【ヤバイ】19年度から5年間で防衛費27兆円の”大幅増”!現行より2兆円以上も増加!ネット「こういう時こそ『財源はどこ?』って言おうよ」→多くの賛同の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が、防衛費について、2019年度から5年間で、現行を2兆円以上も上回る27兆円を投じることで調整に入ったと報じられた。

米トランプ政権から大量の高額装備品購入を迫られていることが伝えられる中、安倍政権による「兵器爆買い」にネット上では怒りの声が殺到「こういう時こそ『財源はどこ?』って言おうよ」との痛切な声に、多くの賛同が相次いでいる。

防衛費総額、5年で27兆円へ

政府は、今後の主要装備品を含む経費総額が示される次期中期防衛力整備計画(中期防)を巡って、2019年度から5年間の防衛予算総額を27兆円台とする方向で調整に入った。中期防単位では現行(14~18年度)の約24兆7千億円から2兆円超の大幅増となる。政府関係者が8日、明らかにした。

今後、政府は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」など米国からの高額装備導入を進める。防衛予算拡大への懸念が強まりそうだ。

防衛費増の背景は、トランプ米政権による高額装備品の購入圧力があるとみられる。

【共同通信】

【ロイター 2018.12.8.】

安倍政権による、アメリカ様(軍産資本)に利益誘導するための”売国”がさらにエスカレート!日本の防衛企業に「支払い延期」を要請する中、ますます兵器を爆買いへ!

安倍政権による、国家財政が危機に陥るほどの「兵器爆買い」がエスカレートしている中、「こういう時こそ、『財源はどこ?』って言おうよ」との声に賛同の意見が相次いでいます!
確かに、マスメディアでも、「国民に富を分配する政策」に対しては「財源」をことさらに問う報道が目立つ中、こうした「グローバル資本を潤わす政策」については、財源に触れないケースが目立つように感じますね。

前にも述べたように、国家や国民を守るために計上する防衛費こそ、”国のお財布”とよく相談して計画的に投じるべきであり、防衛費の異常な増大によって、国内防衛企業への「支払い延期」を要請するほどに巨額のローンを抱えて「国家が倒れる危機」に陥るなんて、これこそ本末転倒もいいところだ。

社会保障の充実をはじめとした、国民を支援するための政策ほど「財源」を強く問うというのは、まさしく、グローバル資本勢力によって作られた「国民洗脳の最たるもの」であり、ネットでも指摘が出ているように、本来であれば、(現代社会の頂点に君臨している)グローバル資本を潤わす政策(軍事品購入や海外バラマキなど)ほど、より強く「財源」を問うというのが、国民にとっては正しい思考なんだよ。

しかし、相変わらずネット上では、「日本を守るためにはこんなの安いくらいだ」との声も相次いでおり、「愛国者」を騙ったグローバル資本の”使用人(または奴隷)”のような人々が大量に存在しているように見受けられます。

こういう手合いの人々は、各国の世論や政治などをコントロールしながら、兵器や防衛品などの軍需品で多額の儲けを得ている「グローバル軍産資本勢力」の存在を意図的にネグった上で、「国同士が勢力や覇権を争っている」との”太古の戦争の構図”を前提にミスリードを展開している点で共通している。

今の世の中は、「グローバル資本主義」の下で、国家・国境を超えた巨大なグローバル企業が世界的に兵器ビジネスを展開しており、日本の政治家も、こうした軍産資本に利益誘導することで強力な利権や権力を確保でき、資本家からも多くの支援を受けている実情がある。

つまり、安倍総理は、日本を守るためでも何でもなく、「自らの権力を維持したい」がために(国民に還元するお金も極限まで削った上で)無制限に兵器を爆買いしているということだ。

安倍政権によって「グローバル独裁社会」がますます蔓延していることを感じますし、これも、水道民営化移民拡大種子法廃止などと同じく、国民の富をグローバル資本に横流しするための政策ということですね。

マスコミそのものもグローバル資本の下部組織である以上、国民自身がこれらの「洗脳」から脱して、物事の本質を見極めるようになるしかない
すでにこの国では、「1%の特権層と99%の貧困層」に分断されつつあり、いずれはグローバル資本勢力による「市民総奴隷化」によって、日本の国境や国家体が消滅に向かっていっては、国民の命綱である、あらゆる公共インフラや水道すらも、グローバリストの所有物になってしまうだろう。
際限のない防衛費の増大によって国家が破綻する危険性も出てきている今、一刻も早くに、安倍政権が突き進んでいる「グローバル独裁主義」の暴走を止める必要があるね。

Pocket

 

おススメ記事&広告