ニュース(FNN) 2021.6.15.】


出典:YouTube

ほ~ら!!
「内閣不信任案提出なら衆院解散」っていうのは、やっぱり悪質なこけおどしだったのねっ!!
どこまでも汚いタヌキじぃさんだわっ!!

裏を返せば、野党側も「今だったら衆院解散はほぼ完全に有り得ない」と読んだうえで不信任案を提出したといえばいいのかな。
もしそうだとしたら、野党側も「選挙に勝てる自信がない」「解散総選挙をやりたくない」という本音を図らずも見せてしまったことになるし、中でも、日刊ゲンダイはそうした立憲・枝野氏の本音を突いたうえでかなりバッサリと切り捨てているぞ。

立憲グダグダ…「内閣不信任」セレモニー化のドッチラケ

~省略~

■伝家の宝刀は竹光に

14日の野党党首会談を終えた立憲の枝野代表は「感染症対策、命と暮らしを守ることができていない菅内閣の状況、不信任に値する事項はあまた存在しております」とか言っていたが、本気度はサッパリである。

先週の党首討論では持ち時間が30分間もあった上、東京五輪開催の是非など菅首相を追い込む材料には事欠かないのに、真正面から斬り込まず、ダラダラ自説を展開。2年ぶりの討論は巷で全く話題に上らずじまいで、世論喚起の絶好機をフイにした。

~省略~

立憲は自民が吹かす解散風におびえっぱなし。13日のNHK「日曜討論」に出演した立憲の福山幹事長は、不信任決議案提出について「これは空白、政治空白を起こすことですから、まずは国民生活のために国会延長して、延長すればわれわれ不信任案出さないわけですから」などとウダウダ。顔つきこそイカツイが、内心は哀願しているようなものだ。

旧国民民主党などの合流でずうたいはデカくなったが、中身は空っぽ。老練な自民に足元を見られるわけだ。立憲もシャッポを変えた方がいいんじゃないか。

【日刊ゲンダイ 2021.6.15.】

日頃から腐敗した政権を容赦なく鋭く切りつつ、野党に対しても失策や問題点を忌憚なく批判する日刊ゲンダイの姿勢はかなり共感できるけど、確かに、今回の党首討論や不信任案提出の背後にはそうした側面があったことは否めない
特に立憲は、(ジャパンハンドリングの総本山)CSISとオンライン会議を開催するなど、政党として密な関係を持つようになってきた辺りからますますおかしくなってきた(積極的にグローバリズムに手を貸すようになってきた)ようにみえるし、やはりこの国には(特に敗戦以降)「国民最優先の政治を行なおうとすると、もれなく権力を剥奪され失脚させられるシステム(売国システム)」が強力に根付いているようだ。

枝野代表、福山幹事長ら、米のアジア外交専門家マイケル・グリーン氏とオンライン会談

枝野幸男代表は17日早朝、米国・戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所⻑(アジア・日本部担当)のマイケル・グリーン氏とオンライン会談を行い、福山哲郎幹事長、亀井亜紀子国際局長、篠原豪外交・安保・主権調査会長とともに、バイデン政権における日米関係およびアジア政策について意見交換をしました。

~省略~

枝野代表は、アメリカが日本およびアジア・太平洋地域に強い関心を持っていることを歓迎し、健全な日米同盟を基軸とすることを党の綱領でうたっていることに触れたうえで、日米韓の連携、さらにオーストラリアやインドなどとの関係を含め、対話を重ねたい旨述べました。

福山幹事長は、日本の民主党政権・米国のオバマ大統領の時代に、外交諸課題の解決にあたりグリーン氏よりアドバイスをいただいたことへの謝意を表明。

~省略~


【立憲民主党 2021.3.17.】

(これまでも管理人さんが指摘してきた通り)結局は、野党側にも(1%の資本勢力の利益のための)グローバリズムが着実に浸透してしまっている上に、ヤラセや茶番に近いような構図が出来上がってしまっているってことね…。

この構図をどうにか変えていくには、国民自身が意識や考え方を180度転換させて、「1%の資本勢力の思い通りにさせないための対抗策」を講じていかないとダメだろうし、そのためには、まずは、野党支持者の人々も現在の社会システムの構造や実態をよく理解し、「グローバリズムの進行を食い止める」という明確な視点を持って、野党に対してもおかしなところはその都度厳しく指摘・批判していく姿勢を持つことが重要なんじゃないかな。

 

(謎多き)毒物カレー事件で弁護側が再審請求!過熱しきった報道が展開された裏では、子どもたちが被った深刻な「社会排除・迫害・いじめ」の実情!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事