NEWSポストセブンが安倍官邸の「メディア監視」を報道!内閣広報室の内部文書を入手!小川彩佳アナや有名芸能人らが「チェック対象」に!

Pocket

どんなにゅーす?

・NEWSポストセブンが、情報公開請求を行なった男性から提供を受け、内閣広報室の内部文書を入手。安倍官邸によるメディア監視の実情を報道した。

・問題の内部文書には、各報道・情報番組のコメンテーターやキャスターらの発言が事細かに記されており、中でも、安倍政権に批判的な意見を発するコメンテーターの発言を重点的に収集。実際に、政権に批判的な報道を行なった「モーニングショー」に対して、厚労省がデマの情報を用いて公式ツイッターで反論する事態も発生している中で、安倍政権による「一線を超えた」露骨なメディア介入や圧力の強化に警戒を唱える声が上がっている。

官邸の「反政府番組監視」 小川彩佳・和田アキ子・IKKOも対象

安倍政権が官僚支配と並んで力を入れてきたのがメディア支配だ。本誌・週刊ポストが前号で官邸の内閣広報室がテレビ番組を監視していることを示す“機密文書”を報じると大きな反響を呼び、キー局の番組関係者から、「うちの番組は監視対象なのでしょうか」との問い合わせがあった。この監視文書をもとに、官邸は気に食わない報道やコメンテーターの発言があると公式ツイッターで反論し、報道に“圧力”をかけてメディア支配に利用していたのだ。

内閣広報室の番組監視は分析チームの職員3人ほどが専従となって、毎日、番組を視聴して出演者の政策に対するコメントなどを書き起こす作業を行なっている。記録文書は東京都内の男性会社員が情報公開請求して入手し、本誌が提供を受けた。開示文書は2月1日から3月9日付までの約1か月分だけでA4判922枚に及び、2種類に分類されている。

1つは「報道番組の概要」とのタイトルで、朝は「スッキリ」(日本テレビ系)、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)、「とくダネ!」(フジテレビ系)の3番組、昼は「ミヤネ屋」(日テレ系)と「ひるおび!」(TBS系)、そして夜は「報道ステーション」(テレ朝系)と「NEWS23」(TBS系)の番組内容が毎回、ルーチンワークで記録されていた。TBS系の「グッとラック!」、フジテレビ系の「バイキング」、日テレ系の「news zero」は基本的には監視対象外のようだ。

~省略~

文書を分析すると、官邸が政府の政策や対応について各局がどう報じているかを幅広くモニターするのではなく、批判的な番組やコメンテーターの発言を重点的に収集していることがわかる。

それにもかかわらず、本誌報道後も監視対象となっている局は沈黙を守ったままで、特定の番組や出演者の発言を監視するのかの説明を政府に求めようともしない。長年のメディア支配で“牙”を抜かれてしまったのか。

~省略~

【NEWSポストセブン 2020.6.3.】

安倍政権の「おかしなところ」に声を上げる人々や番組出演者を事細かに監視→ネット工作軍団に攻撃させたり、政府自ら出動し”デマ”を用いて標的を非難・反論する事態まで…!

出典:Wikipedia

NEWSポストセブンが、安倍官邸が行なっているメディア監視の実態を報じています。
政権に対して忖度せずに批判的な発言をしている番組出演者を重点的にチェックしているという、内閣広報室の内部文書はとても興味深いものがありますが、まさに、私たちが強く懸念していた通りの内情があったということですね。

まあ、放送されているテレビ番組を政府がチェックし、内容をつぶさに把握している程度のことは、どこの政府もやっていることだろうし、世論やメディアの動向をリサーチし、これらを(国民からの声や要求にこたえるべく)政策を作る際の参考にしたり、政権運営の反省点に活かすなどの使い方をする分には、特に問題があるものではないのではと思うけどね。

