【ギャグ?】安倍政権支持率が5Pアップの44%!支持が不支持(39%)を上回る!災害対応のまずさに批判殺到の中で(NHK世論調査)

Pocket

どんなにゅーす?

・西日本を中心とした未曾有の豪雨災害の中、酒宴の開催をはじめ、初動対応の遅さやまずさが指摘される中、NHKの世論調査において安倍政権の支持率が前回と比べ5ポイントアップの44%になり、支持が不支持を上回った(不支持率は39%)

・この結果に対し、ネット上では強い不信感が噴出。NHKをはじめとしたマスコミの信頼性が大きく低下している事態になっている。

内閣支持率 4か月ぶり「支持する」が上回る NHK世論調査

NHKは、今月6日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2075人で、59%にあたる1221人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より6ポイント上がって44%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は5ポイント下がって39%で、4か月ぶりに「支持する」が「支持しない」を上回りました。

支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が48%、「実行力があるから」が19%、「支持する政党の内閣だから」が15%でした。逆に、支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が51%、「政策に期待が持てないから」が23%、「他の内閣の方が良さそうだから」が8%でした。

時間外労働に上限規制を設ける一方、高い収入の一部専門職を労働時間の規制から外すことなどを盛り込んだ働き方改革関連法が成立しました。

これを評価するか聞いたところ、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が36%、「あまり評価しない」が31%、「まったく評価しない」が16%でした。

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備法案に賛成か反対か聞いたところ、「賛成」が16%、「反対」が34%、「どちらともいえない」が40%でした。

【NHK NEWS WEB 2018.7.9.】

いよいよネット上からも「ウソだろ?」「もう信じられない」などの怒りの声が噴出!

↓大手メディアでも取り上げられた、豪雨災害の最中に行なわれた安倍総理を取り囲んだ自民党議員らの酒宴。

出典:Twitter(@nishy03)

さすがにネット上でもかなりの不信感が広がっている感じだけど、ここまで安倍総理の豪雨被害の対応のまずさが取り沙汰されていた中で、この支持率アップはないでしょお~!
しかも、支持が不支持を上回ってるっていうし、どこがどうなればそういう結果になるのよっっ!?

一部では、「もっと大きく上がっていた中で幾分下落してこの数字になっている」との見立てもあるみたいだけど、それにしても、ちょっと前と比べてあまりにも急激に支持率が上がった感があるし、どうも、支持率アップと安倍政権の政策や行動がほとんどリンクしなくなってきている(国民への締め付けを進める政策でも支持率アップ)ように感じられる。

確かに、安倍政権が最近やっていたことといったら、国民の多くが反対している残業代ゼロの強行可決とか、他にはTPP水道民営化やらカジノやら、国民にとって何一つ有益なことをやってないし、そんな中で、未曾有の大水害の対応がここまで酷いんだから…これは誰もがこの数字を疑いたくなるのも当たり前なんじゃないかしら!?

それだけ、これら大手メディアの支持率はさることながら、国民の間でマスメディアの報道姿勢に強い不信感が募ってきており、マスコミの腐った実態を思わせる細かいファクター(詩織さん事件の詳細を隠蔽オウム幹部の死刑執行に対する報道姿勢豪雨災害に対する報道の少なさ、などなど)が大きく積み上がってきたことで、いよいよ、こうした不誠実なマスメディアが出す政権支持率に大きな不信感が広がり始めてきたということだろう。

前から言ってきたように、ボク自身が見たところ、グローバル資本勢力の一部である大手マスコミが出す政権支持率について、同じくグローバル資本の支配下にある安倍政権がこれらの勢力に利益誘導をすればするほど政権支持率が上がっているように見えるんだけど、何だか最近ますますそうした傾向が増しているようにも見えてしまう

それに、何と言っても、最近のマスコミはあまりにも変よっ!
オウム幹部の大量死刑の時だって、(安倍政権の意向に応えるように)多くの国民が眉をひそめるような、「公開処刑ショー」まがいの演出をしてみせたり、今回の豪雨被害だって、戦後有数の大規模災害になってきているのに、その実情を正確に伝えようとする動きが見られないどころか、何だかわざと国民にその災害の実態を積極的に知らせようとしていないようにすら感じてしまうし…!

そんな中で、こんな政権支持率を出されたところで、信じろという方が無理な話なんじゃないかしら?

言い換えれば、「マスコミの実態が今まで以上により浮き彫りになってきた」とでも言えばいいのかな。

サイトを立ち上げた頃から言ってきたことだけど、大手のマスメディアは、戦後以降(もっと言えば明治時代以降)グローバル資本勢力の後ろ盾によって作られたものであり、読売新聞朝日新聞においてもCIAのエージェントが幹部を務めていたことがあることからも、そんな内情が明らかとなっている。

平たく言えば、大手マスコミというのは、1%のグローバル資本勢力による「グローバリズムを進めるための民衆に対する洗脳装置」であり、地方の小さなメディアと比べてもその信頼性は大きく劣ると言えるだろう。

ボクたちは、「公平公正な報道機関を装ったグローバリストの広報機関」が発する情報を距離感をもって受け止め、「こうした側面がある」ことを認識しつつ、一つ一つのニュースを捉え、考えていく必要がある。
もちろん、インターネット上に多くある、胡散臭いまとめサイトなどと比べると情報の真偽に対する精度は高いけど、やはり、これらマスコミがあらゆる情報を発する根底にあるのは「民衆を(1%が99%を独裁的に支配する)グローバリズムに誘導する」目的があることを認識しておかなければならないということだ。

このような環境下でボクたちが正確な情報を知ることは非常に難しいことだけど、つまるところ、共通して言えることは「あらゆる情報を決して鵜呑みにしない」ということなんじゃないかな。

何だか、今の日本は、今まで以上に正確な情報を手に入れることがますます難しくなってきた感じがするわね…。
それだけ、日本の内部にグローバリズムの大波がますます押し寄せ始めて来ている…ということなのかしら?

そういうことかもしれないね。
どちらにしろ、国民がより感性と想像力を磨きながら、高いモラルと良識をもってあらゆる雑多な情報を注意深く分析・精査することで、あらゆる事象の核心や本質を見極めていくという作業が、今まで以上に求められる時代になってきたことは間違いないだろうね。

おススメ記事&広告

 
Pocket