【異常】「表現の不自由展」に対する愛知県への脅迫メール、770件に達する!警察は全ての被害届を受理!

Pocket

どんなにゅーす?

・慰安婦問題を扱った少女像の展示などをめぐって、多くの非難が殺到し中止に追い込まれた「表現の不自由展」について、「県施設等にガソリンをまいて着火する」「県庁職員らを射殺する」などと書かれた脅迫メールが、愛知県に770件も届いていたことが判明した。

県は、威力業務妨害容疑で警察に被害届を提出。全てが受理されたという。

不自由展、愛知県に脅迫メール770通 職員射殺予告も

企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)をめぐり、愛知県は14日、「県有施設等にガソリンを散布して着火する」などと書かれた脅迫メールが9日までに770通届いたと発表した。東署に威力業務妨害容疑で被害届を提出し、すべて受理されたという。

~省略~

【朝日新聞 2019.8.14.】

「サリンとガソリンをまき散らす」など脅迫メール770通、愛知県が被害届提出 「表現の不自由展」巡り

~省略~

脅迫メールは5~9日にかけて、実行委や県庁の各部署などに届いた。メールには「県内の小中学校、高校、保育園、幼稚園にガソリンを散布し着火する」「県庁職員らを射殺する」などと書かれていた。5日には、県トリエンナーレ推進室に同一のメールアドレスから144通の脅迫メールが届いたという。

~省略~

【毎日新聞 2019.8.14.】

「職員らを射殺する」「サリンとガソリンをまき散らす」などの脅迫メールが愛知県に770通!グローバルカルト教団などの政治勢力と繋がる”地下組織”が関与か?

出典:YouTube

表現の不自由展を開催した愛知県に対して、なんと770通もの脅迫メールが届いていたことが判明したわ。
「職員らを射殺する」とか「サリンとガソリンをまき散らす」とか、明らかにまともな人間が送るようなメールじゃないし、これは、反社会的な組織が関与している可能性があるんじゃないかしら?

そうだね。
毎日新聞によると、同一のメールアドレスから1日で144通もの脅迫メールが届いたとのことだし、これは、「その手のプロ」による仕業の可能性があるだろう。

つまり、日本の憲法や民主主義を破壊した上で、社会を混乱に導こうとしている”勢力”が、プロを雇って脅迫行為を行なっている可能性があるってことだ。

例えば、河村たかし名古屋市長や維新の松井一郎大阪市長も、今回の展覧会を中止させるべく、あからさまに「最大限の圧力」をかけているし、ワイドショーのコメンテーターまでもが、テロ予告犯よりも先に主催者側を非難するようなコメントを展開しているけど、こうした動きが発生しているのも、安倍政権自体が、自政権の数々の外交失策や経済の悪化から国民の目を逸らすべく、「日韓の衝突」をより激化させたい思惑があるからだ。
こうした背景を考えると、やはり、今回の脅迫事件の背後には、安倍政権と深い関わりを持つ、統一教会をはじめとしたグローバルカルト教団や、それらと近しい暴力団関係組織が絡んでいる可能性があるものと考えるのが自然なんじゃないのかな。

ネット上では、余命ブログを発端とした「弁護士大量懲戒請求事件」を想起している人が多いみたいだけど、今回の件は、それらよりもさらに悪質性の高い、れっきとした「テロ予告」という凶悪犯罪だわ。
即刻で警察に逮捕されては厳しい刑罰を受けるリスクが伴う意味でも、これは、そこらの素人とは異なった、政治的な勢力とも繋がっている”地下組織”が関わっている可能性があるんじゃないかしら。

とにかく、脅迫が寄せられた件数も桁違いだし、今回の件については、マスコミも大々的に「異例の大規模テロ予告事件」として扱うべきだろう。
しかし、その割には、やけにマスコミの扱いが小さいのが気になるし、こうした動きを見ても、安倍政権やその上にいる支配勢力にとって「この事件を極力大きくしたくない思惑」が存在していることがうかがえるね。

これらの背後関係を見ても、警察がどこまで本気で捜査するかが不透明だけど、現代の追跡技術があれば決して難しい案件じゃないでしょうし、果たして、今後どこまで警察がきちんと捜査してくれるのか、状況を見守っていこうと思うわ。

Pocket