【貢ぎまくり】安倍総理が米国の自動車工場に4.5兆円も投資!トランプ氏は日米貿易交渉の5月末の「早期合意」にも言及!(日米首脳会談)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月27日、日米首脳会談を開催。トランプ大統領は、その中で安倍総理が「米国の自動車新工場に4.5兆円を投資」することを約束し、また「日本が(さらに)大量の防衛装備品を購入することに同意した」ことを明かした

・これに加え、トランプ氏は、日米貿易交渉(FTA)を5月末に合意する可能性にも言及。日本の円安誘導を阻止する為替条項や日本の農産品に大打撃を与える内容が盛り込まれる可能性があることから、日本国内で怒りや警戒感を唱える声が上がっている。

トランプ大統領、自動車4.5兆円投資で安倍首相が同意-選挙集会

トランプ米大統領は27日夜、 ラストベルト(斜陽化した中西部と北東部の重工業地帯)の重要州での支持者集会で、米経済についての自身の成果を強調し、近隣諸国への雇用流出阻止に取り組んでいることを訴えた。

~省略~

大統領は貿易協定の再交渉が米経済を一層強化するだろうと論じ、26日に貿易協議のためホワイトハウスを訪れた安倍晋三首相が「自動車新工場のため米国に400億ドル(約4兆5000億円)」を投資することに同意したと述べた。

安倍首相は26日のトランプ大統領との会談後、「トランプ政権誕生以来、日本の企業は230億ドルの投資を行い、それによって新たに4万3000人の雇用が生まれた」と説明、こうした日本の貢献を「理解していただいていると思う」と述べていた。

~省略~

【Bloomberg 2019.4.28.】

トランプ氏「ゴルフ後も首相と会談」

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は27日午後、安倍晋三首相と同日午前にゴルフをした後にも会談したことを明らかにした。貿易交渉や防衛協力などを引き合いに日米関係は「とてもうまくいっている」と強調した。ホワイトハウスで記者団に語った。

トランプ氏は「日本は大量の防衛装備品を購入することに同意した」とも語った。「私たちは最高の装備品をつくり、日本はそれらをできるだけ買う。日米の貿易関係はすばらしくよい」と力説した。

~省略~

【日経新聞 2019.4.28.】

トランプ氏に振り回された安倍首相 会談でまさかの発言

26日午後(日本時間27日午前)にワシントンで開かれた日米首脳会談で、安倍晋三首相はトランプ大統領の機嫌を損ねず、蜜月関係をアピールする「抱きつき外交」を展開したが、思惑通りにはいかなかった。トランプ氏は日米貿易交渉の5月末合意に言及。日本としては受け入れられない想定外の発言に首相は振り回された。

通訳だけを入れて45分間開かれた1対1の会談。記者団に公開された冒頭、トランプ氏は米メディアから日米貿易交渉の合意時期を問われ、「(5月末の)訪日の際に日本でサインするかもしれない」と答えた。首相は首をかしげ、顔を一瞬しかめた。残り1カ月での合意は現実性が乏しいうえに、日本側が「まったく聞いていない話」(同行筋)だったからだ。

米国の求めに応じて農産物の輸入を増やせば、日本国内の農家から反発が出る。日本としては、結論を出すのは最速でも7月の参院選以降と踏んでいたが、トランプ氏は会談で「農業分野を重点的に議論している。日本は米農産物に巨額の関税をかけており、安倍首相もそれをわかっている」とも指摘した。

~省略~

【朝日新聞 2019.4.27.】

安倍総理が「過去最大レベルの売国」を展開か!?今頃になって日本のマスコミから「TAG(物品貿易協定)」の文字が徐々に消え始める!

出典:YouTube

安倍総理が、今回の日米首脳会談で過去最悪レベルの売国をやらかした可能性が出てきているわっ!
安倍総理が「アメリカの自動車工場新設のために4.5兆円の投資を約束」したとの情報が出てきている上に、さらに「大量の防衛装備品を購入することを約束」したこと、さらには、日米貿易協定について、トランプさんが「5月末の合意の可能性」まで言及したっていうじゃないのよっ!!

ネット上では、「とにかく安倍さんを信じよう」とか「日本の自動車メーカーのアメリカ工場を作るんだから、回り回って日本の利益になるはず」みたいな声が出ているのを見かけたけど、日本の自動車メーカーの工場をアメリカに作ったところで、日本の一般庶民に何か大きな利益があるかな?
主に得をするのは、トランプ政権とアメリカの労働者、そして、今やれっきとしたグローバル企業となっている日本系の大手自動車メーカーだけだし、在庫処分同然の防衛装備品をさらに「言い値同然」で大量に買わされることに加えて、日本の農業や経済そのものが大打撃を受ける可能性が高い「日米貿易協定の早期合意の可能性」など、「史上最悪レベルの”フルセット”の売国」としかいいようがないと思うけどね。

そして、軽く見たところ、それまでは日本のマスコミがしきりに国民に刷り込んできた「TAG(物品貿易協定)」の文字が急に少なくなってきており、「日米貿易協定」とのみ伝えるようになってきている様子だ。
当サイトでは、日本のマスコミが伝えてきた「TAG(物品貿易協定)」について、これが日本政府主導による「捏造」の可能性が大であること、実際には、ありとあらゆる物やサービスが対象になる「FTA」交渉が行なわれている可能性が高いことを繰り返し伝えてきたけど、ここに来て、ようやく大手マスコミも徐々に「軌道修正」をし始めてきた様子が見られる。
平たく言うと、これも、安倍政権と日本のマスコミが主導・共謀した「国民騙しの詐欺」であり、安倍政権による「最悪の売国」を国民に隠すために行なわれた悪質なプロパガンダだったということだ。

日本のマスコミが安倍政権の言いなりになってしまって、国民もそんなマスコミに引っかかって消極的に安倍政権を支持してきてしまった結果、ついにここまで日本がメチャクチャにされては、とことんアメリカに何から何までむしり取られるところまで来てしまったのねっ!!
文字通りに、史上最悪の売国政権だし、これで「民主党よりマシ」なんて言ってる連中は、どこまで「奴隷化(愚民化)洗脳」にはまり込んでしまってるのよぉ~っ!

とにかく、安倍政権は戦後最悪レベルの「日本国民の敵」そのもののような政権だし、いよいよこの先目に見えるように、日本国家の「衰退と破滅の兆候」がいたるところに現われてくることが考えられる。
今こそ、野党勢力は本気で結集して、万全の体制で選挙に臨むべきだし、本格的な経済危機の予兆が次々出てきた中、大々的な減税をはじめとした「国民生活への手厚い支援」を最優先に公約に掲げた上で、本格的な支持拡大に向けて全力で取り組んでいくべきだろう。

とにかく、これ以上安倍政権に日本を丸投げしていると、冗談抜きで日本は破滅するし、何としてでも、次の国政選挙で安倍政権の「これ以上の売国と暴走」を食い止めるべきだといえるだろう。

Pocket