安倍総理、ラグビーW杯観戦に出かけ大はしゃぎ!電通とともに政府が「ラグビーキャンペーン」に腐心する中、千葉の台風被災地には一度も行かず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月20日、安倍総理が、麻生財務相らとともに東京・味の素スタジアムで開催されたラグビーW杯「日本対ロシア」の試合を生観戦。試合を観ながらはしゃぐ様子がマスコミに報道された。

・ネット上では、現在も継続している千葉県の深刻な台風被災現場に一度も足を運ばないまま、ラグビーW杯に熱を上げている安倍総理に対し批判の声が殺到電通が背後で強大な利権を握っている中、ラグビーW杯日本大会が半ば”国策”と化しては、被災地対応よりも優先されている実情が浮かび上がっている。

【ラグビーW杯】「エキサイトしっぱなし」安倍首相、ラグビーワールドカップ開幕戦を観戦

安倍晋三首相は20日夜、東京・味の素スタジアムで行われたラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦(日本対ロシア)を観戦した。試合は日本が30-10で勝利し、首相はツイッターに「トライに次ぐトライで見事な大勝利。本当に素晴らしい熱戦で、ずっとエキサイトしっぱなしでした。日本代表の皆さん、おめでとう!」と書き込んだ。

~省略~

【産経新聞 2019.9.20.】

電通が背後で蠢きながら、グローバル企業が巨額の金を投じたラグビーW杯!当然のごとく安倍総理も被災地よりラグビーを最優先し、大会を必死に盛り上げ!

出典:YouTube

千葉の深刻な台風被害の現場には全く行こうとしない一方で、ラグビーW杯の生観戦にいそいそと出かけて試合を満喫した安倍総理に批判の声が殺到しているわ。
自身のツイッターにおいても、台風災害のことにはまったく触れずにここの所ラグビーのツイートばかりに腐心してるけど…なるほどね。
少し前にラグビー日本代表選手が安倍総理の元を訪れていたみたいですし、かねてより安倍政権がラグビーW杯にかなり深く入り込んでいた様子が見られるわね。

そして、先の記事でも触れたように、今回のラグビーW杯において電通が大きな権限を握っているみたいで、電通と一心同体である安倍政権が、事実上の”国策”としてマスコミを使ってこの大会を盛り上げている実情が見えてきている。

そして、会場においてもオランダの巨大ビール企業・ハイネケンが独占的に販売権を握っているみたいで、こうした話を見聞きしても、数々のグローバル企業がこの大会に莫大な金を投じている実情があることがわかる。

グローバル巨大企業に対しての「徹底した利益誘導」を行なうことで独裁的な権力を手に入れることに成功した安倍政権だし、どうりで千葉の台風災害の対応よりもこちらの方を最優先するわけだ
平たく言うと、安倍総理は、自らの権力アップや自身の野望である”憲法改悪”、そして総理をやめた後の地位固めだけなどで頭がいっぱいで、国民の苦しい生活やかけがえのない命などこれっぽっちも思っていないと言うことだ。

ほんとに、最近はそうした本音を隠そうともしなくなってきているし、それに、ラグビーを観戦している安倍総理のなんとも楽しそうなこと。

ほんとに、千葉の被災地で苦しんでいる人々のことを思うと、何とも言えない気分になってくるね。

いずれにしても、近年ますます様々なスポーツがグローバル資本勢力による「金儲け」のツールと化してきており、そして、安倍政権にとっては格好の「国民洗脳の道具」と化してきている実情を感じているよ。

Pocket

 

 関連記事