■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

自民総裁選、石破元幹事長が不出馬で調整か!河野氏支援に回る可能性!→河野氏と高市氏で総理の椅子を激しく争う展開に!?

自民総裁選、石破元幹事長が不出馬で調整か!河野氏支援に回る可能性!→河野氏と高市氏で総理の椅子を激しく争う展開に!?
Pocket

どんなにゅーす?

・自民党総裁選において、これまで出馬の可能性が取り沙汰されていた石破茂元幹事長が出馬しない方向で調整していることが報じられた。

・一部報道によると、石破氏は河野行革担当相の支援に回る可能性があるといい、世論調査などで人気が高い河野氏と、安倍・麻生両氏の支援を得ている可能性が報じられている高市前総務相とで総理の椅子を激しく争う展開が予想される。

【独自】石破氏、河野氏支援を検討 不出馬で調整

自民党の総裁選挙を巡り、石破元幹事長が河野行政改革担当大臣を支援する方向で検討していることが分かりました。石破元幹事長自身は立候補を見送る方向で調整しています。

石破元幹事長周辺によりますと、「石破氏が出馬するよりも河野大臣を支援する方が自民党の改革につながる」などの意見が派閥内から複数出ていて、今回の総裁選は河野大臣を支援する方向で検討を進めているということです。

~省略~

【テレ朝news 2021.9.6.】

高市早苗氏まさかの自民新総裁“爆誕”も タカ派人気とアベ・ファーストで現実味

~省略~

安倍前首相の支援を得た高市氏は5日、推薦人20人の確保にメドが立ったとして出馬の意向を固めた。既に岸田文雄前政調会長が出馬を表明したほか、世論調査で人気が高い河野太郎大臣が意欲を示し、石破茂元幹事長も出馬を模索。高市氏に勝機ナシかと思いきや、そうでもないのが、今の自民党の恐ろしさだ。

「高鳥修一衆院議員が代表世話人を務める『保守団結の会』や、青山繁晴参院議員が代表の『日本の尊厳と国益を護る会』など、保守系グループがサポートし、既に50人前後の議員からの支持を期待できる状況だ。決して“泡沫”ではない」(自民党関係者)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.9.6.】

石破氏不出馬の見通しが強まったことで、「岸田・河野・高市」の3つ巴の構図が明確に!(岸田はピエロ役か?)

様々などす黒い陰謀や思惑が渦巻く自民党総裁選ですが、石破元幹事長が出馬しない可能性が報じられています。
石破氏は河野氏を支援する方向に動いているとのことで、形としては、「岸田・河野・高市」の3つ巴の構図になりつつあるという感じでしょうか。

ボク自身も、ずっと前から(ジャパンハンドラーから信頼を得られていない)「石破氏が総理になることはない」と予測し続けてきたけど、やはり今回もそんな展開になってきたね。
こうなると、いよいよ、大手マスコミが異常に持ち上げては世論調査でもやけに人気が高い河野氏と、安倍・麻生両氏からの支援を得ている可能性があるうえに、長州テロリスト一族を信奉しているグローバルカルト勢力が全力で応援している高市氏が激しく争う展開になっていくようにみえるね。
(ちなみに、岸田氏はいわゆる「ピエロ役」で、これまで石破氏が演じてきたような「ガス抜き要員」を演じていくのではとみている。)

そうなりますと、河野氏を石破派に加えて二階派が支援し、高市氏を清和会勢力(安倍派)と麻生派が支援する構図になっていくかもしれませんね。

麻生派がどこまで高市氏を支援するのかはまだはっきりしていないけど、大体そんな感じになっていくのかな?
現在見えているビジョンとしては、大手マスコミがヨイショしまくっている上にCSISからも一定の信頼を得ていると思われる河野氏が若干有利なのではとみているけど、(日刊ゲンダイが報じているように)今後の情勢によっては高市氏が勝利する可能性も大いにあるだろう。
まあ、どちらが総理になっても日本の劣化と崩壊がますます進んでいってしまうのは目に見えているけど、果たしてどうなっていくのかな。

どちらにしましても、「マスコミの悪質な洗脳報道で新政権支持率爆上がり→衆院選で自民勝利」というグローバリストによるシナリオを達成させてしまった時点で、日本のさらなる崩壊は確実となります。
したがいまして、誰が新総理になっても、これまでの菅政権による「国民虐殺政策に全面的に加担した責任」を徹底的に批判し、次の選挙で自民党を大敗させることが、日本再生のための”最低条件”であるといえそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事