【戦争屋の本音】5年前のある日に発せられた、安倍政権の政府高官の声「極端なこと言うと、我々は選挙で『戦争したっていい』と信任されたわけだからね」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月3日に西日本新聞が報じた、「5年前のある日に、酒に酔って帰宅した安倍政権のある高官が漏らした”言葉”がネット上で大きな話題になっている。

今から5年前

今から5年前。東京で政治取材を担当していたある夜のことだ。酔って帰宅した安倍晋三政権の政府高官が番記者たちに、こうつぶやいた。「極端なことを言うと、われわれは選挙で『戦争したっていい』と信任されたわけだからね。安全保障の問題とか、時の政権にある程度任せてもらわないと前に進めない」

当時、安全保障に関する機密を漏らした公務員などに厳罰を科す特定秘密保護法案が国会に提出され、世論の反発が高まっていた。彼が口にしたいら立ちに、「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」(為政者は人民を従わせるだけで、その理由を説明する必要はない)という政権中枢の本音を垣間見た気がした。

【西日本新聞 2018.5.3.】

戦争屋の傀儡政治家の”本音”が凝縮された言葉!軍産複合体の利益のために、無垢な市民を大量虐殺することにも何の痛痒も感じない「悪魔」のような人間たち

出典:simatyan2のブログ

ある安倍政権の高官が5年前に発した、背筋が凍るような発言がネットで話題になっています。
「国民から支持さえされれば、どんなことをしても構わない」と考えるその思想も恐ろしい限りですが、いかに、彼らが軍産資本の利益のために、国民を大量虐殺することにも何の痛みも苦しみも感じない、悪魔のような人間たちなのかがよく分かる発言です。

「何故5年前のその時にこれを伝えなかったのか?」「この高官とは一体誰なのか?」など、様々な疑問は尽きないけど、相当に衝撃的な発言であることは確かだ。
一般的に”タカ派”と認識されているトランプ大統領ですら、こんな過激な発言はしたことがないし、何よりも、トランプなんかよりもよほど過激で危険な連中が日本の政治の実権を強力に握っていることを、日本国民はもっと認識するべきだ。
そして、目先のお金や権益ばかりに目がくらんでしまうと、いかに重大な”落とし穴”を見落とし、取り返しのつかない展開を招いてしまうものなのかも知っておく方がいい。

こうした「本音」は、間違いなく安倍政権の主要政治家たちの”総意”だし、文字通りに(ワシントンDCの戦争屋勢力から)安倍政権に課せられた役目とは、「日本を戦争が出来る国に変えること」それだけだ。
現に、その「命令通り」に、秘密保護法や安保法、共謀罪などを強行採決し、さらには”憲法改悪”を通じて、”国民主権”のシステムを徹底的に破壊した上で、日本国民を有無を言わさずに戦争に追いやり、「かつての悲劇」を再び繰り返させようとしている

ネット上に目をやっても、かつての戦争の時のように「愛国心」をひたすら煽っては、政府批判をする人間を「反日」などとよってたかって攻撃するような光景もなんら珍しくもなくなったし、まさしくナチス・ドイツのヘルマン・ゲーリングが残した「戦争を引き起こす為の簡単な方法」再び日本国内で実践されている状態だ。

さらには、新聞やテレビでも、一部で同じようなプロパガンダが行なわれるようになってきては、権力賛美や「日本スゴイ」の思想を煽るような”洗脳”が溢れるようになってきています。
いずれにしても、「この発言」こそ、安倍政権の実態や正体に迫る、本質を表した発言かと思います。

酒に酔っていい気分になっていたゆえに、ついポロッとその「恐ろしい本音」が出てきてしまったんだろう…。
安倍政権が再び政権を取って以来、当時にボクが強く危惧していたことが、まるで画に描いたようにそのまま展開されてきているし、改めて、安倍政権が混じりっ気のないまでに「戦争屋の傀儡政権」であることを強く再確認するような発言だ。

おススメ記事&広告

 
Pocket