【衝撃】加計学園獣医学部の図書館がスッカラカン!高野孟氏「図書館に本がない大学の設置認可は前代未聞」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が強引に設置認可を決めてしまった加計学園獣医学部の図書館の本棚が、見事なまでにスカスカ状態なのが話題になっている。

・ジャーナリストの高野孟も「図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞」と警鐘を鳴らしており、安倍政権や加計学園の異様さ、反知性の実態がまたも明るみになっている。

加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

早稲田大学法学部の水島朝穂教授が毎週月曜日に発信しているメルマガ「直言」は、いつも新鮮な問題意識で書かれていて、私も長年の愛読者のひとりだが、今週の愛媛県今治市「加計学園獣医学部」訪問リポートにはビックリ仰天した。なんと、管理棟3階の図書館の書架には本が一冊もないというのだ。

水島氏が職員に尋ねたところ、上階に8000冊ほどあり、年内に1万4000冊になるというので、その上階を見ると「政治や哲学などに10冊程度が並ぶだけで、あとはスカスカ。獣医学専門書はまだ一冊もなく、洋書も専門の獣医学書はまだ入っていない。いくら今は教養教育中心の1年生しかいないといっても、獣医学関係の本が揃わないで授業が始まるということ自体が異例かつ異様だ」と、水島氏も驚きの連続である。

~省略~

大学にとって図書館は命のようなもので、従って、よく知られているように、大学の新設にあたっては、図書館にどのような本がどれだけ備わっているか大学設置審議会によって厳格に審査される。本がないのに設置を認可された大学など前代未聞である。「国家戦略特区」だからこんな超法規的な優遇措置がとられたとでも言うのだろうか。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2018.7.12.】

安倍総理や加計理事長の「脳内」と一緒!?加計学園の図書館の「驚愕の光景」に言葉を失うネットユーザー続出!

出典:Twitter(@u23news)

一体どうなっているのよ、この学園は!?
せっかく高い学費を払って通学してるのに、これじゃ詐欺同然の事態じゃないのよ!!

さすが、安倍総理の大親友の加計理事長だけあって、”知の象徴”とも言える図書館もご覧の有様で、文字通りのすっからかんだ。

こんな光景を見ても、この学園の理事長は、教育者として真剣に若者たちを育てる気など全くなく、ただの金儲け目的だけで学生をダシに学園を経営していることがよく分かるね。

しかも、問題なのは、この図書館についても莫大な補助金を今治市に請求しているとの情報が出ていること、そして、数々の違反や問題点が指摘されていただけでなく、さらには本も全く無いような状態安倍政権が強引に設置認可を出すよう、文科省に圧力をかけたことだろう。

やはり、加計学園は異様でメチャクチャな学校法人であることが改めて強く感じられるし、(いつも言っていることだけど…)安倍政権やそのお友達らの前代未聞の反知性が全開となっているね。

私もいつも言ってることだけど…ほんとにもうメチャクチャだわ…!!
安倍3選がすでに権力層の水面下で決まっちゃってるせいか、マスコミも異様なまでに加計学園に触れなくなっちゃったし、やっぱり、安倍総理と加計理事長のコンビはあまりにも異常よ…!!

特権階級に飼いならされているマスコミも絶対に触れられないほどの、アンタッチャブルな”タブー”があるんだろうね。

とにかく、国民の税金を不当に吸い上げて、特権階級同士で横流しし合うシステムをどうにかしないと、永久に国民が豊かになることはないし、明治から続く”日本の闇”に直接繋がっている加計学園疑獄を今度も追及し続けていく必要があるね。

おススメ記事&広告

 
Pocket