石破氏が「総裁選敗北」受け、派閥会長を辞任!「菅一強体制」と「グローバリズム」にあっさり屈した石破氏に失望の声!石破氏「責任をとることが私のとるべき道と考えた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年10月22日、自民・石破元幹事長が、総裁選で菅総理に大差で敗北したことを受け、自身が率いる水月会(石破派)の会長を辞任することを表明した。

・石破氏による突然の辞任劇に、党内からも驚きの声が。「安倍&菅体制」による隠蔽・捏造・改ざんが横行する政治に対し、自民党内から批判の声を上げ続けてきた石破氏の”失脚劇”に、多くの国民から失望の声が上がっている。

自民 石破元幹事長 派閥会長辞任を正式表明 総裁選の敗北受け

~省略~

自民党の石破元幹事長は、22日午後、自身が率いる石破派の所属議員を集め、臨時の総会を開きました。

このあと石破氏は、記者団に対し、「これまで総裁選挙に4回立候補し、直近の2回は石破派を中心に支援してくれる皆さんとともに戦ったが、期待に応えることができなかった。責任をとることが私のとるべき道だと考えた」と述べ、石破派の会長を辞任することを正式に表明しました。

そのうえで、石破氏は「一人一人の議員が次の選挙で議席を維持するために自分としてできるかぎりのことを、今まで以上にやっていきたい」と述べ、派閥には引き続きとどまる考えを示しました。

後任の会長については、事務総長を務める鴨下・元環境大臣を中心に議論して決めることになったということです。

一方、記者団から、次の総裁選挙への対応を問われたのに対し、石破氏は「きょうの会合では、議論していないし、私からも発言していない」と述べるにとどめました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.10.22.】

ジャパンハンドラーに繰り返し総理の座を妨害され続けてきた石破氏、ついに力尽きて失脚か!?

石破さんが、「総裁選敗北」の責任を取ることを理由として水月会(石破派)会長を辞任することを表明しましたが…それにしても、何とも不可解でモヤモヤするような辞任劇ですね。

石破氏が最も総理の座に近づいたのが2012年の総裁選だったけど、この時の安倍前総理の逆転勝利も何とも不可解・不自然なものだったし、この時の結果を踏まえても、ボク自身、石破氏はジャパンハンドラーから危険視(グローバリストに対して面従腹背で、こっそり核武装することなどを警戒されている)されているとみており、以前より、石破氏が総理になる可能性は非常に低いとみてきた。
結果として、やはりボクが予測していた通りの展開になっているし、石破氏がこの先どのような道をたどっていくのか、よくよく注視していく必要がある。
簡単にいえば、すっかり牙を抜かれて、その他の自民議員と同じような従順な「サラリーマン議員」に生まれ変わったうえで、今後も自民党に居させてもらう道を選んだのか、あるいは、今もなお総理への野心を失っておらず、「野党議員」として一から出直そうとしているのか…といった「二通りの道」があるだろう。

野党議員として再出発していくには、恐らく、自民党を出て無所属になった後に「出直し選挙」で勝つことが必要になるでしょうし、野党議員としての再出発はかなりの「いばらの道」なのに対し、「サラリーマン議員」として自民党に残る道の方が、圧倒的に楽ですね。

要は、今の日本の政界は、グローバル支配層に忠誠を誓った方が、圧倒的に楽ちんの上に、強大な権力まで手にすることまで出来て、議員からすれば「オイシイこと尽くめ」ってことだ。
だからこそ、石破氏はここまでとことん敗北し続けてきた一方で、大多数の自民議員が安倍前総理や菅総理にわらわらと群がっているわけだし、いよいよ石破氏もこれらの「売国サラリーマン議員」の一員と化してしまうのかどうか、今後の動向をよくみていく必要がありそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事