安倍総理が「日中友好」を本格宣言!総理「日中は競争から協調の時代に入った」尖閣問題も事実上の棚上げ合意で”中国脅威論”はどこへやら!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月10日、日中平和友好条約締結40年を記念したレセプションが開催され、安倍総理と李克強首相が「日中友好」を力強く宣言した。

安倍総理は「日中は競争から協調の時代に入った」とスピーチし、”中国脅威論”を事実上引っ込めることを宣言。中国が進める「一帯一路政策」を支持しつつ、尖閣問題についても事実上の棚上げを合意。安倍総理のあまりの変節に、ネット上でも混乱が発生している。

日中平和友好条約40年、安倍首相 関係改善に意欲

日中平和友好条約締結40年と中国の李克強首相の来日を記念したレセプションが開かれ、安倍総理は、日中関係の改善に向けて強い意欲を示しました。
「次の時代の青少年たちのために、日中関係を新しい段階へと押し上げていく」(安倍首相)
「長期的に安定した発展が日中平和友好条約に対する最高の記念になるべきだ」(中国 李克強 首相)
レセプションは終始和やかな雰囲気で行われ、安倍総理は就任後初めて来日した中国の李克強首相への歓迎の挨拶で「日中は競争から協調の時代に入った」などと関係改善に強い意欲を示しました。これに対し、李首相も日中関係について「長期的に安定した発展を実現させなければならない」などと応じました。

【TBS News 2018.5.10.】

尖閣も緊張緩和へ 安倍首相が煽った「脅威論」露と消える

脅威の「大前提」が音を立てて崩れている。安倍首相は9日、公賓として初来日した中国の李克強首相と東京・元赤坂の迎賓館で会談。東シナ海での自衛隊と中国軍の偶発的な衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」の運用開始を正式に合意した。

海空連絡メカニズムは、日中の防衛当局間のホットライン設置、艦艇・航空機が接近した際の直接通信の仕組み構築などが柱となる。2007年に第1次安倍政権時の日中首脳会談で、双方が交渉開始に合意したが、12年の尖閣諸島国有化に中国が反発。交渉が難航していた。

今回の交渉では尖閣を巡る日中対立を考慮し、具体的な対象地域を明示しないことで双方が合意。対象範囲に尖閣周辺の領海・領空が含まれない“玉虫色”の決着とはいえ、日中間の最大の懸念だった尖閣を巡る緊張関係が緩和に向けて大きく動き出すことになる。

「玉虫決着と言えば聞こえが悪いですけど、今回の合意内容は、日中双方が事実上、尖閣の領有権を『棚上げ』したに等しい。1978年の日中平和友好条約締結時の状況に戻りつつあり、緊張緩和で日中衝突の危険性が弱まるのであれば、大いに歓迎すべきです」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)

~省略~

李首相との共同記者発表で安倍首相は「全面的な関係改善を進め、日中関係を新たな段階に押し上げていきたい」と得意顔だったが、つくづく「どの口が言うか」である。

【日刊ゲンダイ 2018.5.11.】

安倍総理がかつてなかったまでに「日中友好」を力強く宣言!”中国敵視政策”の大幅後退に安倍シンパはどうする?

あそこまで中国に対する敵意を煽り、アジアの緊張を演出してきていた安倍総理が、劇的なまでに”中国敵視”策を引っ込め、「日中友好」を力強く宣言しています。
私たちも、現在から未来の世界情勢の予測から、中国との関係を改善しない限り、日本が世界的に孤立化し、ますます危険な方向に向かうことを懸念していましたので、この動きそのものについては好ましいものかと思いますが…それにしても、安倍総理はよくここまで180度方針転換したものですね。

本当に、日刊ゲンダイがいっているように「あそこまでの中国脅威論は一体何だったんだ?」という感じだね。
ただ、表向きにはここまで日中関係はかなり冷え込んでいたものの、日本は中国からの観光客を大量に受け入れながら、(日本国内の消費が冷え切っている中で)”おんぶに抱っこ”でちゃっかりと恩恵を受けていたし、経済界レベルでは、常に日中間で深い結びつきを持ってきていた状態だからね。
そうした背景があったことからも、日中関係を改善させることそのものは、そこまで困難を伴うものではないのではと思われる。

こうした(節操のない)安倍総理の動きを見ても、安倍政権は(アジア情勢を遠隔的にコントロールしている)ワシントンDCの意向に沿って「中国脅威論」を声高に吹聴してきていただけであり、これをより演出するために好戦的な思想を持つ「隷米&嫌中&嫌韓」のネット民(日本会議系新興宗教の信者がメイン)を利用しつつ、日本国内で中国に対するネガティブイメージや敵意を煽る世論誘導を行なってきたカラクリが見え隠れしている。
平たく言うと、安倍総理はどこまでも”ワシントンDCの使用人”であり、自身の思想やポリシーはほとんど持ち合わせていないということだ。

しかし、北朝鮮に対しても、最近は対話路線をチラチラ見せつつも、「最大限の圧力」もいまだに言い続けていますし、中国に対してもどこまで本格的に関係改善に取り組んでいくのかはまだまだ不透明と言わざるを得ません。
安倍政権にとっては、日本会議勢力の支持を失うことはかなりのダメージに繋がることが予想されますし、こうした安倍総理の”変節”を見た日本会議関係者がどのような反応を見せるのかも注目されますね。

中東情勢も、あまりに複雑怪奇に様々な思惑が絡みながら、にわかに混乱と緊張が生じてきているし、朝鮮半島情勢のみならず日中・日韓関係も「非常に大きな変化」が起こっている最中であり、先が読みづらい状況が続いている。
安倍総理の”劇的な変節”も、こうした世界情勢の変化を象徴しているけど、今後も注意深く国内外の情勢をウォッチしながら、細かな情報を集めていこうと思うよ。

Pocket