【徹底解明を】安倍総理と加計氏の面会、加計学園&総理が事実関係を否定!ネットでは安倍シンパが「捏造決定」の大合唱!

Pocket

どんなにゅーす?

・2015年2月25日に安倍総理と加計孝太郎理事長が面会したことを示す文書が新たに愛媛県から出てきた問題で、加計学園側は面会の事実を否定するコメントを発表した。

・一部では、安倍総理自身も周囲に「加計理事長と会っていない」と話していることが報道されており、この動きを受けて、ネット上では様々な意見が飛び交っている。

安倍首相の嘘を完全に証明する文書を愛媛県が提出!「加計理事長と首相が面談、首相から『獣医学部はいいね』」

この文書は、2015年3月に愛媛県の地域政策課が作成したもので、タイトルは「報告 獣医師養成系大学の設置に係る学園関係者との打合せ会等について」。この文書は、こんな一文からはじまる。

〈加計学園から、理事長と安倍首相との面談結果等について報告したいとの申出があり、3月3日、同学園関係者との間で打合せ会を行った〉

つまり、加計学園側は愛媛県に対し「理事長と安倍首相の面談」の報告をしたいと言い、そのため2015年3月3日に加計学園側と愛媛県が打ち合せをおこなった。この場でどのようなやりとりがおこなわれたかを愛媛県職員が記録し、報告書として文書と残していたのだ。

そして、「加計学園からの報告」は以下のようなものだった。

〈①2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師系大学空白地帯の四国の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは「そういう新しい獣医大学の考えはいいね。」とのコメントあり。
また、柳瀬首相秘書官から、改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し、提出する予定。〉

これで安倍首相の嘘がはっきりしただろう。安倍首相は周知の通り、加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは、加計が国家戦略特区の事業者に決定した「2017年1月20日」だと強弁。加計理事長についても「私の地位を利用して何かをなし遂げようとしたことは一度もなく、獣医学部の新設について相談や依頼があったことは一切ない」と説明してきた。

~省略~

さらに、文書はこうつづく。

〈②下村文科大臣が一歩引いたスタンスになっており、県においても、官邸への働きかけを非公式で実施いただけないかとの要望があったが、政治的な動きは難しい旨回答〉

この記載もまた、先に出ている愛媛県文書と整合性がとれるものだ。愛媛県職員が2015年4月2日の官邸訪問後に作成した文書でも、安倍首相と加計理事長の会食時の会話が加計学園関係者によって言及され、下村文科相が「加計学園は課題への回答もなくけしからん」と述べていると安倍首相が加計理事長に伝えたことが記されていた。〈下村文科大臣が一歩引いたスタンス〉というのは、このことを指しているはずだ。

これまで何度も書いてきたが、愛媛県には嘘をでっち上げる理由など何ひとつない。それが、柳瀬氏は参考人招致で、愛媛県から出てきた記録や証言を全否定するかのように、愛媛県や今治市の職員と官邸で面談した事実を「いまでもわからない」などと認めなかった。そのあからさまに無理のある答弁を、安倍首相は「柳瀬氏は正直に話した」と支持し、さらには愛媛県関係者との面会確認は「困難」だと閣議決定までしてみせた。しかし、ご都合主義の曖昧な記憶よりも、記録し残されていた文書のほうが信頼性が高いことは言うまでもない。

【リテラ 2018.5.21.】

安倍首相の”虚偽答弁”裏づける愛媛県の官邸訪問”爆弾記録”全文入手

2015年2月に愛媛県と今治市で「意見交換」したというメモには興味深い記述があった。

<加計学園からは、イスラム国問題等で多忙を極める安倍首相と同学園理事長との面会が実現しない中で官邸への働きかけを進めるため、2月中旬に加藤官房副長官と面会を予定している>

<(加計学園が)新潟市の国家戦略特区の中で提案されている獣医学部の新設が政治主導で決まるかもしれないとの危機感を抱いていており、同学園理事長が安倍首相と面談する動きがある>

その流れで前述した2月25日の加計理事長と安倍首相の面談があったようだ。

さらに昨年7月、週刊朝日のスクープで明らかになった2015年4月の加計学園、愛媛県と今治市と柳瀬氏との面会について、柳瀬氏は国会で頑なに、「加計学園とは面会した」と述べ、愛媛県と今治市の存在については「よく覚えていない」などととぼけていた。

しかし、明らかになった文書によれば、そのメンバーは愛媛県は2人、今治市は1人、加計学園の2名で面会していた。添付されている名刺のコピーによると、面談したのは柳瀬氏に加え、内閣参事官2名が同席していた。

