新年早々、安倍総理が「ホラ吹き」連発!社会保障は「全世代が安心できるものへと改革」!消費増税は「全国民にお返しする十二分な対策を講じる」などなど

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年1月4日、安倍総理が伊勢神宮で年頭会見を行なったものの、その内容が「ウソばかり」だと話題になっている。

・安倍総理は、社会保障について「社会保障制度を全ての世代が安心できるものへと改革していく。本年はその力強いスタートを切る『全世代型社会保障元年』であります」などと口三味線。さらには消費増税についても「全て国民の皆さまにお返しするレベルの十二分な対策を講じる」口からデマカセ同然の発言。

・他にも「今月下旬にロシアを訪問し、交渉を前進させる」などと豪語したものの、ロシアから領土が返還される見込みがほとんど無いどころか、「金だけむしり取られて終わり」の気配も出てきており、ネット上でも安倍総理の「ペテン会見」に怒りの声が上がっている。

新年早々ウソ連発 安倍首相の年頭会見をファクトチェック

新年の初めから大ウソ連発だ。4日、伊勢神宮での安倍首相の年頭会見は「ファクトチェック」が必要なほど虚偽にまみれていた。

「社会保障制度を全ての世代が安心できるものへと改革していく。本年はその力強いスタートを切る『全世代型社会保障元年』であります」

こんな大仰な言葉を、社会保障費をカットしまくる政権のトップがよくぞ言えたものだ。安倍政権は18年度まで6年連続で社会保障費の「自然増分」を削り、その総額は1.6兆円に上る。19年度予算案でも約1200億円の自然増分を圧縮し、4800億円に抑えた。16~18年度の数値目標5000億円を超える削減額を示しておいて、どこが「全世代型社会保障元年」なのか。

10月予定の消費増税について「全て国民の皆さまにお返しするレベルの十二分な対策を講じる」と表明したが、これもウソ。

目玉のキャッシュレス決済によるポイント還元は、クレジットカードなどを持たない人には恩恵ゼロ。自動車・住宅購入支援策で優遇するのもサイフに余裕のある人だけだ。

■「ライバル不在の慢心」

北方領土問題も「今月下旬にロシアを訪問し、交渉を前進させる」と強がったが、プーチン大統領が返還に応じる気配はない。むしろ、振り回されっぱなしで1ミリも前進しない可能性が高い。

~省略~

「これまで大言壮語で国民をけむに巻いてきたとはいえ、今年も年頭から場当たり発言ばかり。6年以上も首相の座にいながら、彼の口から日本をどうするのかという大局的見地に立った発言を聞いた試しはない。政治的ライバル不在の慢心こそが、言いたい放題の原因だと思います」(政治評論家・山口朝雄氏)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.1.5.】

「生粋のペテン師」安倍総理が、新年早々”安定の”ウソ発言連発!

出典:情報収集中&放電中

新年早々、安倍総理が悪質なペテン発言を連発したみたいねっ!!
この人の「ウソ吐き体質」は今更言うまでもないけど、息を吐くようにウソをつく人間が、未だに強大な権力を持って日本をメチャクチャにし続けている事実そのものが、かつてなかったくらいの「日本の重大危機」と言わざるを得ないわっ!

なんせ、このような「ごく当たり前の指摘」をしている企業マスコミが、日刊ゲンダイやネットメディアのリテラくらいしか見当たらない状況だからね。
ここまで数え切れないほどの嘘をまき散らし、なおかつ、それを半ば放任するような空気が出来上がってしまうと、必然的に、日本社会の中にウソがより多く蔓延し、日本国民の間でウソをつくことそのものを許容するような空気が醸成されていっては、国民自らも(安倍総理を真似して)ウソをつくことを躊躇しなくなってしまう危険もある。

事実、安倍総理を熱烈に応援しているシンパたちは、ほぼもれなく嘘つきばっかりだし、日本を実質的に乗っ取っている「自称保守愛国」の連中は、そのほとんどが、グローバル資本勢力に日本の富や国民を売りまくっている安倍政権を「愛国」と讃えることで、自らの権益を「保守」している生粋のペテン勢力であり、日本の大手マスコミも、安倍政権の背後に隠然と控えては、日本の富を吸い上げ続けているグローバル資本勢力を全力で隠し続けてきておりこれ自体が「壮大なペテン」ともいえるようなものだ。

自らの金儲けや権益拡大のために、数々の戦争や騒乱、独立国家の転覆などを引き起こしてきたグローバル資本勢力は、その”全体像”を徹底的に隠しながら、昔から民衆をあの手この手で騙し続けてきた歴史があるけど、まさに安倍政権こそが、こうしたグローバル資本勢力の体質を凝縮させたような「シンボル」とも言えるような存在なのではないかな。

私もこのサイトでずっと勉強してきたけど、まさしくグローバリズムって、人としての尊厳のみならず、価値観や道徳観まで崩壊させてしまうものなのね…。
この日本も、「愛国」を騙る「売国ペテン勢力」の安倍政権によって、かつてなかったくらいにまで日本国民のモラルが崩壊してきているし、同時に、凄まじいまでの「反知性」も蔓延していることで、日本国民の脳そのものが劣化・崩壊に向かっているように見えてならないわ…!

そうだね。グローバリズムの本質は「民衆の脳の劣化(白痴化)・使い捨て化・ロボット化」ともいえるだろうし、人としての尊厳や倫理、モラルなどを「邪魔なもの」として捉えては1%のグローバル資本に99%の民衆が隷属させられ、騙され、搾取され、最後は殺されるような「超独裁世界」がもたらされるものだと考えるのがいいだろう。

そういう意味では、かつてなかったまでの「稀代の大嘘つき」である安倍政権がここまで跋扈し、史上最長政権を樹立しようとしているのも、(小泉政権以降、急進的なグローバリズムに襲われている日本においては)ある意味「なるべくしてなった」流れなのかもしれないね。

Pocket

 

 関連記事