【つける薬なし】麻生財務相、10万円給付の経済効果を疑問視!「その分だけ貯金が増えた」「全然金に困っている方の数は少ない」→ネット「特別給付金の意味を勘違いしてる」「寝言は寝て言え!この税金強盗」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年10月24日、麻生財務相が自身の政治資金パーティーで講演を行ない、コロナ危機に伴って行なわれた国民一人あたり10万円の特別給付金の経済効果を疑問視した。

・麻生氏による「当然貯金が減るのかと思ったら、とんでもない、その分だけ貯金は増えました。全然金には困っている方の数は少ない」とのコメントに、ネット上では怒りの声が殺到。「特別給付金の意味を勘違いしてる」「寝言は寝て言え!この税金強盗」などの批判コメントが噴出している。

麻生氏「10万円給付分だけ貯金増えた」 効果を疑問視

麻生太郎副総理兼財務相は24日、新型コロナウイルス対策の一環として国民1人あたり10万円を配った特別定額給付金について、「その分だけ(個人の)貯金が増えた」と述べ、消費を喚起する効果は限定的だったとの見方を示した。福岡市で開いた自身の政治資金パーティーで語った。

麻生氏は講演で「(個人の)現金がなくなって大変だというのでこの夏、1人10万(円給付)というのがコロナ対策の一環としてなされた」と説明。その上で、給付金の効果について「当然、貯金が減るのかと思ったらとんでもない。その分だけ貯金が増えました」と主張した。さらに「カネに困っている方の数は少ない。ゼロじゃありませんよ。困っておられる方もいらっしゃいますから。しかし、預金・貯金は増えた」と重ねて強調した。

~省略~

【朝日新聞 2020.10.24.】

出典:TBS News

麻生財務相が、またも庶民の現実を無視した(知ろうともしない)「妄言」炸裂!追加の給付金支給にも”反対”の考えをにじませる!

まーたこの人ですかっ!!
そもそも、端っから「庶民の現実」を知ろうとする気すら全くないみたいだし、実情や実態を捻じ曲げてでも、追加の給付金を何としても配りたくないみたいねっ!!

「全然金に困っている方の数は少ない」って、昨今の日本の非正規労働者の数や平均賃金のデータを見ても、日々の生活に一杯一杯な「お金に困っている人」が大量に存在していることは間違いないはずだけどね。
それに、給付金が銀行口座に振り込まれたら、一時的に貯金が増えるのは当たり前だし、今回の給付金の最大の目的は「コロナ危機で疲弊しきっている国民の生活や生命を救うこと」だったはずであり、今回の政策に対して、消費の活性化や経済効果などの「リターン」を期待すること自体が根本から間違っているといわざるを得ない。

つまり、この麻生氏の発言は何から何までが「デタラメ・妄言」であり、追加の給付金支給を行なわないことを正当化させるための何の根拠にもならないってことだ。

ネット上でも怒りの声がたくさん上がっているけど、そもそも、ここまで劇的に頭が悪い上に国民の実態や心を全く知らない(理解しようともしない)「特権階級連中」が政治の実権を握ってるんだから、そりゃ日本がどんどん衰退しては、庶民の暮らしがますます苦しくなる一方になっていくわけだわっ!!

当たり前のことだけど、国民自身にお金や生活の余裕が出てくれば、必然的に消費が増えていくことになるし、すでに、多くの一般国民がコロナ危機に加えて「消費増税」や「賃金低下」で疲弊しきっている中、1回限りの10万円給付で経済が活性化すると思っている時点で大間違いだ。
せめて、最低1年間、毎月一人10万円の給付を続けていけば、徐々に消費や景気が回復していくと思うし、いずれにしても、今回の給付金で「経済効果がほとんどなかった」との理由で金輪際給付を打ち切ってしまえば、それこそ、ますます経済が悪化していくどころか、コロナ危機と不景気がより深刻化していけば、極限的な生活苦に見舞われた国民間で「さらなる自殺の増加」に加え、餓死などが頻発していく危険すら出てくるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事