【やっぱり】元旦の各地で多くの人ごみが発生!菅総理や小池知事の呼びかけも全く効果なし!?渋谷にも若者たちが集結!→ネット「これじゃさらに感染拡大する」「溜息しか出ない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月1日の元旦、新型コロナの深刻な感染拡大により菅総理や全国の自治体が「自宅でのお正月(ステイホーム)」を強く呼びかけている中、日本各地で多くの人ごみが発生した。

・鉄道各社が終夜運転を取りやめたにもかかわらず、渋谷には多くの若者らが集結し、例年初詣客でにぎわう神社においても各地で”密状態”が発生ネット上では、この事態に頭を抱える人々が続出しており、呆れる意見や怒りの声があがっている。

渋谷スクランブル交差点は今年もカウントダウンで大混雑 警察出動もカオス状態に

~省略~

渋谷区では、恒例で行われてきたカウントダウンイベントの中止を決定。長谷部健渋谷区長も、ステイホームを呼びかけていた。しかし、しらべぇ取材班がカウントダウン直前に渋谷スクランブル交差点を訪れたところ、現地は想像を絶するカオス状態だった。

~省略~

また、現地にはさまざまな国の出身と思われる外国人の姿が目立った。中にはハチ公像周辺の生け垣に乗って周囲を撮影する人たちも。集団で来ている人が多く、大声で会話をしていたが、大半がマスクを着用していたことだけが救いだ。

~省略~

電車の終夜運転が行われないため、終電間近の時間ということもあり、繰り出しているのは大半が若い世代のグループやカップルだ。彼らには新型コロナウイルスが重症化しづらいとも言われており、ステイホームを強いられることが大きなストレスになっていることがうかがえる。

【しらべぇ 2021.1.1.】

やはり今年も各地で大量の人ごみが発生!「終夜運転中止&全ての店が閉店&消灯」のレアな事態に、若者たちの好奇心を余計に刺激させてしまう結果に!

出典:Twitter(@YAKITORIpotti)

やはり「このような事態」になってしまいましたか…
菅総理や小池都知事らによる呼びかけもむなしく、今年も各地で多くの人ごみが発生
どうやら、鉄道各社の終夜運転取りやめなどの効果も限定的なものだったようですね。

むしろ、「終夜運転中止&全ての店が閉店&大型ビジョンも全てが消灯」といった、これまでになかった「レアな光景」が若者たちの好奇心にますます火をつけてしまったようで、結果、多くの人々の外出をかえって促してしまったようだ。

現在、すでに東京・大阪などの大都市を中心として「事実上の医療崩壊」が始まっている中で、ネット上では、すでに心身ともにとっくに限界点を超えてしまっている中でも必死に患者の命を救う仕事を続けている医療関係者の人々の心情を慮っては、好奇心や面白半分で外出している人々への怒りの声が噴出しているけど…結局、この事態を招いてしまった最大の元凶は、まるで実効性のあるコロナ対策を行なおうともせず、むしろ、感染者をより多く増やしていくことに繋がる「GoToキャンペーン」ばかりに力を入れてきた安倍&菅政権であり、本来であれば、人々の怒りや抗議の矛先は、これらの腐敗しきった政治権力に向けていくべきだ。

政権与党がせめて「国民の命を第一に守る」との最低限の意識さえ持っていれば、ここまで日本国内で感染が広がることはなかったでしょうし、国内の医療関係者が心身ともに大きく追い詰められる事態になるようなこともなかったでしょう。

一番恐ろしいのは、お正月が終わって、通常の生活に戻った時であり、すでに大晦日に「過去最大級の感染数」が出た中で、想像を超えるほどの数値が発表される可能性がある。
とにかく、日本政府そのものが「国民の健康を守る気が全くない」中で、各自で感染しないための出来る限りの防御策を行なう他ないし、くれぐれも、今年のお正月は人混みができやすい場所には行かないようにして、とにかく「健康・命を最優先に守る行動」を徹底していくようにしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事