【安倍政権大打撃】片山さつき大臣の「口利き疑惑」に、国民から批判殺到!本人による”恫喝訴訟”の動きに自民党内も冷ややかか?

Pocket

どんなにゅーす?

片山さつき地方創生相による「100万円口利き疑惑」の文春報道に対し、国民から批判が殺到しており、自民党内にも冷ややかなムードが漂ってきている。

・麻生財務相は「私が特にコメントする話ではありませんな」とコメント。根本厚労相も「本人がきちんと説明責任を果たすべき」と突き放し、党内で片山氏を擁護する声はほぼゼロ。野党も早速国会での追及の準備を進めており、早くも安倍政権が大打撃を受ける可能性が高まっている。

元秘書「100万円頂いたのは事実」 食い違う主張 真実は

~省略~

麻生財務相は「わたしが、特にコメントする話ではありませんな」と述べた。

根本厚労相は「本人がきちんと説明責任を果たすべき」と述べた。

片山地方創生担当相は「(閣僚としての説明責任は?)今きっちりと、(訴訟の)準備をしているところで、今まで以上の詳細については、現時点では、差し控えさせていただく」と述べた。

~省略~

X氏は、片山大臣に口利きをしてもらうために、南村氏の要求に応じて、100万円を支払ったとしている。

その南村氏は18日夜、「青色申告の取り消しなんて、受けるはずがない。(向こうから、青色申告について言われたことは)ダイレクトな形で、最初に言ってはいない。わたしの認識、記憶ではありません。なぜならば、それ(青色申告取り消し)を言っていたら、受任していない」と話していた。

仕事は、あくまで税理士業務として受けたと主張。

X氏の説明とは、食い違っている。

また、「週刊文春」の記事では、片山大臣が、議員会館を訪れたX氏の目の前で、国税庁関係者に電話をかけたとされている。

FNNは18日夜、片山大臣が連絡を取った相手と報じられた当時の関東信越国税局長を直撃。

元関東信越国税局長の松村武人氏は「国税庁の方に必要なことは、話をそちらに聞いてくれと頼んであるから、今もう、わたしは外れているから」と話し、片山大臣からの電話の有無については、コメントしなかった。

~省略~

【Yahoo!ニュース(FNN) 2018.10.19.】

安倍政権の政治家の間で、「裁判で訴えるぞ」を常套句に国民への説明責任を逃れる、ヤクザ同然の”悪徳手法”が横行!

片山さつき大臣の「100万円口利き疑惑」いよいよ大手メディアでも大々的に報じられるようになって、国民からの批判の声も殺到しているみたいね。

それにしても、経営者の男性X氏も、元秘書の南村氏も、100万円を振り込み、受け取ったことを認めている上に、文春はさらなる続報を予告している状況だし、すでに他の閣僚も「白けモード」になりかかっているというのに…国民に何の説明もしないで「事実誤認がある」「100万円は受け取っていない」だけ主張して、訴訟をちらつかせている片山大臣の対応はあまりにも国民をバカにしきっているんじゃないかしら!?

さすが、暴力団との繋がりがある人物と深く交流しているだけあって、本人のやり口もヤクザ同然だね。

しかし、こうした反社会的な「恫喝訴訟」の手口は、これまでも、下村博文氏和田政宗氏など安倍政権の他の有力政治家も使ってきた手法だし、他にも菅官房長官も「3000万円迂回献金」で訴訟をちらつかせてメディアを黙らせたり、稲田朋美氏はヘイト系カルト団体との関係を報じられたことで、実際にサンデー毎日を恫喝訴訟し、結果、完全敗訴
また、高市早苗氏も「後援会企業の不透明融資」を報じられたことで週刊ポストを実際に訴えこれがきっかけで、政権批判記事を積極的に出してきた編集長が1年で交代させられるという動きがあったとのこと。

こうした動きを見る限り、安倍政権は、自らが真っ黒だろうとなんだろうと、国民への説明から逃げつつ、これ以上マスコミに内情をほじくり返されるのを止めさせるために、有無も言わずに裁判をちらつかせてメディアや国民を黙らせる手法を多用してきたと言えるし、(誰かさんや誰かさんなど)熱烈な「安倍シンパ言論人」においても、同様の手口を駆使して世の中の批判の声を黙らせようとしている動きが目立つね。

うわぁ…。
安倍政権は、以前から暴力団カルト宗教との繋がりが多く指摘されてきたけど、そもそも安倍政権やそのシンパそのものが暴力団とも大差ないってことね。
こんな汚いやり口が政治権力で横行したら、それこそ、日本の社会そのもののモラルが崩壊するのは自然な流れだわ…!

こうした連中を見ても、潔く記事の内容を「事実」と認めて、すぐに知事を辞任した前新潟県知事の米山氏本当に謙虚で真面目な人間だったのを感じるね。
その一方で、ヘイト勢力からも高い人気がある片山氏の厚顔さには驚かされるし、野党は本格的に調査チームを作り、片山氏本人の責任と安倍総理の任命責任を徹底的に追及していくことが必要だね。

文春砲の第2弾以降も注目だし、どこまで片山大臣が開き直って文春や世間を恫喝する動きを続けるのかについてもよく見ていこうと思うわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket