【ですよね】米専門家、「日本のPCR検査が少ない」「検査拡大に努めるべき」と指摘!ナゾ上席研究員「韓国やシンガポールがお手本になる」

Pocket

どんなにゅーす?

・ジョンズ・ホプキンズ大学のジェニファー・ナゾ上席研究員が日本のメディアの取材に応じ「新型コロナウイルスにおける日本のPCR検査が少ない」ことを指摘「検査拡大に努めるべきだ」と語った。

・ナゾ上席研究員は、検査に積極的な韓国や感染報告や情報共有の透明性が高いシンガポールを挙げつつ、これらの国が「日本の手本になる」としており、改めて安倍政権の日本におけるウイルス検査体制が異常なまでに貧弱すぎる実情が露呈している。

「日本のPCR検査少ない」米専門家が指摘 手本は韓国

新型コロナウイルスの感染拡大にどう対応すべきか。世界的な流行を意味する「パンデミック」に詳しい、米ジョンズ・ホプキンス大のジェニファー・ナゾ上席研究員が朝日新聞の取材に応じ、「検査をどう拡大できるかを見極める、各国の努力が絶対的に重要だ」と語った。日本の検査人数は少ないとして、「検査拡大に努めるべきだ」と述べた。

感染を判定するためのPCR検査実施人数は、厚生労働省によると日本では13日時点で1万2060人。ナゾ氏は「韓国は、現時点で約20万以上。(日本の)数字は低い」と指摘。検査に積極的な韓国や、感染報告や情報共有の透明性が高いシンガポールは、日本の手本になるとの見方を示した。

~省略~

【朝日新聞 2020.3.14.】

米国の専門家からも「PCR検査拡大に努めるべき」と提言!世界的にみても、感染実態の隠蔽が徹底されている日本の現状!

出典:NHK NEWS WEB

米ジョンズ・ホプキンズ大学のナゾ上席研究員が、「日本のPCR検査が少ない」と指摘したとのことです。
なんせ、安倍政権は、口先では「PCR検査の拡大」を繰り返しているものの、いまだに一日1000件前後なのが現状ですし、韓国と比べておよそ20分の1という実情があります。
普通に考えれば、同じくらいの数のPCR検査を行なえば、日本国内の感染数も一気に跳ね上がることになるのは明白だと思うのですが…。

この時点で、日本政府による公式発表の感染者数は、ほとんど何の参考値にもならないということが分かると思うけど…相変わらず、「医療崩壊を引き起こす」などという声がネット上に大量に流布されているし、「日本国内の感染実態を何としても隠蔽する方向」にもっていこうとする力が日本社会の内部に強烈にかかっている状況だ。

ボク自身、何も、全ての国民のPCR検査を実施しろと言っているわけではないし、韓国と同じ水準まで引き上げろと言っているわけでもない。
日本の現状は、どう考えても検査を受けるべき患者までもが検査を受けさせてもらえない状況が発生しており、「少なすぎる」という次元をはるかに超えているのが問題なんだよ。
少なからず、風邪っぽい症状が数日以上出ていたり、咳が出る症状が出ている患者に対しては、PCR検査を受けられる体制を作っていくべきだし、これが難しいのであれば、日本政府が定めている条件を満たした患者に対してだけでも、全員に素早いPCR検査を受けさせるべきだ。

海外においては、隔離すべき患者が大量発生したケースに備えて、新たな隔離施設や病院を建設する動きも出ているけど、これすら行う気配が全くないのだから、日本の安倍政権はどう考えても異常というしかないだろう。

安倍政権そのものだけでなく、ネット上に「PCR検査拡大に全力で反対するコメント」が量産されている実情も異常ですね…。
改めて、この国の特殊な性質や実態を感じずにはいられませんが、いずれにしても、大日本帝国の時代とその根本はほとんど変わっていないことを痛感している次第です。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事