新型肺炎”ずさん対応”の背後に、中国から「大ごとにしないで」との要請!国民の生命よりも「中国政府の意向」を最優先する安倍政権の売国ぶり!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナウイルスの感染が日本国内に着実に広がっている中、海外と比べて安倍政権が中国からの渡航者をほとんど制限しなかった背景に、中国政府からの要請があったことが分かった。

・時事通信によると、習近平主席を国賓としての招待を控える中、中国側から日本政府に「大ごとにしないでほしい」との要請があったといい、安倍政権が日本国民の生命や健康よりも中国政府の意向を最優先させていた疑いがより強まっている。

政府、広がる批判に焦り 「水際で失敗」、支持率に影―新型肺炎

新型コロナウイルスによる肺炎への政府対応に批判が広がっている。安倍晋三首相が先頭に立って取り組んだ水際対策は奏功せず、国内で感染が拡大。横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に対する措置でも、乗客乗員を船内にとどめ置いた判断が「かえって集団感染を悪化させた」と指摘された。

~省略~

政府は当初、発熱症状や中国・武漢市への渡航歴、武漢滞在者との接触がある人らをウイルス検査の対象にしていた。ところが2月に入り、感染経路の分からない感染例が続出。首相側近は「1月時点で中国人全ての入国を止めるしかなかったが、もう遅い」と頭を抱えた。
政府関係者によると、習近平国家主席の国賓来日を控えて中国側から「大ごとにしないでほしい」と要請があったといい、これも後手に回った要因だとみられる。

~省略~

【時事通信 2020.2.19.】

安倍総理、トランプだけでなくすっかり習近平のポチに!自らの保身と権力維持のために、迷わず日本国民をたたき売り!

出典:YouTube

一体どうなっているのよ、これはぁ~!!
この話が本当なら、安倍総理は日本国民の命や健康よりも、中国政府のメンツや意向を最優先させたってことじゃないのよっ!!

まさか、トランプだけでなく、ここまで習近平のポチになっていたとはね。
当サイトでも、この記事において、「日本政府は(中国政府からの要請で)中国人の避難場所を”提供”している」可能性を疑ったけど、どうやらこの見立ては正解だったようだ。

ウイルス拡散の初期段階において、世界各国が素早く中国からの渡航を厳しく制限したのに対し、日本の安倍政権は、どうみてもわざと「ゆるゆるな対応」で、中国からの渡航者をどんどん日本の中に引き入れるような動きを見せていたけど、やっぱりという感じだね。

とにかくも、この連中は日本史上最悪の売国集団なのは間違いないわっ!!
そのせいで、私たちがここまで新型ウイルスの不安や恐怖と本格的に向き合わないといけなくなってしまったし、この事態を作り出した責任をどうやってとってくれるのよっ!?

この、長州テロリスト一族(安倍一派)は、明治維新の時からグローバリストに”売国”することで日本国内で特権を得てきた集団だし、その本質がここ最近ますますむき出しとなっている。
こんな安倍政権が、新型コロナウイルスをこれ以上の感染拡大防止などできるわけがないし、いよいよ、ボクたち日本国民は、この「真性売国政権」を野放しにしてきたとんでもないツケを払わされることになるかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事