安倍政権、「現金一律給付見送り」の方針!代わりに「和牛商品券」や「旅行代金の一部助成」などを検討!どこまでも「お友達救済最優先」の安倍政権に、国民から怒り殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界各国が手厚い現金支給策を素早く打ち出している中、日本の安倍政権は、「一律での現金給付策」を見送る方針で調整に入ったという。

・代わりに、「和牛商品券」「旅行代金の一部助成」などを検討しているとの報道が出ている中、国民からは、安倍政権の「身内の利権最優先」の姿勢に怒りの声が噴出。改めて、対応が極めて遅い上に、1%のグローバル資本勢力や身内の業界団体などを最優先に厚遇する安倍政権の”棄民体質”が露呈している。

<新型コロナ>一律現金給付、見送りへ 緊急経済対策

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で検討している現金給付で、全国民に一律で配る方式を見送る方向で調整に入ったことが二十四日、分かった。所得制限を設けるといった線引きを実施する見通しで、配布する金額とともに今後の焦点となる。消費拡大に実効性のある方法を模索しており、商品券の配布も検討する。

~省略~

世界的な金融危機のリーマン・ショック後に実施した二〇〇九年の対策では、一人当たり一万二千円の「定額給付金」を配布した。今回はリーマン時を上回る金額が想定され、与党内からは五万円といった思い切った金額が必要との声が出ている。

また現金給付に加え、消費を喚起するため商品券やクーポン券の活用も検討する。観光客の減少などで売り上げが落ち込んだ外食や旅行での使用を想定するが、新型コロナ終息前に実施すると感染拡大を招くリスクもあり、実施時期など詳細を詰める。

~省略~

【東京新聞 2020.3.25.】

[新型コロナ] 和牛消費へ商品券 経済対策自民が検討

自民党が検討している新型コロナウイルスの感染拡大に伴う農業分野の経済対策の骨格が24日、判明した。和牛などの需要を喚起するため、購入を促す商品券を発行。肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)の負担金免除、花きの次期作支援、人手不足解消に向けたスマート農業の推進などを盛り込む方向だ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日本農業新聞) 2020.3.25.】

政府、コロナ対策30兆円規模に
消費減税見送り公算、旅行代助成

政府、与党は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で、国の財政支出をリーマン・ショック後の対策の15兆円を上回る金額とし、民間支出も含めた事業規模を30兆円超にする方向で調整に入った。大規模な2020年度補正予算を編成する。国民への現金や商品券の支給のほか、外食や旅行代金の一部を国が助成することを検討。中小企業の資金繰り支援も強化し、事業継続や雇用維持を支援する。財源には赤字国債の発行を検討する。

~省略~

【共同通信 2020.3.22.】

「旅行費用の一部助成」に続き、今度は「和牛商品券」が登場!「遅すぎ」「ケチすぎ」「お友達の利益再優先」の安倍政権に、国民怒りの声噴出!

安倍政権が、現金一律給付を見送る方針を固めたことが判明。国民から怒りの声が殺到しています。
さらには現金給付をひたすら渋っている代わりに、「旅行費用の一部助成」や「和牛の商品券配布」など、いつもの自民党の利権体質が丸出しに。まさに、「真の国民の利益」はほとんど眼中にない安倍政権の本質が見事なまでに露呈しております。

海外の先進国の間では、生活していくのに十分な一律現金給付や一時的なベーシックインカムの案もあがっている状況だというのに、日本の場合は「はした金額の現金給付」すらグズグズしているうえに、「旅行や外食の一部助成」やら、しまいには「和牛商品券」の案が登場する始末だ。
さすが、国民の利益よりも、一にもに二も「自分たちとお友達の金儲け」を最優先する安倍政権らしい話だし、まさにすがすがしいまでの「棄民ぶり」だ。

この記事においては、全国旅行業協会の会長が二階幹事長であることを紹介したけど、恐らく、和牛業界からも何かしらの要請や陳情を受けたのだろう。
言うまでもないけど、和牛用の商品券をもらっても、和牛しか手に入らないし、当たり前のことだけど、商品券を給付されても、ローンの返済もできなれば、家賃や水道代や光熱費を払うこともできない
これでは、多くの国民の生活や命がますます危機的状況に陥ってしまうし、「本気で日本国民を殺しにかかっている」と言われても仕方ないような事態だ。

この政権の、正気の沙汰とは思えない”棄民性”にはただただ驚かされるばかりですが、こんな安倍政権が、いまだに大手マスコミにおいて安定的な高支持率を維持し続けていることの方がもっと信じがたい事態かもしれません…。

ネット上ではご覧のように怒りの声が殺到しているというのに、大手マスコミは一体「どこの日本国民」を調査しているのだろう?
これこそ、「真性奴隷国家」の本領発揮だし、このままでは、大量の日本国民が(自らの”意志”によって)死んでしまうような事態に発展する可能性が高い。

ボクが懸念している通り、いよいよ日本国内においても、新型コロナの猛威を隠すことが出来ないような段階に入ってきたようにみえるし、「本当のカオスと破滅はこれから」であると考えるのがいいのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事