【カジノ贈収賄】秋元議員逮捕受け、野党が「カジノ禁止法案」提出へ!閉会中審査開催も要求!ネット「要するに、安倍政権はワイロのために強行採決したってことか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年12月25日、「カジノ贈収賄事件」で元自民・秋元司衆院議員が逮捕されたことを受け、野党が「カジノ禁止法案」を提出する方針を固めた。

・立憲民主の安住国対委員長は、「多くの国民はIRを胡散臭く思っている」「日本にカジノはいらない」と、自民党が海外のカジノ企業と癒着し巨大な利益を得ていた実態を批判。「桜疑獄」で多くの国民の不信を買った安倍政権にとっても、甚大な打撃を受けることが避けられない情勢となっている。

立憲・安住氏「多くの国民はIRうさんくさく思っている」 野党でカジノ禁止法案提出の方針

立憲民主党の安住淳国対委員長は25日、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡り、自民党の秋元司衆院議員が収賄容疑で逮捕されたことを受けて「多くの国民はIRをうさんくさく思っている。次の国会で大きな争点となる。日本にカジノはいらない」と述べ、野党間でカジノ禁止法案をまとめ、来年の通常国会に提出する方針を明らかにした。

~省略~

【毎日新聞 2019.12.25.】

「秋元議員逮捕」を受け野党が攻勢強める中、早速、安倍工作員による野党中傷の”ペテンコメント”が大量出現!

「カジノ贈収賄事件」で秋元議員が特捜に逮捕されたことを受けて、野党が「カジノ禁止法案」を提出する意向を固めたとのことよ。
これまでも、多くの国民が反対してきた「安倍一派ゴリ押しのカジノプロジェクト」だけに、安倍政権にとってはかなりの打撃となるのは間違いなさそうだけど、ネット上はといえば、早速安倍一派のカルト工作員さんが大量出動
様々な「騙しコメント」を大量に流布していて、あの手この手で野党を中傷している有様だわ。

例えば、「なぜか中国企業への利益誘導については野党が全く批判をしない」とか、「パチンコとズブズブな野党は、カジノばかりを批判してパチンコを禁止しようとしない」みたいな趣旨のコメントが大量にTwitter上に投下されているけど、これらはいずれも、思わず笑ってしまうほどのあまりに稚拙な工作コメントだ。

そもそも、安倍政権が血道を上げてきたカジノプロジェクトそのものに、パチンコ企業が大々的に参入している上に、これまで、自民や維新の議員がカジノ参入を目論むパチンコ企業から多額の献金を受け取ってきたことが分かっているし、第一、自分たちが”神”のように崇拝している安倍総理自身が、「カジノ解禁」を機にますますパチンコ企業とズブズブに癒着しているではないか。

安倍首相と政府関係者、カジノ参入のパチンコ大手セガサミーとの“親密すぎる関係”

~省略~

今年の通常国会で再提出される見通しだが、こうした動きの中で、安倍首相と親交のある里見治氏が会長兼社長を務めるセガサミーホールディングス(HD)はカジノ運営に本格的に進出した。

昨年11月、ゲーム・パチンコメーカー大手セガサミーHDは、韓国カジノ最大手パラダイスグループと合弁で、統合型リゾートに進出した。韓国初の大規模IRは2017年上期の開業を目指す。建設予定地はソウル近郊の仁川国際空港から数分の場所で、東京ドーム4個分以上(20万3000平方メートル)の敷地に外国人専用カジノ、五つ星の高級ホテルのほか韓流エンターテインメント施設、国際会議場、スパ(温浴施設)などを備える。第1期の投資額は約1380億円だ。

~省略~

その安部首相に政権交代前から接近していたのが里見氏だ。下野して支持基盤が弱くなる中で支援者を求めていた安倍氏と、政界へのパイプを欲しがっていた里見氏の思惑が一致。政権交代後にも里見氏と安倍首相は複数回会合をもっている。

東京五輪が決定した1週間後の13年9月16日、ホテルオークラ東京で、里見氏の娘、有紀恵さんと、経済産業省のキャリア官僚である鈴木隼人氏の結婚披露宴が盛大に行われた。披露宴には安倍首相を筆頭に、首相経験者2人を含む多数の政治家が集まった。こういった席にはめったに顔を出さない小泉純一郎元首相も出席した。安倍首相、小泉元首相は、披露宴に出席した森喜郎元首相が会長を務めた派閥「清和会」のメンバーであり、里見氏の政界人脈は清和会と関係が深いことを見せつけた。

昨年1月に日本版NSC(国家安全保障会議)の国家安全保障局初代局長に就任した谷内(やち)正太郎・内閣特別顧問も、セガサミーの顧問に就いていたことがある。谷内氏は安倍首相の外交・安保のブレーンである。「週刊文春」(文藝春秋)が13年に里見氏と安倍人脈との密接な関係を報じたが、それによれば里見氏の知人が経営する東京・赤坂の高級韓国クラブに谷内氏は出入りしており、その交遊はかなり古い時代からのものだという。さらに谷内氏はセガサミーのゲーム機の中国への輸出解禁にも尽力していると報じられた。

~省略~

【Business Journal 2015.1.4.】

そもそも、安倍総理の地元・下関の豪邸が(地元パチンコ企業によって建てられた)「パチンコ御殿」と呼ばれていることは、今や周知のとおりですし、すでに安倍一族がパチンコ業界などの朝鮮勢力とズブズブなのは、完全にバレバレになってるのにね。

安倍総理を教祖のように持ち上げては、韓国との「プロレス外交」をどんどん支持して”嫌韓風潮”を盛り上げているのも、統一教会を中心とした、日米韓を股にかけたグローバルカルトネットワークだし、全てが、グローバリストが日本に施している「壮大なペテンの手口」というわけだ。

安倍政権が”傷だらけ”になってきている今こそ、野党は「5%減税」で一致団結して選挙を戦う準備を!

ネット上では、今回の逮捕劇を受けて、安倍総理が年始に解散総選挙を仕掛けてくる可能性に言及する声が出てきているけど、上のツイートで盛田隆二氏が指摘しているように、「安倍政権批判のみ」で結集しても野党が選挙で勝利するのは難しいし、最低でも「5%減税」で一致団結しない限り、政権交代はおろか、野党が躍進することも難しいだろう。

野党第一党の立憲・枝野代表も、すでに、結党当時の期待や人気を相当なまでに失ってきているのが現状だし、彼がもう一度浮上するには、「New枝野」として、これまでの”どっちつかず”な態度を改め、減税を中心にした「国民支援策」を大々的に掲げていくほかない
その上で、先の参院選以降、様々な話題を振りまいては高い人気を維持している山本太郎氏をフィーチャーした上で、シンプルでわかりやすい「解決構図」と、国民が大きく賛同するような「家計支援策」を打ち出して、「新しい野党の姿」を強力に示していくことが絶対条件だ。

そのためにも、今最も注目を浴びている山本太郎さんの存在は必要不可欠ですし、ここまでとことん腐りきっては、身内のお金儲けしか頭にない安倍政権と「最も対極」に位置していることを全面的にアピールしていかないといけないわ。

安倍政権がかなり傷だらけになってきている今こそ、野党は万全の準備と強力で魅力的な政策を掲げて一致団結すべきだし、国会での厳しい追及と並行して、いつでも万全のコンディションで選挙を戦っていけるための準備を急いで進めていく必要があるといえるだろう。

その通りだわ。
年末に待っていた、特捜による安倍政権の有力議員の逮捕によって、永田町も一気に騒がしくなってきたし、今後の安倍政権と政局の行方をじっくりとウォッチしていこうと思うわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事