安倍総理による、岸田氏の総裁選出馬を断念させる「脅し」がエグすぎる!自ら岸田氏を会食に呼び出し「出馬したら処遇は出来ないよ」と恫喝!

Pocket

どんなにゅーす?

・読売新聞が、安倍総理による岸田政調会長の総裁選出馬を断念させるまでの、様々な恫喝や圧力の内幕を暴露した。

・報道によると、2018年6月18日に安倍総理自ら岸田氏を会食に呼び出し、「(総裁選に出たら)処遇は出来ないよ」と露骨に恫喝。早々に安倍支援を表明していた麻生氏も「負ける候補の推薦人は冷遇されるんだ」と公然と言い放ち、終始煮え切らない態度の岸田氏を完全なまでに懐柔した内幕が見えてきている。

各紙拾い読みで振り返る「優柔不断おじさん」岸田文雄が沈むまで

各紙には「内幕」が出てきた。生々しい記事をあげておこう。

6月18日夜におこなわれた赤坂の日本料理店での安倍・岸田二人の様子を書いたのは読売(7月26日)。

《安倍はいらだちを抑えつつ、事実上の最後通告を突きつけた。

「(総裁選に)出たら、処遇はできないよ。私を応援してくれる他の派閥に示しがつかない」

岸田は何も答えず、日本酒を口に運んだ。誘ったのは安倍の方だった。》

《 「ポスト安倍」を狙う岸田が総裁選に出馬するのかどうか。これまで遠回しに腹を探ってきた安倍だったが、この日は単刀直入に切り出した。「岸田さんはどうするの?」。岸田は「どうしましょうか」といつものように煮え切らず、安倍支持を明言しなかった。》

存在すら否定されている……!?

その2日後の夜、安倍首相は銀座のステーキ店で麻生太郎副総理兼財務相、二階俊博幹事長らと会食。

《麻生が過去の総裁選を引き合いに、「負ける候補の推薦人は冷遇されるんだ」と言い放つと、場は大いに盛り上がった。》

やはり、あの「冷遇」発言は岸田に向けてのものだった。

岸田氏は24日の不出馬表明の記者会見で、

「昨日(23日)直接会って、(首相)と話をした」と説明した。

しかし……。

菅官房長官は25日の記者会見で、

「(首相は)会ったことはないということだった」と否定した(朝日新聞 7月26日)

不出馬となれば、もう存在すら否定されている……!?

もう一度言うが、岸田氏はこの扱いでもまだ将来の禅譲を期待してるのだろうか?

家康ならそんな甘いことは考えないだろう。

【msn(文春オンライン) 2018.7.27.】

安倍首相と岸田氏の会談否定=自民党総裁選不出馬で-菅官房長官

菅義偉官房長官は25日の記者会見で、自民党の岸田文雄政調会長が23日に安倍晋三首相と会談した事実はないと説明した。菅氏が首相に確認したところ、「会ったことはない」との答えだったという。岸田氏は自民党総裁選不出馬を表明した24日の記者会見で、前日に首相と会って話したと説明しているが、これを真っ向から否定した格好だ。

【時事通信 2018.7.25.】

”腰抜け””日和見主義”を見透かされて完全に操られている岸田氏と、まるで取り憑かれたかのように、なりふり構わず3選に向けて猪突猛進する安倍総理!

↓狂ったかのように3選への野心を燃やし、豪雨災害にも目もくれずに「議員・党員抱き込み工作」を続ける安倍総理の本心とは…?

出典:simatyan2のブログ

出典:Twitter(@aritayoshifu)

ここに来て、総裁選出馬をめぐる様々な内幕が報道されるようになっているわね。
特に、読売新聞が報じている、安倍総理による岸田さんへの恫喝はなかなかエグいわね。

蚊帳の外から見てても感じていたけど、岸田氏って、本当に「日和見主義」の根っからのへっぴり腰なんだね。
「その次の総裁選への禅譲を期待しての不出馬」なんて報じられているけど、こんなに決断力もなく思い切りが悪くて、強いものにへばり付いては”おこぼれ”をもらうのを期待するのが信条なのなら、少なからず、彼が総理になれる日はなさそうな感じだ。

おまけに、不出馬会見前に岸田氏が明かした「安倍総理と会った事実」まで、あっさりと安倍総理に(お得意のウソで)否定されちゃって…安倍総理のエグさや汚さと同時に岸田氏の小心さやかっこ悪さも同時に浮き彫りになっているね。

それにしても、徐々に、豪雨災害が深刻化していた最中や、その後の被災者支援が行なわれていた間にも、安倍総理は3選に向けてひたすら議員や党員の抱き込みに奔走していた実態も見えてきたわ。

「赤坂自民亭」の翌日(空白の66時間の間)にも無派閥議員への抱き込み工作の極秘会合を開催していたっていうし、この安倍総理の3選に向けての異様な執念といったら、もうスゴいわね。

上の読売新聞にも、総理周辺の話として「総裁3選後のレームダック化を防ぐためには、相手候補を壊滅させるくらいの圧勝しかない」という言葉が出てるけど、ほんとに凄まじい野望というか野心だね。

世論調査を見ても、安倍政権を積極的に支持をしている人間はごく僅かで、全体的には冷めた声の方が圧倒的に多いような状況だし、ネット上でも安倍総理への批判や怒りが噴出しているのも分かっているはずだけど…それでも、安倍総理がここまで狂ったように権力の維持に向けて腐心しているのは、「失脚後のしっぺ返し」をことさらに恐れている可能性がある。

すでに森友や加計はある程度漏れ出ているけど、安倍総理がそれまでの権力を失うと、怒濤のように様々な不正や犯罪が表に出てきては、これらのスキャンダルをトリガーに、それまで散々抑圧され、騙され続けてきた国民の不満が一気に爆発する可能性がある。

場合によっては朴槿恵のように安倍総理も逮捕される可能性も大いにあるだろうし、それだけに、警察や検察に対しても自身の権力をより深く浸透させようとしては、どうにかグローバル資本(ディープステート)にも嫌われないように、必死に国民の富を無制限にばらまき続け、連中のご機嫌を取り続けている

すでに、ここまで日本の国家システムを私物化し、国会や憲法すらも破壊し続けてきた中、安倍総理がこの先も”無事”でいるには、ありとあらゆるズルや不正を駆使し、自身の権力を半永久的に保ち続けるしかないような状況になってきているということだね。

それ(安倍総理の悪あがき)によって、どんどん日本国民のあらゆる自由や権利が剥奪されていくことに繋がっていくし、すでに「最悪の悪循環」に陥り始めているわね。

すでにアベノミクスも”虚構”が暴かれては破綻が始まりかかっているようだし、日本の経済がいよいよ目に見えるように本格的に崩壊し始めた時が、安倍総理の「本当の終わりの時」なのかもしれないね。
”その時”こそ、日本は本当の意味で「大変なこと」になるのかもしれないな。

Pocket

 

 関連記事