【批判殺到】安倍総理、コロナ禍に乗じて憲法改悪(緊急事態条項)をPR!ウイルス対応のまずさを「現行憲法のせい」と擦り付け!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年5月3日、長州礼賛系宗教結社の日本会議関連の団体が主催する憲法フォーラムに安倍総理がビデオメッセージを通じて登場。新型コロナウイルス(COVID-19)の危機を例に挙げながら、改憲を通じた緊急事態条項(日本版FEMA)について、議論を活発に行うよう呼び掛けた

・ウイルス対応のまずさについて国際的に批判が集まっている中、「現行憲法のせい」といわんばかりにその罪を擦り付けようとしている安倍総理に対し、ネットでは批判が殺到。現金給付のみならずマスクも届かない中、反省もする気も責任を取る気もない安倍総理の姿勢が浮き彫りになっている。

“緊急事態条項”国会で議論を…安倍総理メッセージ

3日は憲法記念日です。安倍総理大臣は、緊急事態条項の必要性を訴えました。

任期中の憲法改正を目指している安倍総理は、憲法改正を推進する団体にメッセージを寄せました。そのなかで、新型コロナウイルスへの対応で緊急事態宣言を出しているものの、今の憲法では緊急時に対応する規定が不足していると指摘し、緊急事態条項について国会で議論を進めるべきだと訴えました。

~省略~

【テレ朝news 2020.5.3.】

首相「憲法改正、必ずや成し遂げていく」 緊急事態条項創設訴え ビデオメッセージ全文

~省略~

「例えば、今般の新型コロナウイルスという未知の敵との戦いにおいて、われわれは前例のない事態に繰り返し直面しております。政府においては、国民の命と健康を守るため、全国に緊急事態宣言を発出し、政策を総動員して各種対策を進めています。ウイルスの感染拡大防止に向けて、国民の皆さまには、外出の自粛や休業要請への対応など、多大なるご協力をお願いしています。また、国家の機能維持という点でみれば、国会審議の在り方についても、与野党で協議し、さまざまな工夫がなされてきたところです。しかしながら、そもそも現行憲法においては、緊急時に対応する規定は、『参議院の緊急集会』しか存在していないのが実情です」

「今回のような未曽有の危機を経験した今、緊急事態において、国民の命や 安全を何としても守るため、国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そして、そのことを憲法にどのように位置付けるかについては、極めて重く、大切な課題であると、私自身、改めて認識した次第です。自民党がたたき台として既にお示ししている改憲4項目の中にも『緊急事態対応』は含まれておりますが、まずは、国会の憲法審査会の場で、じっくりと議論を進めていくべきであると考えます」

~省略~

【Yahoo!ニュース(産経新聞) 2020.5.3.】

「国民の命や安全を何としても守るため」…空疎に響く安倍総理のペテンメッセージ!コロナ禍の失政を現行憲法のせいにしつつ、「アベ帝国完成」のための”憲法改悪”を呼び掛け!

出典:YouTube

↓Yahoo!ニュースのコメント欄も批判の声が殺到。

出典:Yahoo!ニュース(産経新聞)

5月3日の憲法記念日にイベントを開催してきた日本会議系団体が、今年も改憲(憲法改悪)を声高に唱える憲法フォーラムを開催
今回も安倍総理がビデオメッセージを通じて登場し、新型コロナの国難を引き合いに出しながら、憲法改悪を通じた緊急事態条項(日本版FEMA)の導入などを呼びかけました。

まったく、どこまでもしつこい男だわっ!
しかも、コロナ危機の失政の原因が現行憲法にあるかのように語っちゃってるし…PCR検査をとことんサボりまくってるのも、当初に中国からの渡航者を無制限に入れまくってたのも、10万円がいつになっても届かないのも、巨額の血税を通じた布マスクがいつまでたっても届かないも、憲法とは何の関係もないでしょうが!!

全くその通りだ。
しかし、軽くネットを見たところ、ご覧のように、Yahoo!ニュースにも安倍総理への怒りのメッセージが殺到しているし、コロナ危機を機に安倍政権を支持する声がネット上では(安倍サポ工作軍団以外)ほとんど見かけなくなった感じだ。

いよいよ(ようやく)、大多数の日本国民が、安倍総理自身に日本国民の命を守る気概も使命感も全く持っていないことを悟ったみたいだし、さらには、いまだに自身の失敗や間違いを一向に認めようとしないどころか、これらを現行憲法や(自粛要請を守らない)日本国民のせいにしつつ、(まるで自身に与えられたおもちゃのように)より自らの思い通りに日本をメチャクチャに破壊し放題に出来る”憲法改悪”に前のめりになっている始末だ。
もはや、この総理が「国民の命や安全を何としても守るため」などといったところで、これをまともに信じる国民はどこにもいないし、いい加減に大手マスコミもこの政権を見切って安倍官邸にひざまずくのをやめたらどうか。

本来であれば、大手マスコミが、こうした安倍総理のメッセージに対して、「もはや何を言っても空疎に響くだけ」「憲法改悪に血道を上げている場合か」と厳しく批判すべき事態のはずなのですが…どうも、いまだに各マスコミは官邸の顔色をうかがっている様子が見られますね。

とにかく、こんな究極の嘘つき自己中総理に改憲をやらせるほど危険なものはないし、安倍総理がやらずとも、私たちが必要と判断したら憲法を変えるように声を上げるんだから、勝手に私たちの大切な憲法をいじったりないがしろすることだけは絶対に許さないわ!!

そうだね。
安倍政権下での憲法改悪だけは何としてでも阻止しないといけないし、この勢いで、安倍政権の退陣に向けて一致団結して声を上げ続けていこう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事