【暴挙】佐伯耕三首相秘書官が希望・玉木代表にヤジ!今井尚哉氏の秘蔵っ子&柳瀬唯夫氏の後輩!前代未聞の事態に野党議員が出入り禁止を要求!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月11日、安倍総理による不誠実な答弁の連続で国会が紛糾する中、佐伯耕三首相秘書官が希望・玉木雄一郎代表に向かってヤジを飛ばしたとして、玉木氏ら野党議員が激怒する一幕があった。

官僚が国会内で国会議員にヤジを飛ばす事例は前代未聞とのこと。野党議員側は佐伯秘書官の出入り禁止を要求しているとのことで、官僚や国会の劣化がますます激しく露呈する事態になっている。

加計問題の質疑で「違う」 首相秘書官、玉木氏にヤジ?

「秘書官ですか? あなたは。質疑者にヤジを飛ばすのはやめてもらいたい」

11日の衆院予算委員会で、希望の党の玉木雄一郎代表が安倍晋三首相の後ろの席にいた首相秘書官に強く抗議する一幕があった。

この秘書官は、経済産業省出身の佐伯(さいき)耕三氏。加計(かけ)学園の獣医学部新設への関与が問われる柳瀬唯夫・元秘書官の後輩にあたる。

玉木氏が首相に加計学園の計画を知った時期などをただしていると、佐伯氏は繰り返し発言。玉木氏によると「違う」「間違っている」などと繰り返したという。抗議を受けた佐伯氏は首相への助言だと説明し、首相も同調したが、玉木氏は「私じゃなくて総理に向かって言うべきだ」と指摘。佐伯氏は何度もうなずき、その後は首相に近寄って助言するように改めた。

質問後、玉木氏は記者団に「首相秘書官がヤジを飛ばすなんて前代未聞。安倍政権の傲慢(ごうまん)な姿勢が隅々まで行き届いている」と批判した。

【朝日新聞 2018.4.11.】

今井秘書官&安倍総理の大のお気に入り!異例のルートで抜擢された「安倍カルト官僚」佐伯耕三首相秘書官が前代未聞の暴挙!

↓国会議員にヤジを飛ばすという、前代未聞の暴挙に走った佐伯耕三首相秘書官。

出典:Twitter(@ouenhst)

今日の国会でも、安倍総理による国民をバカにしきった不誠実過ぎる答弁が目立ったけど、そんな中で、どさくさに紛れて安倍総理の秘書官が玉木議員に向かってヤジを飛ばしたみたいね!
国民が選んだ国会議員に向かって官僚がヤジを飛ばすなんて、こんなふざけたことがあってもいいのっ!?

問題の秘書官は、経産省出身の佐伯耕三首相秘書官で、渦中の柳瀬秘書官の後輩に当たる人物とのこと。
それだけではなく、下記の記事によると、同じ経産省出身で森友事件の”黒幕”としても指摘されている「今井尚哉秘書官の秘蔵っ子」として知られているらしく、昨年の中央官庁の幹部人事において「異例のショートカット」で首相秘書官に抜擢されるなど、安倍総理も相当にお気に入りの忠実な「子分官僚」であるようだ。
もともと安倍政権と経産省は並々ならぬ「深い関係性」があることが知られているけど、想像以上に経産省内にはかなりコアな「安倍礼賛カルト思想」が蔓延してしまっているようだね

霞が関官庁の仰天人事 森友“論功行賞”とお気に入り抜擢

中央官庁の幹部人事が4日、一斉に発表された。菅官房長官は「全て適材適所で配置した」と胸を張ったが、実態は森友・加計疑惑隠しの論功行賞と、安倍首相のお気に入りを周辺に集めたお粗末なもの。安倍首相にとっての“適材適所”人事でしかない。

~省略~

首相官邸では、経産省出身の宗像直子首相秘書官(55)が特許庁長官に栄転。その後任に佐伯耕三内閣副参事官(42)を充てた。佐伯は、安倍首相の側近中の側近で“官邸の柳沢吉保”といわれる今井尚哉首相秘書官の秘蔵っ子で、第2次安倍政権発足以来、首相演説のスピーチライターを務め、安倍首相の覚えもめでたい。首相秘書官は本省の局長級が就くのが通例で、課長すら経験していない若手の抜擢は前代未聞だ。

【日刊ゲンダイ 2017.7.5.】

どちらにしても、自民党議員からも「こんなのは前代未聞」との声が聞こえてきており、国会議員でもない官僚が国会内で「我が物顔」のように議員に向かってヤジを飛ばすなんて、まさしく国会を徹底的に愚弄した行為の最たるものだ。

安倍政権によってかつてなかったまでの「国政・国会の私物化と劇的な劣化」が止まらないし、安倍総理本人の答弁も、予想通りに終始ゴマカシ、時間稼ぎ、虚偽の応酬で、しまいには河村建夫委員長も露骨に総理をアシストする始末だし…まったく目も当てられないほどにひどい内容だったね。

こんな最低限の常識も自身の立場も理解できていないようなトンデモ過ぎる「安倍カルト秘書官」、マジで国会に出入り禁止にすべきだわっ!
ここまで来ても、まだ見苦しく政権の座にへばりつきまくっているし、一日も早くにこの「嘘つき総理」をクビにしないと、ますます国会もメチャクチャにされるのが目に見えてるわっ!!

おススメ記事&広告

 
Pocket