■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

八代弁護士、「ひるおび」で「共産党は『暴力革命』を党の要綱として廃止していない」と発言!→TBS「発言は誤りでした」次回放送で謝罪へ!

八代弁護士、「ひるおび」で「共産党は『暴力革命』を党の要綱として廃止していない」と発言!→TBS「発言は誤りでした」次回放送で謝罪へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月10日、これまでも自公政権を擁護する発言が目立っていることで知られてきた八代英揮弁護士が、野党4党が共通政策を締結した話題の中で、「共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してませんから。よくそういうところと組もうという話になるな、と個人的には思います」などと野党を非難。同日に、共産党の志位委員長が「事実無根の卑劣なデマは絶対に許せません」と、八代氏の発言が悪質なデマであるとTwitter上で怒りをあらわにした。

・共産党からの抗議を受け、TBSは「共産党の綱領には記載がなく、発言は誤りでした」と八代氏の発言がデマだったことを認めるコメントを発表。次回の同番組内で謝罪対応が行なわれると見られている。

TBS「発言は誤りでした」共産党めぐる八代弁護士のひるおびでの見解に

TBSは同局系情報番組「ひるおび!」(月~金曜午前10時25分)の10日放送で、レギュラーMCの八代英輝弁護士が共産党について発言した内容について、同日「発言は誤りでした」などとするコメントを発表した。

番組では、衆院選での野党共闘の話題を取り上げた際に、八代弁護士が「志位委員長がつい最近、『敵の出方』という言い方をやめようとは言ってましたが、共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してませんから。よくそういうところと組もうという話になるな、と個人的には思います」と、共産党と連携する可能性がある野党について言及していた。

同局は、八代弁護士の発言について「共産党の綱領には記載がなく、発言は誤りでした」とコメント。共産党に対して「真摯(しんし)に対応して参ります」と今後の対応を示した。また番組での対応については「月曜日の放送で対応することになります」と回答。関係者によると、月曜日の放送で謝罪するとみられる。

~省略~

【日刊スポーツ 2021.9.11.】

早速始まった、公共の電波を通じての「(デマをも用いての)野党共闘潰し工作」!先陣を切ったのは、これまで数々の「腐敗権力礼賛発言」で市民に害をもたらしてきた八代弁護士!

出典:Twitter(@monbran)

「共通政策の締結」により野党共闘の第一歩を踏み出すことができた中、これを大手マスコミが放っておくはずがないとみていましたが…やはり早速始まりましたね

さすがは、これまでもメチャクチャな安倍擁護や野党叩きを繰り返してきた八代弁護士だし、官邸や自民党などから裏金を受け取ってるとしか思えないほどの酷さだわっ!!

おまけに、上の動画を観ると、八代氏の隣にはあの田崎スシロー氏が座っちゃってるし、「ひるおび」ってまさに、ウソ吐き&ペテン師の巣窟番組だね。
(前にもどこかの記事で述べたと思うけど)民主党政権崩壊以降、自民党による「一強独裁状態&既存民主主義システムの破壊」がここまで急速に進んでしまったのも、この背後にグローバリストによる「謀略」が存在していることは明らかであり、グローバル資本勢力が(新世界秩序構想の実現のために)日本の野党を大きく弱体化させ、議会制民主主義や三権分立さらには選挙制度の形骸化や破壊を推し進めていくために、大手マスコミやネットを使って日本国民を扇動&洗脳してきたことが非常に大きい。
こうしたジャパンハンドラーによる「日本のテコ入れ」が進められてきた結果、テレビにおいては、「とにかく自民政権を賛美する」「とにかく野党をディスりまくる」コメンテーターこそが優先的に番組で起用されるようになり、逆に「日本国民に寄り添った社会的な信念や通念に基づいたコメント」を行なうコメンテーターが次々とテレビから姿を消すようになっていったわけで、そういう意味では、八代弁護士は「非常に有能なコメンテーター(工作員)」ということになるだろう。
(いや、こんな風にあまりに明確なデマで批判殺到しているところを見ると、逆に「無能でダメな工作員」ということになるかな?)

どっちにしても、これまでも腐った権力を無理やりに擁護する発言を繰り返して、国民に甚大な害をもたらしてきた以上、今回のデマ発言を機に八代氏をクビにすべきですし、それが出来ないのだとしたら、TBSもグローバル資本勢力の傀儡放送局同然だわっ!

(中には市民にとって有益な報道をしている番組もあるけど)残念ながら、局全体で見ると、日本の全ての大手テレビ局がグローバル資本勢力の傀儡なのが現状だし、そもそも、電通そのものがもろフリーメイソンだからね…。

いずれにしましても、(日本の破滅をどうにか食い止めるor遅らせる可能性を秘めている)野党共闘がこの先もスムーズに進んでいくはずがありませんし、この先も公共の電波を通じて(デマの流布を含めた)様々なネガティブキャンペーンが行なわれるのは確実である上に、政界内においても(ジャパンハンドラーの傀儡議員による)破壊工作が展開されるのは間違いないでしょう。

全く同感だ。
とりあえず、きたる月曜日の放送で一体どんな謝罪対応が行なわれるのか、よく見ていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事