文書には<総理官邸への訪問者は、部屋の大きさの関係で6名に制限>とまで記されていた。

その際、加計学園の渡辺事務局長が柳瀬秘書官に対して、<内閣府の藤原次長を紹介いただいたことに対してお礼を述べたい>と発言。柳瀬氏が加計学園にわざわざ担当の藤原氏を事前に紹介していたというのだ。

そして加計学園側は<先日安倍首相と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答がなきけしからんといっているとの発言があったことに対し、理事長から柳瀬秘書官に説明しておくように言われている>と発言したと記されている。

安倍首相と加計理事長が会食した時に、文科省が出した課題について、加計側が回答をしていないとの話題が出たため、官邸で柳瀬氏らにキチンと説明するために出向いたというのだ。

つまり、この時点で加計学園の獣医学部新設に関して、安倍首相から柳瀬氏へ何らかの指示があったことを裏付ける”文章”が発掘されたのである。

~省略~

自民党幹部がこう頭を抱える。

「愛媛県からまた、新たな文書が出て、官邸は大変な騒ぎだ。『もう安倍首相は言い逃れできない』とも声があがっている」

一方、安倍首相周辺や加計学園側は2015年2月25日の面談については否定しているという。

【AERA dot. 2018.5.21.】

加計学園、安倍首相と理事長との面会否定

安倍晋三首相が加計学園理事長と2015年2月に面会し、獣医学部新設を巡って説明を受けたとする愛媛県新文書に関し、加計学園は21日、面会の事実を否定するコメントを発表した。

【共同通信 2018.5.21.】

加計学園も安倍総理も面会の事実を否定→面会が事実だった裏付けが出来た瞬間に、安倍政権は完全終了に!

出典:阿修羅

いよいよ、加計疑獄がクライマックスを迎える局面に差し掛かってきた感じがするわね。
「首相動静に出ていない」こと、そして、「文書のフォントが総理のセリフのくだりだけが違っている」との根拠を理由に、「この文書は安倍総理を陥れる目的で作られた捏造だ!」との声が一部で盛り上がっているけど、それだけにますます真相を徹底的に究明する必要がありそうね。

↓問題の文書の一部。

出典:Twitter(@kotarotatsumi)

ボクもこの文書を見させてもらったけど、確かに上の通りに、安倍総理のセリフ部分など、フォントが明朝体に混じって一部ゴシック体になっている部分があるものの、その他の部分においても、散発的に同じように不規則的にゴシック体が混ざっている部分が見つかったので、これだけで捏造や細工がされたとは言うことはできないね。

↓全体にわたって、明朝体とゴシック体が混在。

出典:Twitter(@kotarotatsumi)

それから、首相動静にこの件が出ていないということについても、「実際には首相動静に記載されない面会も多くある」と政界・メディア関係者からの話が出ているので、これも決定的な否定材料にはならないわ。

それだけに、今回の件は、より精密で丁寧な事実関係の究明が必要となるということだ。

ネットでは、「安倍総理と加計学園が否定したので、2対1で愛媛県の負け!」などと、これだけで”捏造”であると完全に決めつけてしまうような、思わず笑ってしまうコメントがあったけど、いよいよ、こうでもして無理矢理に否定しなければならないほどに、安倍総理の主張が八方塞がりになってきたということだろう。

首相動静やフォントの件とは対照的に、この文書には、今まで断片的に表に出てきた内容が全て繋がるような情報が多く出ていて、下村元文科相に関する記述も、先に出ていた愛媛県の備忘録の内容とも符合する上に、新たに出てきた2015年2月の安倍&加計面談をきっかけに、獣医学部新設に暗雲がたちこめていた加計理事長を支援するべく、柳瀬さんが「総理案件」として、(安倍総理からの命を受けながら)加計学園と今治市、愛媛県の職員と面会を重ねながら、国家戦略特区での開学に向けて、強引に事を進めていった経緯が具体的に見えてきた状況だわ。

今回の文書発見は、自民党内にもかなりの衝撃が走っているみたいで、「いよいよもう逃げ切れない」との見方も出てきているようだ。
ここまで文書の内容を真っ向から否定した以上、愛媛県、加計学園、そして安倍総理や柳瀬元秘書官の証人喚問が必要不可欠となったし、そもそもこの文書によると、加計学園側から「安倍総理と加計氏の面談の情報」が愛媛県に伝えられていた以上、加計理事長をはじめとする加計学園関係者を何としても国会に呼ばないとならないね。

そうね。
いよいよ、加計疑獄も重大な局面を迎えてきたし、この先の野党による国会追及が見逃せない状況だわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket