【悲報】トランプ大統領が6月12日の米朝首脳会議の中止を決断!北朝鮮に書簡を送付!トランプ「いつかあなたと対面できることを期待している」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月24日、ここ最近の相次ぐ北朝鮮側からの挑発的な発言を受けて、ホワイトハウスが6月12日に予定されていた金正恩氏との米朝首脳会談を中止する旨の書簡を送付したことを発表した。

・トランプ大統領は、これまでの北朝鮮側の歩み寄りの姿勢に対して「忍耐や努力に大いに感謝する」としつつ、「私はあなたと会うことを楽しみにしていた」としながらも、ここ数日の北朝鮮の挑発的な言動に対し、「現時点の」会談は適切ではないと判断したと説明。その上で、「もし首脳会談について考えが変われば、いつでも連絡をしてほしい」と呼びかけたとしている。

ホワイトハウス
米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表

【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは24日午前(日本時間同日夜)、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を発表した。北朝鮮側が示した最近の「怒りとあからさまな敵意」を理由に、6月12日に予定されていた米朝首脳会談の実施は「この時期に開催するのは適切ではない」として、中止を通告した内容だ。

書簡は24日付。ホワイトハウスの公式な書簡便箋にトランプ氏の自筆署名がされている。ポンペオ国務長官は同日の議会公聴会で、書簡を既に北朝鮮に送付したことを明らかにした。

トランプ氏の書簡は冒頭、シンガポールで予定していた首脳会談の開催に向けた事前折衝における北朝鮮側の「忍耐や努力」に対し「おおいに感謝する」と表明。「私はあなたと会うことを楽しみにしていた」と述べている。そのうえで、ここ数日の北朝鮮側の敵対的な態度を受けて、「現時点の」会談は適切でないと説明。「あなたは『核能力』を誇示するが、我々も強大な核を保有している」とけん制した。

一方、トランプ氏は「素晴らしい対話が醸成されつつあると感じていた」と表明したうえで、「いつかあなたと対面できることを期待している」と繰り返している。今月実施された米国人3人の解放について、北朝鮮側の「美しい意思表示だった」とも述べた。

書簡は「もし首脳会談について考えが変われば、いつでも連絡をしてほしい」と金委員長に呼びかけたうえで、「この失われた機会は、歴史上の真に悲劇的な瞬間だ」と結んでいる。

【毎日新聞 2018.5.24.】

トランプ米大統領、北朝鮮の金委員長との会談中止-怒りと敵意が理由

北朝鮮は24日、米国に対する語調を硬化させ、「核には核を」の決着も辞さないとの外務次官声明を発表。これに対しトランプ大統領は、北朝鮮は「自国の核能力に言及するが、米国の能力はあまりにも巨大で強力なので、私は使わないで済むことを神に祈る」と書簡に記した。

米朝首脳会談は少なくとも当面は実現しないことになり、次の展開は不透明だ。トランプ大統領はこれまで、首脳会談が頓挫すれば米国は北朝鮮に対する最大限の経済的圧力を継続すると表明している。

米朝首脳会談は軍事的衝突を回避する手段であり、歴代政権とは異なるトランプ大統領の手腕を示す機会と米政権はとらえていたが、歴代米大統領と同様、核保有を存続の鍵と固く信じる北朝鮮の考え方を崩せなかった。

【Bloomberg 2018.5.24.】

核実験場の破壊を海外メディアに公開した直後に、米朝関係が再び硬化!最大の関心事だった米朝会談の中止により、にわかに世界が不安と混沌に…

出典:CNN

あまりにトントン拍子に行き過ぎて、逆に不安になってきてしまいそうなくらいだった北朝鮮外交だけど、やっぱり、そう簡単に事は進まなかったみたいね。
トランプさんが6月12日の米朝首脳会談の中止を決断して、北朝鮮に書簡を送ったみたいだわ。

やっぱり、過去のアメリカ主導の非核化プロセス「完全で検証可能かつ不可逆的な核放棄(CVID、リビア方式とも)」北朝鮮側が強い危機感を持ってしまったのが大きかったのかしら。

うーむ。北朝鮮は、ちょうど海外メディアに向かって核実験場を破壊させるパフォーマンスを行なったところで、一応は非核化への姿勢を世界にアピールしている状況なんだけど、これと反比例するかのように、急にアメリカに対して挑発的な言動を再開させてきており、少し注意して見ていたんだけど…思いのほかトランプが思い切った決断を下したね。

大方の見方では、トランプ大統領は、今秋の中間選挙に勝利するためにも、歴史的な米朝首脳会談をなんとしても開催させるものと見る向きが多かった(ボクもそのように見ていた一人だ)し、トランプ自身、最近は北朝鮮に歩み寄るような発言も目立っていたところだけど、改めて、非核化へのプロセスがいかに難しいのかを感じさせる状況となっている。

トランプ自身も出来ることなら会談を中止させる決断はしたくなかったはずで、この決断の背景に、何か表に出てきていない深い事情や思惑が潜んでいる可能性もある。

近年にわかに緊張が増してきている、イスラエルやイラン、シリアを震源とした中東情勢と北朝鮮情勢の相関関係を指摘している声もあるし、これらの世界情勢を正確に分析にするのにはかなりの困難が伴うものであり、今後も情報を集めながら慎重に状況を分析していこうと思うよ。

この状況を受けて、韓国が再び水面下で動いて、再度の米朝関係の軟化に向けて折衝を続けていくことになるのかしら?
いずれにしても、トランプさんは米朝会談の開催に今後も努力していこうとしている様子が見られるし、再び「元の木阿弥」になってしまわないように、各国には外交努力を続けて欲しいところね。

この段階まで来て、急に北朝鮮が挑発的な態度に出始めたのがどうも不可解だけど、断片的な情報を聞く限り、北朝鮮側は金ファミリーの存続を保障されつつ、欧米型の近代的な技術や経済体制を望んでいるっぽいからね。
ひとまず今後の各国の動きを注意して見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket