NHK岩田明子氏、「イランは安倍総理の助言を重視」とまたも”ペテン”解説!総理訪問中も米・イラン間の緊張が増し、無能さを露呈!

Pocket

どんなにゅーす?

・普段から、フェイクを交えた悪質な「安倍礼賛解説」を繰り返しているNHKの岩田明子氏が、安倍総理のイラン訪問に合わせて満を持してイラン入り。今回も「ハメネイ最高指導者は安倍総理の助言を重視している」などとウソの解説を披露し、ネット上で批判が殺到している。

・実際には、米国との激しい対立のさなかにあるイランは、トランプ政権の”召使い”のような安倍政権に不満を見せており、総理訪問中に米国がイランへの新たな制裁措置を発表。これにイランも反応し、米国への敵視の姿勢を強めるなど、安倍総理は、「橋渡し役」とはほど遠い”ピエロ”のような立ち位置に陥っている。

このタイミングでイランに新制裁 米「イラクに密売」

米財務省は12日、イランの最高指導者直属の精鋭部隊「イスラム革命防衛隊」で、対外工作や情報活動を担う「コッズ部隊」に関連するイラク拠点の企業1社と関係者2人を新たに経済制裁の対象に指定した。米国とイランの緊張が高まる中、安倍晋三首相は同日、イランを訪れてロハニ大統領と会談し、緊張緩和へ仲介に乗り出したが、トランプ政権はイランに圧力をかけ続ける姿勢を示した。

米財務省の発表によると、新たに制裁を科した企業は、コッズ部隊の支援を受けるイラクの武装組織に数億ドル相当の武器を密売し、2人は密売を支援したという。今回の制裁で、同企業と2人は米国内の資産が凍結され、米国人との取引を禁止される。

~省略~

【朝日新聞 2019.6.13.】

イラン最高指導者、トランプ氏への返答拒否 安倍首相と会談

[ロンドン 13日 ロイター] – イランの最高指導者ハメネイ師は13日、同国を訪問中の安倍普三首相に対し、イランは米国と交渉するという「苦い経験」を繰り返さないと述べた。イランのファルス通信が伝えた。

安倍首相はトランプ米大統領からイラン指導部へのメッセージを預かっていたが、ハメネイ師は「トランプ(大統領)とメッセージを交換する価値はない。今も今後も返答することは何もない」と述べた。

【ロイター 2019.6.13.】

実際は、安倍総理はハメネイ氏にろくに相手にしてもらえなかった中で、岩田明子氏はまたも稚拙な「デタラメ解説」を披露!

出典:Twitter(@wanpakutenshi)

日頃から、視聴者をとことん欺く「アベヨイショ解説」を繰り返しているNHKの岩田明子氏が、(恥も外聞もなく)またもあまりに酷い「フェイク解説」を披露したのねっ!!
上のロイターの報道を見ても、「ハメネイ氏は安倍総理の助言を重視」と正反対の報道をしているじゃないのよっ!!

イラン側は、一応は安倍総理を表面的には歓迎した上で”丁重な扱い”で会談を行なった状況だけど…そもそも、現在激しく敵対している米トランプ政権の”召使い”のような安倍政権(主体性が完全にゼロ)では、米国とイランの「橋渡し役」という非常に難解な役回りをこなすことなど出来るはずもなく、実際には、金魚のフンのようにトランプにくっついているだけの安倍政権に対して、遠回しに不快感を示されたというのが現状だろう。

ていうか、NHK以外のマスコミからこうした報道が出てくるのが分かっている中で、どうして、こんな風にすぐにバレるようなウソの解説をするのだろう
いよいよ、(安倍総理の外交の破綻の露呈とともに)岩田明子氏のデタラメっぷりも白日の下に明らかになってきたし、一体いつまで「この芸風」を続けていくつもりなんだろうね。

しかも、こんなペテン師をNHK内の重要なポジションに据えて、要所で大々的に登場させているNHKそのものが「悪徳フェイク放送局」だわっ!!
私たち庶民から高い受信料を巻き上げておいて、よくもこんな視聴者を平気で騙す放送を繰り返しているものねっ!!

とにかく、国内の経済政策から外交まで、何もかもが絶望的に無能な安倍政権を一刻も早くに終了させる必要があるけど、それと同時に、NHKを筆頭とした日本のマスコミに大量に生み出されてしまった、「安倍シンパ」ペテン報道人を一掃する必要もありそうだね。
そんな中で、すでに、ネット上では岩田明子氏のペテンぶりはかなり有名になってきたし、さすがにそろそろ安倍シンパのご一行も「消費期限切れ」が近づいてきているように思えるよ。

Pocket

 

 関連記事