【衝撃事故】自衛隊大型車両が民家に突っ込み家を破壊!住人は外出中で無事!「出かけるのが10分遅かったら…」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月7日午前8時半ごろ、青森県おいらせ町の国道を走っていた自衛隊の迎撃システムの一部を担う大型車両が、道路を大きく外れて民家に突っ込む事故が発生。住宅を大きく破壊した。

家の住人はたまたま外出中で無事だったものの、事故を起こした車両に乗っていた男性隊員2名が負傷、救急搬送されたものの命に別状はないという。

自衛隊の大型車両が住宅に突っ込む 隊員2人負傷 青森

7日午前8時半ごろ、青森県おいらせ町二川目4丁目で、国道338号沿いにある2階建て住宅に航空自衛隊三沢基地の大型トラックが突っ込んだ。県警によると、男性隊員2人が頭などを負傷したが、いずれも意識はある。住宅の住人は留守だった。

現場では消防車やクレーン車などが出動、付近を通行止めにしてトラックに閉じ込められた隊員の救助活動にあたった。県警は、走行中のトラックが道路をはみ出して左側の住宅に衝突したとみている。

現場近くの男性は事故時について、「『ドドーン』という音とともに一瞬、家が強く揺れ、地震かと思った」と言う。

トラックが突っ込んだ住宅に住む会社経営、竹ケ原正克さん(43)は事故当時、勤務先にいたが、連絡を受けて駆けつけた。「リビングに車が入っていて、中がぐちゃぐちゃだった」。事故の数十分前に妻が子どもを保育園に連れていくために家を空けたばかりだったといい、「もし事故がもっと早くて家族が在宅だったらどうなっていたか」と話した。

【朝日新聞 2018.11.7.】

自衛隊の迎撃ミサイルシステムを担う特殊大型車両が民家に突っ込む大事故!住人は留守中で無事だったものの、住宅を激しく破壊!


出典:TBS News

青森県おいらせ町で、迎撃システムを担う自衛隊の特殊大型車両が民家に突っ込む大事故が発生しました。
事故車両に乗っていた自衛隊員2名が負傷したものの命に別状はないとの情報(詳細なケガの状態については報道されておらず不明)で、家の住人の方も幸いたまたま外出中だったために無事だったものの、およそ家の半分近くが破壊されるほどの大損害を発生させました。

これ、一歩間違えれば複数の民間人が死亡していたほどの、かなり重大な事故だと思うんだけど、さっき観ていた報道ステーションでも驚くくらいにほんの少ししか伝えておらず相当強い違和感を感じざるを得ない状況になっている。
住宅の破壊具合からして、家そのものを建て直す必要がありそうだし、迎撃ミサイルシステムを担う特殊大型車両ということで、国の予算で購入された相当高価な車両なはずだからね。

見たところ、事故現場も見通しの良い道路だし、なぜここまで道路を大きく外れて、相当な勢いで民家に突っ込んでいったのか、その事故原因についても現時点で何故か全く報道されていない状況だ。

原因を丁寧に究明した上で、二度とこうした事態を引き起こさないようにすることが絶対に必要な中で、現時点で報道そのものが非常に少ないのが気になるし、一般国民の不安を解消するためにも、もっと詳しい説明や報道が欲しいところだね。

私も同感です。
どうか安易な隠ぺいに走ることなく、もっと詳しい事故原因が知りたいところですね。

おススメ記事&広告

 
Pocket