ところが、この政権がやっていることは、ウソや捏造、ヤラセをふんだんに駆使した世論操作や洗脳工作であり、例えば、配下のネット工作員(自民党ネットサポーターズクラブ)を使って、政権にとって都合が悪い情報(国民にとって有益な情報)を発しているコメンテーターや言論人をネット上で「集団リンチ」するように仕向けたり、組織的な”電凸攻撃”を実行させて、テレビ局に積極的に脅しをかけ、都合が悪いコメンテーターを半強制的に番組から追放するような、非常に過激で悪質な情報操作を繰り返してきた。
以前にもNEWSポストセブンは、安倍政権が抱える巨大なネット工作組織を詳しく特集したことがあったけど、自民党は、小泉政権の頃から本格的なネット工作に力を入れてきたし、今や、おびただしい数のツイッターアカウントのみならず、多くのまとめサイトをも通じて、デマや事実の歪曲を通じて安倍政権の礼賛を繰り返しては、市民にとって有益な情報を発してきた言論人やメディアを監視し攻撃する工作を徹底してきた経緯がある。
(思えば、このサイトを立ち上げたばかりの頃も、多くのいかがわしい連中がサイトにやってきては、おかしな攻撃を仕掛けてきたものだよ)

早速、このNEWSポストセブンの報道に対しても、怪しげなツイッターアカウントが次々と反論したり嘲笑するようなコメントを大量に投稿していますね。
しかも、そのいずれも、よく似た文面で同じような反論を展開していますし、安倍政権によるネットステマやヤラセを疑う声に対して、「ただの妄想」「お花畑」「陰謀論」などとバカにする手法が常にゴリ押しされています。

この記事でも述べたことだけど、こうした、「1%の権力側によるネット監視の強化や言論弾圧の動き」は、安倍政権単体のものというよりも、グローバル規模でどんどん推し進められているものと考えた方がいい。
安倍政権を熱烈に支持する連中というのは、総じて、グローバル資本勢力が日本や世界の先進国を支配し、自在にコントロールしている実態について、これを「陰謀論」と切り捨てるか不自然までに無視しており、その実態は、「保守」や「愛国」を偽装したグローバリスト(または、本人の意識に反して無意識のうちにグローバリズムに誘導・加担させられている)であることが分かる。

簡単に言えば、これらの連中は、安倍政権を徹底的にサポートしながら、日本の国家・国境の破壊、既存の法治国家システムや、さらには人間社会のモラルや知性の崩壊などにも全面的に加担しており、本来の意味で言えば、(当人らはほとんど意識していない上に、”反共”を掲げているものすらいるものの)実は、彼らこそが極左的な共産主義者であるともいえる。
(一方、安倍政権を厳しく追及している現在の共産党をみてみると、憲法や既存の法治国家システムを守ろうとしている上でも、極めて保守的かつ反グローバリズムであり、どこからどうみても共産主義ではなくなっている。)

つまり、私たちが戦っているのは、「一般市民の生命や健康、当たり前の知性や理性」を徹底的に破壊しようとしているグローバリストとグローバリズムであり、(多くの人々が「最大の敵」と認識している)安倍政権は、グローバリストによる取るに足らない”傀儡”にすぎないということですね。

その通りだ。
「自らの命や健康」そして「人間としての当たり前の思考力や倫理観」を守るために戦っているのであり、これは、イデオロギーなどといったごく小さな次元の問題ではない
(教育システムも影響しているのか)日本の人々は、驚くほどに小さな世界観や社会観念でしか物事を捉えられていない人が圧倒的に多いし、日本で一体何が起こっているのかを考えるには、まずは、”地球規模”で物事を考えたうえで「世界で何が行なわれているのか」について考える必要がある。

こうした視点でみてみると、日本だけでなく、欧米各国においてもグローバリストによる様々なネット工作や洗脳活動が激しく行なわれていることが見えてくるし、何より、明治維新にルーツを持つ安倍一派の根底にあるのは、「国家・国境の破壊」と1%の”特権階級”と99%の”奴隷”を作り出す「極限的な貧富の格差」、巨大な民間資本が世界の市民を徹底支配する「世界統一政府思想」などを伴ったグローバリズムであることを理解する必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事