【悲報】日本のPCR検査数、「世界最貧国レベル」だった!セネガル・中央アフリカ・ウガンダの下&カメルーンの一つ上!→ネット「もはやG7の一員を名乗るのが恥ずかしいレベル」

Pocket

どんなにゅーす?

「日本のPCR検査数が異常なまでに少なすぎる」との批判や訴えが多く出て久しい中、現在の日本の100万人当たりのPCR検査数が「世界最貧国レベル」(215か国中159位)であることが判明した。

・ランクを見ると、セネガル・中央アフリカ・ウガンダの下、カメルーンの一つ上であり、野党議員や一般国民からは「実施能力が足らないとの言い訳は通らない」「もはやG7の一員を名乗るのが恥ずかしいレベル」などの怒りの声が殺到している。

日本のPCR検査数が「アフリカ貧困国よりも下」の実情に、日本国民から衝撃&怒りの声!「こんな国でオリンピックが出来るわけがない」との声も!

出典:Twitter(@chilcochiko0121)

出典:Twitter(@rkayama)

日本のPCR検査数が異様なまでに少ないのは知ってたけど、まさか、ここまで酷い状況だなんてっ!!
もぉ、涙も言葉も出てこないし、一体この国はどこまで堕落&衰退すれば気が済むのよぉ~!!

「ウガンダよりも下」って、こりゃなかなかのパワーワードだし、経済や文明こそ一見して進んでいるように見えるものの、その根底にあるもの(国民の健康や生命を守る精神性)は、アフリカの貧しい国の政府よりも下という現状だ。

共産の志位氏は「実施能力が足らないとの言い訳は通らない」と言っているけど、こうした現状をみても、「実際には(実に非常に)簡単にできるのに、安倍政権が意図的にわざとPCR検査を拒絶している」のは間違いない
岡田晴恵教授も暗に示唆していたけど、「日本のPCR検査を何としても拡大させようとしない、(安倍総理よりも上に位置している)『巨大な黒幕が存在』している」のは間違いないし、その他の政策(GoToキャンペーンの強行など)をみても、どこからどうみても、(日本を支配している権力層は)日本国内に意図的に新型コロナウイルスを蔓延させようとしているのは明らかだ。
(その理由としては、「日本の国土や国民を実験台・モルモットにしている」可能性がある上に、安倍政権の跋扈と独裁化を通じて推し進められてきた「日本の既存の民主主義システムの破壊と”グローバル独裁国家”としての再生」のプロジェクトの一環である疑いがある。)

とにかく、この国がいかに異常な事態に見舞われているのかを客観的に認識しないといけないし、橋下氏などのグローバル資本勢力の傀儡言論人が、当初から「PCR検査を絶対に拡大させてはいけない」などのおかしなキャンペーンを張っていたことも見逃してはいけない。

こんな、ウガンダよりもPCR検査を受けられないような国に、多くの外国人が安心して来れるわけがないわっ!!
いくら日本だけがオリンピックをごり押ししようと、世界の選手団や観客が喜んでやって来るわけがないでしょうがっ!

まったくだ。
とにかく、こんな「PCR検査の拡大を妨害している巨大権力層」がいる限り、日本は欧米よりもひどい”コロナ地獄”に発展していく可能性があるし、まずは、ボクたち日本国民は「グローバル資本勢力の完全なるモルモット&奴隷」であることを客観的に認識するのが良さそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事