【やっぱ真っ黒】安倍前総理、野党による「ホテル側からの領収書」の提示要求をまたも拒絶!→ネット「強制捜査が必要」「なぜ自ら潔白を証明しようとしないのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月14日、安倍前総理が抱える「桜前夜祭疑獄」について、野党4党の追及本部がホテルが発行した明細書や領収書の提示を重ねて求めていたところ、安倍氏側がこれらの提示を拒否する回答書を送っていたことが判明した。

安倍氏が、今もなお疑獄の真相究明に繋がる重要な資料の提示を拒んでいる実情が明らかになったことに対し、ネット上では「強制捜査が必要」「なぜ自ら潔白を証明しようとしないのか?」などの批判と疑いの声が殺到している。

安倍事務所、再び提示拒否 桜前夜祭のホテル領収書 野党に回答

立憲民主党など野党4党の「桜を見る会」追及本部は12日、前夜祭の疑惑を巡り、安倍晋三前首相に再送付した質問状に対する回答を受け取ったと明らかにした。

会場となったホテルが発行した明細書や領収書の提示を重ねて求めたが、安倍氏側は「すでに記者会見や衆参の議院運営委員会での答弁、1月5日付回答書で回答している」とだけ文書で答え、再び提示を拒否した。【堀和彦】

【毎日新聞 2021.1.12.】

「国民からの信頼を回復するためにあらゆる努力を行なっていきたい」と言いつつ、自ら最も有力な「信頼回復」の方法を拒絶!検察が放り出した「桜疑獄」は永遠に終わらず!

出典:NHK NEWS WEB

「国民からの信頼を回復するためにあらゆる努力を行なっていきたい(キリッ)」なんてアピールしながら、自身の信頼を回復するための「最も重要な方法」を自ら拒絶って!!
この時点で、自らで「真っ黒」なのを告白しているも同然じゃないのよっ!!

にゃっは~~~!!
さっすがはアベシだにゃ!!
ここまで、言ってることとやってることがアベコベな人も他にいないにゃ~!

さすが、本物の歴史に名を残すほどの「伝説のペテン師」である安倍氏には誰もがかなわないね。
これというのも、特捜が家宅捜索すらやらず、「やってるフリパフォーマンス」で秘書にごく軽微な罰金を科しただけでさっさと事件の全容を闇に葬ってしまったからこそ、いつまでたっても一向に終わらないんだよね。

それにしても、安倍氏のこのしつこさというか往生際の悪さも驚嘆に値するものだ。
ここまで数々の犯罪行為が完全に確定的になっているのだから、普通であれば「もう逃げきれない」と判断して、政界引退を決断するような展開になっているはずだけど…みたところ、まだ3度目の総理登板を諦めてない様子だし、何とも厚かましくも次の衆院選にも出馬する気満々のように見える。

どんな犯罪行為を犯しても、口をついて次から次へと出てくるウソの主張をごり押ししつつ、何でもかんでも「秘書が勝手にやった」との理屈をごり押しして、特捜の捜査すら思いのままに潰すことが出来るのだから、これ自体「田布施システム」以外の何物でもないし、まさに長州一族の凄まじい特権ぶりをまざまざと見せつけられている状態だ。

とにかく、この国が表向き「民主主義の法治国家」を掲げている以上、こんなデタラメを許すわけにはいかないし、これからも国民自身が全力で抗議の声を上げ続けて、検察に対して(検察審査会への申し立てとともに)再捜査を強く要求し続けていく必要があるわっ!

国民自身が(支配層が日本国民にあてがった)既存の「エセ民主主義システム」そのものに疑問を持つようにならない限り、この腐敗をただしていくことは難しいし、今のシステムを「本当の(国民による国民のための)民主主義」に変えていくための、根本的な思考の転換を行ない、そのための合理的な行動を起こしていくことが重要なんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事