【売国道】安倍総理がトランプ大統領からの”貿易戦争”に早くも敗北か!「日本は凄い量の防衛品を買うことになった」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月26日、米ニューヨークにて安倍総理との会談を終えたトランプ大統領が、日本と二国間関税交渉の開始で合意したことを明かし、「日本との貿易戦争で勝利」したことをアピールした。

日本産自動車に関する大幅関税アップを即座に発動させるのを回避する見返りに農産品関連で大幅譲歩を行なったとの情報も出ており、安倍総理による”売国外交”に日本国民から怒りの声が相次いでいる。

トランプ氏「日本はすごい量の防衛装備品を買うことに」

~省略~

トランプ大統領は26日、国連総会を締めくくる記者会見で、真っ先に日本との貿易交渉の開始という成果を取り上げた。

さらに「私が『日本は我々の思いを受け入れなければならない。巨額の貿易赤字は嫌だ』と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」と自身が日本から大きな譲歩を引き出したかのように語った。

~省略~

【朝日新聞 2018.9.27.】

トランプに押し切られた安倍ニッポン!「日米首脳会談」農産品、自動車で大幅譲歩

日本時間のきょう27日(2018年9月)未明、アメリカ・ニューヨークで日米首脳会談が行われ、日米物品貿易協定(TAG)の協議をスタートさせることで合意した。アメリカは日本の自動車輸出に対する関税引き上げ措置を当面発動しないことを約束したが、それと引き換えに農産品の関税交渉に入ることになり、日本は譲歩を強いられる形となった。

~省略~

アメリカ・ファーストで「農産物もっと買え」「自動車は関税引き上げ」
約1時間半の首脳会談後に記者会見した安倍首相は、「幅広い分野で不公正な貿易慣行に対して、日米の協力を拡大する。私とトランプ大統領の強い決意を確認することができました」と成果を強調したが、農産品に関してはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)と同程度の打撃を受け、かつ自動車に関してはTPP以上の約束をさせられる可能性を残しており、決して楽観視できない内容だ。

~省略~

【グノシー(J-CASTニュース) 2018.9.27.】

自動車追加関税でトランプに大幅譲歩か? 日米首脳会談後に個別項目発表へ【Newsweek 2018.9.26.】

懸念していたとおりに「売国」に走った安倍総理!トランプが仕掛けた理不尽な「貿易戦争」にあっさりと白旗を揚げ、国内農業を見捨てることに…

出典:Twitter(@kentestu)

安倍総理が、早くもトランプ大統領からの理不尽な貿易戦争に「白旗」を揚げ始めている様子です…!
すでに二国間関税交渉に入ってしまった上に、国産自動車の大幅関税アップを当面回避させる見返りに、米国産の農産品の関税引き下げに応じるとの情報が出ており、これにより日本の農産品が甚大な打撃を受ける可能性が高まってきました。

この前の記事では、「これを機に、隷米国家からの脱却を図っていくか」、あるいは「今まで以上の最悪の隷米主義に嵌まり込んでいくか」、そのどちらかの岐路に立っている状況であると述べたけど、やはり、絶望的に無能で反知性の安倍総理には、トランプにサシで立ち向かっていく勇気も、対等に渡り合う能力もなかったようだね。

早速、農産品関連で大幅譲歩する見通しであることが伝えられており、トランプからの理不尽な貿易戦争に対して、速やかに報復措置を発動している諸外国EU中国など)と比べても、見事なまでに情けないほどの奴隷っぷりをさらけ出してしまってるね。

こりゃ、場合によっては自動車の分野でも最終的にはトランプに押し切られる可能性がありそうだし、これに加えて、トランプの言うように「(日本が)すごい量の防衛装備品を買うことになった」のであれば、ますます日本国民の”命綱”である社会保障費は削られては、農業は壊滅、自動車産業も疲弊に向かい、最後は消費税10%によって、日本国民の息の根が止まってしまう可能性が出てきたね。

これはいよいよ、オリンピックどころではなくなってきましたね…
トランプ氏自身が、こうした手荒なやり方で「日本の米国依存からの脱却」を促してきている中、一刻も早くにこれまでの隷米主義から脱出しないと、いよいよ日本は”破綻”に向けて一直線の状況になってきてしまうのですが…。
これでも安倍総理は、あくまで隷米主義を最後まで貫き通すつもりなのでしょうか?

ほんとに、世界でも類を見ない、奇妙な「真性奴隷国家」だよ。(想像以上の日本政府の売国性に、トランプ本人も驚いているんじゃないかね。)

トランプは本気で日本の「米国依存体質」を引き剥がしにかかっているし、このままいくと、本格的に自動車を始めとした大企業も大きな打撃を受けることになるだろう。
すでに日本の経済界も大きくざわつき始めているかと思うけど、経済団体やマスコミが、一体どこまで安倍総理の売国を指を咥えて傍観し続けるのか、よく見ていくことにしよう。

そして、日本の農家の方々の生活や将来が非常に心配です…。
私たち国民も、もっとこの状況に危機感を感じて、日本国民に甚大な損害ばかりを与え続ける安倍政権にさらなる強い抗議の声を上げる必要がありそうです。

Pocket

 

 関連記事